ロータリーエンジン単語

ロータリーエンジン

1.3千文字の記事
掲示板をみる(66)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ロータリーエンジンとは、

である。ここでは、自動車エンジンについて記述する。

概要

1967年に、東洋工業(現:Mazda)によって量産化された。 ピストンの上下運動の代わりにローター(回転子)による回転をそのまま出するオットーサイクルエンジンである。
ドイツ技術者フェリクス・ヴァンケルが、ロータリーポンプをヒントに発明した。日本国内では「RE」と略記される大変個性的なエンジンである。

以下には、Wikipediaからの抜を記述する。詳細は出典元exitを参照されたい。

これはWikipediaからの引用文です。
極めてシンプルな構造のため、理論上は各部分の抵抗が少なく済み、レシプロエンジンべると以下のような特徴がある。
  1. 動弁系が
  2. 同排気量のレシプロエンジン較すると、ハイパワーである。4ストロークレシプロエンジンクランクシャフト2回転で1回燃焼するのに対し、ロータリーエンジンはエキセントリックシャフト1回転で1回燃焼するので、実質排気量は記載排気量の2倍となる。
  3. 同出レシプロエンジン較すると、軽量かつコンパクト(2と同じ理由による)
  4. 低振動、低騒音機械騒音
  5. ローターのフライホイール効果から、アクセルワークに対するレスポンスがやや悪く、特に回転落ちが遅い
  6. 極低回転域の燃焼安定性がやや悪い
  7. 排気ガスの成分として、窒素化物(NOx)が少ない。しかし未燃焼燃料の炭化水素(HC)が多い(燃焼温度レシプロエンジン較して低いため=完全燃焼していない)
  8. アンチノックが高い(水素燃料にも優位)
  9. 燃料のオクタン価の影が少ない。(オイルショック時には、ガソリン:灯油 = 1:1で使用していたユーザーもいた)
特に4は往復運動を回転運動に変換するのではなく、もともとが回転運動である本エンジンの構造に由来するものであり、当初は性でもレシプロエンジンを大きく引き離して未来エンジンと持て囃され、世界中の自動車メーカーが開発を行う大きな理由となった。モーターのようなフィーリングは、ロータリーエンジンの魅のひとつである。

 しかしながら、燃費と排ガス規制の観点から見ると、動弁系がない→どうあがいても排ガスが次の作動室に入ってしまう、各部の効率的な潤滑を行うためにどうしても作動室にオイルを噴射するしかない→オイルがキレイに燃えてくれないため排ガス浄化に不利な上に触媒まで痛めてしまう、燃焼室の形が悪く燃え残りが発生する→これも排ガス浄化には不利、と構造上レシプロエンジンに対して不利な条件が目白押しとなり、現状でもっとも厳しい規制であるユーロ6をクリアする処は立っていない。現行ロータリーエンジン搭載であるRX-82012年6月、惜しまれつつ生産終了となる。

2013年レンジエクステンダーとして復活することが決定。やったね!

ローター数
1軸 1ローター・2ローター・3ローター・4ローター・6ローター
3軸 12ローター

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 64ななしのよっしん

    2021/09/17(金) 13:24:54 ID: fEFWRrFMRA

    コレを航空機に積めないか?と思う

    未だに小機(ヘリ含む)≒レシプロ機という現状だし
    特に小飛行機だと 対抗エンジンが基本らしい

  • 65ななしのよっしん

    2021/09/17(金) 13:26:55 ID: fEFWRrFMRA

    水平対向と言えばスバルの得意分野だが、もし手を組んだら面いかも

  • 66ななしのよっしん

    2021/09/22(水) 02:28:26 ID: LaVIWqfkT+

    航空機に積むには信頼性がネックなんだよね。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/18(月) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/18(月) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP