今注目のニュース
「なぜGACKTはお金があるのか?」 最大の疑問に本人が答える初のビジネス書『GACKTの勝ち方』
松本人志に女子アナ「本当嫌い、干されればいいのに」
こじるりが“露出の多い服”着る理由

ロータス単語

ロータス

掲示板をみる(16)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ロータスとは、

概要

ロータス・カーズLotus Cars Ltd. )はイギリスノーフォーク、ヘセル(Hethel)の旧軍基地に本社があるスポーツカー・レーシングカーメーカーである。テストコース第二次世界大戦時まで滑走路として使用されていた場所である。現在ではマレーシア自動車会社「プロトン」に買収(1994年)され、子会社化している。

本社周辺、及びテストコースにはグーグルストリートビューの撮影車両も入っており、グーグルマップ上で確認する事も出来る。exit

同社は1952年、当時レーシングカーの製造販売をしていたコーリン・チャップマンによってロータス・エンジニアリングとして創業された。

場所はロンドンの北近郊、ホーンジーの鉄道ホテルにあった古い馬小屋を工場(ガレージ)に装して使用していた。しかし、後にスポーツカーの新開発を同時に3つ行うなどするには手狭な為、さらに郊外ハートフォードシャーのチェスハント、そして現在のヘセルに移転する事になる。

なお現行種は全てトヨタエンジンを搭載している。

F1参戦

1958年から1994年まで「チーム・ロータス」としてF1世界選手権に参戦していた。その間にチーム・ロータスはロータス・カーズ(現在グループ・ロータス)とは分社化されていた。

2010年には、エアアジアを経営するトニーフェルナンデスにロータスの商標を提供し、「ロータスF1チーム」として参戦させた。

しかし商標権についてトニーフェルナンデスと対立し、商標権提供契約打ち切りグループ・ロータス自身がルノーからチーム式を買い取り、2011年より「ロータス・ルノーGP」 として参戦を開始した。
一方でトニーフェルナンデスは、グループ・ロータスの手を離れていたチーム・ロータスの商標を、所有者のデビッドハントから提供を受け、「チーム・ロータス」に称した。
こうして2011年には2つのロータスが参戦することになった。

ロータスの商標権については訴訟問題に発展したが、判決で「ロータス」「チーム・ロータス」は別々で権利があるものであったため控訴された。
しかしトニーフェルナンデス側がイギリス自動車メーカーケーターハム」を買収、2012年から「チームケーターハム」に名称変更することを申請、FIAが承認したため、2つのロータスチームの問題は解決することとなった。

2012年からは、ロータス・ルノーGPは「ロータスF1チーム」に、チーム・ロータスは「チームケーターハム」に名称変更することが、2011年11月時点のエントリーリスト明らかとなった。

2012年2013年キミ・ライコネンが優勝するなどコンストラクターズ4位につける活躍を見せたロータスだったが、2014年以降は低迷。2015年末にルノーに買収されて消滅した。

現行車種

関連動画

関連項目

関連リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP