今注目のニュース
なぜ陸上のスーパー女子高生は消えるのか
『ペルソナ5』主人公のジョーカーがfigmaになって登場
辻希美、ミニモニ時代の体重がヤバイと衝撃 「148センチで…」

ロンド・ベル単語

ロンドベル

掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ロンド・ベル(LONDO BELL)とは、映画機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』と小説OVA機動戦士ガンダムUC』に登場する架の組織である。

軍服エゥーゴのとは打って変わって従来の地球連邦のに戻し、左胸には頭文字Lと二つのの絵が付いている部隊章を付けている。

概要

所属は地球連邦宇宙軍と表しながらも、管轄は持たず、独自に行動できる権限を持っている。

宇宙世紀0090年3月21日、第一次ネオジオン戦争後に勃発する反地球連邦政府活動の取り締まりを的に、地球連邦軍の外(外側ながらも官庁から資援助を受けながら補的な業務を行う)新部隊として設立される。その構成員の多くは旧エゥーゴの親連邦で構成されている。初代旗艦、ネェル・アーガマ艦長兼艦隊を数々のガンダムタイプパイロット揮してきたブライト・ノア大佐に任命する。しかし、戦不足を補う為のガンダムタイプの要請を連邦上層部からは撥ね付けられ、スペースノイド(宇宙移民者)からも自分達を虐げられてきたかつてのティターンズ二番煎じと見なされているため、碌に戦果を挙げられず、またシャアの戦増強の拠を掴む事が出来なかった。

第二次ネオ・ジオン戦争(シャアの反乱)

宇宙世紀0092年12月22日シャア・アズナブル率いる新生ネオジオン艦艇が難民コロニー『スウィート・ウォーター』を占拠したことから、状況は急転する。連邦政府高官のジョンバウアーはこのままではいかんとし、大規模な再編を図った。まずブライト大佐ラー・カイラム艦長兼艦隊とし、次に一年戦争における最強ニュータイプとして上層部からも恐れさせたアムロ・レイ大尉MS隊の隊長として就任させる。そして、当時の最新鋭機であるジェガンを優先的に配備し、何度も撥ねつけられたガンダムタイプの要請を一から造るという大胆な行動で対応した。

ネオジオン小惑星5thルナ』を地球に落とす作戦阻止から物語が始まる。完成日を10日めてのνガンダム受領の前にアムロリ・ガズィ阻止しようとするが、シャアサザビーに阻まれて地球連邦本部にあるチベットのラサに落とされて失敗する。シャアを過小評価していた連邦高官との裏取引で小惑星アクシズシャアの手中に収まり、地球寒冷化作戦的であるアクシズ地球落としの前にロンド・ベルはMS戦だけでなく、核ミサイル15発とプチモビによる内部破壊という三段構えで臨んだ。結果、多大な犠牲を払いながらもアクシズ地球落下阻止には成功するもののMS隊長アムロシャアと共にMIAとなり、ネオジオン軍残党は『袖付き』として小規模な抵抗を続けていた。

なお地球の引に引き寄せられる半壊のアクシズνガンダムで押し戻そうとするアムロの行為に感化した連邦らびネオジオンが敵味方関係しにこぞってMSで押し戻そうとした。その時、ガンダムを中心に発した色のによってアクシズ地球圏へと離脱するという奇跡的な現を起きた。この現は後に『アクシズショック』と呼ばれる。

第三次ネオ・ジオン戦争(ラプラス戦争)

シャアの反乱から3年経過した事により、損した戦は回復していった。宇宙世紀0096年、袖付きとビスト財団によるラプラスの取引を阻止せよという参謀本部の命により、ロンド・ベルの一部隊であるネェル・アーガマ隊は人狩り部隊と悪名を持つエコーと共にコロニー『インダストリアル7』で袖付きと戦闘を行う。しかし戦乱が遠のいた事による練度不足により、対応の遅れや余計な戦火拡大を招いてしまう。そんな時にクシャトリヤ(四枚羽根)と交戦した正体不明のガンダムタイプユニコーンガンダム)を操縦した民間人の少年バナージ・リンクス)と彼のクラスメイト、さらにザビの末裔で、ジオン君であるミネバ・ラオ・ザビを保護する事になる。

ラプラスを巡る謀略により、ネェル・アーガマは半ば孤立援の状態で袖付きの要基地である小惑星パラオ攻略戦やラプラス史跡の調をしていく事になる。の秘匿による連邦と財団との癒着を論む財団のマーサの陰謀に気づいたブライト大佐はルオ商会に身を置く元カラバ構成員のベルトーチカイルマやフリージャーナリストカイ・シデンを通じて袖つきのガランシェール隊に情報のリークを行い、ネェル・アーガマには彼らの救援活動を命じた。

途中、財団と通じた参謀本部の意向を受けたドゴス・ギアゼネラル・レビルの攻撃を受けるも袖付きの介入により窮地を脱し、一時共同戦線をる。その後、首フル・フロンタル的である地球全に間引きにする『サイド共栄圏』構築の提案を契機にネェル・アーガマは連携を解消し、シャアの理想を知っているミネバはガランシェール隊と共にフロンタルと袂を分かつ事になる。こうしてネェル・アーガマ連邦、袖付きの三つの戦いは始まりの地であり、最終標でもある『インダストリアル7』で決着を付けることになる。

主要メンバー

第二次ネオ・ジオン戦争

第三次ネオ・ジオン戦争

関連動画

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2016/03/11(金) 11:25:17 ID: A27WXYpI1w

    練度的にはともかくジオン高官はロンド・ベルして「あれでも連邦じゃ一番弱い装備だ」って評してたから部隊規模については内外には知れ渡っていた模様。
    作中じゃなんとなくギラドーガに押される場面が多かったけど、アムロMS隊の長をやった期間は実際数かしかないようなので、アムロがみっちり練兵してたら最精鋭になったかな?
    まぁUCの頃には十分腕利きがってたようだが。

  • 2ななしのよっしん

    2017/03/04(土) 14:35:46 ID: 3wNDDv1fwd

    >>1
    規模が大きくなれば当の連邦自体が困るからな
    事実UCでは一時対立までしてたし
    しかし独立権限持つだけのければ遊撃任務も出来ないというジレンマ
    自浄作用を促す為にはいいかもしれん(ロンド・ベルが強固な潔癖性を持たなければ成り立たないが)

    スパロボでは昔っから便利な立場だな
    とうとうジェリドヤザンまで加入しちまったが、ティターンズの再来を連想する政府高官の心中や如何に

急上昇ワード

最終更新:2019/07/17(水) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/17(水) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP