今注目のニュース
芸能人の不倫に興味がない人々「なんで他人の恋愛にあれだけ怒れるんだろう」「わざわざスポンサー調べていてすごい」
墓場で目覚めた少年 街の異変に気付いて『対策』すると
「金ロー」の劇場版「コナン」人気投票の第1位は「瞳の中の暗殺者」 2月7日放送

ローランド・ラッツェンバーガー単語

ローランドラッツェンバーガー

  • 0
  • 0
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ローランド・ラッツェンバーガー(Roland Ratzenburger, Austria, 1960-1994)とは、オーストリア出身のレースドライバーだった。

概要

1960年生まれ。5歳の時にレースを観戦したことをきっかけにレースドライバーになる思いを持ったが、実際にレース活動を始めるのは大学中退してからであった。

ヨーロッパでのフォーミュラフォード選手権、イギリスF3に参戦するも十分な成績を上げられなかったが、1989年イギリスF3000優勝を経験する。その傍らでツーリングカーレースにも参戦した。

1990年に来日し、全日ツーリングカー選手権(JTC)、全日スポーツプロトタイプカー選手権(JSPC)に参戦、JTCでは2年連続でクラスチャンピオンを獲得した。1992年から全日F3000選手権にも参戦し、翌年に1勝を挙げた。
4年間の日本での活動で、日本人ファンが増え、「ラッツェンさん」との称で呼ばれるようになっていた。
また、同じく日本にやってきていたジャックヴィルヌーブ、エディ・アーバインハインツ・ハラルド・フレンツェン、ミカ・サロなどのドライバーたちとも親交があった。 

1994年にシムテックから待望のF1デビューを果たした。
しかし第3戦サンマリノGPの予選で、ヴィルヌーブコーナーの手前でフロントウィングが脱落、コントロールを失ったマシンはコンクリートウォールに300km/hをえるスピード突、モノコックを突き破るほどの衝撃が襲った。
これによって、彼は頚椎折、内臓破裂を負い、ほぼ即死だった。享年33歳。 

翌日にはアイルトン・セナタンブレロコーナーで高速のままウォールに突して死亡する事故も起きており、イモラの悲劇と呼ばれるようになった。
また、1994年には折や意識不明の重体に及ぶ事故も数件発生し、アクティブサスペンションなどのハイテク装備の止に伴う安全性への対策の不備(ハイテク装備ありきの設計による制御困難なマシンをそのまま使用)が多くの悲劇を生むこととなった。
この事態になったことで、翌年から安全性を重視した規制メインレギレーションへとどんどん変更されていくこととなった。 

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 6ななしのよっしん

    2017/01/30(月) 17:55:10 ID: t8VSad8o17

    ジャックは昔からかなりわがままだったなあ

  • 7ななしのよっしん

    2018/06/25(月) 00:40:53 ID: d+LB8VnLsv

    トヨタル・マン制覇を成し遂げたが、ラッツェンはあの年にトヨタル・マンに出走する予定だったんだよな…ラッツェンも喜んでるだろうか

  • 8ななしのよっしん

    2019/04/30(火) 17:04:20 ID: nBWgwZXTj3

    今日でラッツェンバーガーがビルニューコーナーに散っていもので25年経ちました

急上昇ワード

最終更新:2020/01/24(金) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/24(金) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP