今注目のニュース
「日本で最も不細工なアイスクリーム」が美味しそう! シャトレーゼに誕生秘話聞いてみた。
【なんて読む?】今日の難読漢字「吐かす」
安倍総理が仰天閣議決定「反社の定義は決まっていない」!? 現場の警察官が怒りの声「反社の定義は全警察で掲げてある!」|久田将義

ロボット刑事単語

ロボットケイジ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(17)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

『ロボット刑事』とは、石森章太郎作による画作品、及びそれを原作とした東映制作特撮作品である。
この記事では特撮版について記述する。

概要

1973年4月5日から9月27日にかけてフジテレビ系列で全26話が放送された。
ロボット犯罪者に貸し出し大事件を起こすバドーと、ロボット刑事・Kが所属する科学室との戦いが描かれる。「正義と悪のロボットの戦い」というヒーロー物としてだけでなく、刑事ドラマとしても見応えのある作品になっている。

主題歌の締めが「ロボット刑事 K」であるため誤解されがちだが、作品タイトル「K」は付かない。

あらすじ

あるに発生した密室殺人は、人間には到底不可能なものであった。犯行現場を捜していた芝と新は怪しい男を発見するが、彼は警視庁に配属されたロボット刑事・Kだった。Kは犯人ロボットと断定し、芝と新犯罪組織「バドー」の存在を伝えた。

科学室に配属された芝と新、そしてKはバドーが引き起こす犯罪に立ち向かっていく。

ロボット刑事 K(ケイ)

警視庁特別科学室に配属されたロボット。電子頭により高い知性と人間並みの感情を持ち、身体の各部に犯罪用の機が搭載されている。両の色は感情を表し、常時は戦闘時や怒った時には、悲しい時にはに変わる。

普段は黄色ハンチング帽にブレザー姿(トレンチコートを羽織る場合も)だが、戦闘時にはハンチング帽を投げ捨て、「ゴー!」のかけと共にブレザーへ飛ばす。必殺武器は右胸に収納されているロボット破壊
終盤でバドーロボットに対抗すべく強化改造が施され、新たに機関ミサイルが装備された。さらに戦闘時に「ブロー・アップ!」のかけで両銀色、身体が赤色に変化するようになった。

劇中ではロボットであるため差別されることはあまりなく、特に子供からは慕われることが多かった。
趣味を書くことだが、テレビ本編で描写されたのは1回きりである。

の担当は仲村秀生

ジョーカー
Kの乗る覆面パトカーで、最高速500km/h。を展開しすると最高速800km/hで飛行することができ、さらには300mまでの潜航も可
マザー
Kの呼びかけに応じて現れる女性の巨大ロボット。Kの修理エネルギー補給を行う。
(以降ネタバレ内部にはKの創造霧島サオリ博士がおり、マザーの操作を行っている。

主な登場人物

芝 大造 (演:高品格
刑事生活25年のベテラン刑事。捜は勘と足で進めるタイプであり、特別科学室に配属されたことには不満を抱いている。妻を交通事故で亡くしてから機械を嫌っており、ロボットであるKに対しても「くず野郎」などと辛く厳しく当たることが多いが、それはKを預かった責任によるところもある。
現在は奈美(演:子)と由美(演:加賀由美子)という二人のと暮らしている。
強 (演:千葉治郎)
芝の後輩刑事で、かなりの熱血。バドーロボットとの戦いでボロボロになることも少なくないが、持ち前のタフさで現場へと復帰する。Kとコンビを組んで捜に赴くことが多い。芝のの奈美とは人同士である。
地獄  (演:三上
通称「地獄耳」と呼ばれる情報屋。芝達とは特別科学室設立が設置される以前からの付き合いであるが、あまり信用されていない。
太郎 (演:千葉一)
現在弁護士だが、かつては敏腕刑事であった。要人物であるように思えたが、本編での登場は1、2話のみであった。

バドー

社会の裏で暗躍する犯罪シンジゲート。様々なロボット犯罪者レンタルし、犯罪による利益の一部(に半分)を報酬として受け取る。依頼者はバドーのマークを描くことでバドーのエージェントと接触できるが、劇中では犯罪者の元へロボットが直接押しかけて半強制的に契約を迫ることが多かった。
契約を守る者に対してはアフターサービスを行うなど紳士的な対応を取るが、契約不履行の者は容赦なく処刑してしまう。

バドーのロボットは「殺人犯罪)セールスマン」とも呼ばれ、それぞれが持つ特殊により人間には実行不可能犯罪を行う。名称は「○○マン」で、Kに勝るとも劣らない戦闘を有している。

主題歌

オープニングテーマ「ロボット刑事」
作詞八手三郎作曲編曲菊池俊輔/歌:水木一郎

エンディングテーマ「進めロボット刑事」
作詞石森章太郎作曲編曲菊池俊輔/歌:水木一郎

萬画版

週刊少年マガジン1973年1号から41号まで連載された。『仮面ライダー』や『人造人間キカイダー』同様テレビ版とのタイアップであり、全な原作というわけではない。

警視庁に配属されたKが芝と組んでロボット悪用する犯罪組織と戦う」という基本的なストーリーは同じだが、テレビ版にシリアスハードな展開になっている。特にロボットであるKに対する当たりは強く、Kは自分がロボットであることに度々苦悩した。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 15ななしのよっしん

    2016/02/11(木) 16:38:54 ID: F33LVgwUKH

    >>8
    何の音沙汰もいまま2年以上経ってしまったなあ。

  • 16ななしのよっしん

    2017/03/08(水) 01:40:25 ID: rMzOH/67HQ

    >>1 意外に動きにキレがある

  • 17ななしのよっしん

    2019/07/09(火) 17:51:29 ID: tARVaEZ0ju

    スト3のQの元ネタだな
    トシリーズあそこまで露キャラ出すとは思わなかった

急上昇ワード

最終更新:2019/12/14(土) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/14(土) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP