今注目のニュース
暴行を受け頭が陥没! 犯人のあっけない出所に被害者家族が猛反発
松本人志、愛人を作らない理由に驚きの声 「性格的に無理なのよ」
隠れた病気が潜んでいることも…あまり知られていない「出血傾向」とは?

ロールス・ロイス単語

ロールスロイス

  • 0
  • 0
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ロールス・ロイス(Rolls-Royce)はイギリスの工業機械メーカー、またはそこから分離した自動車メーカーである。

概要

ロールスロイスは1973年に設立され、航空機エンジンや船舶・エネルギー関連機械などを製造・販売しているイギリスの工業メーカーロールス・ロイスplcRolls-Royce plc )とドイツ自動車会社BMW下の高級自動車メーカーロールス・ロイス・モーターカーズRolls-Royce Motor Cars )に分かれる。

前身のロールス・ロイス(Rolls-Royce Limited)は自動車航空機エンジンの製造を行うイギリスの工業メーカーであった、1931年にベントレーを買収するなどし自動車製造事業においては高級の代名詞となるまでに成長していた。しかし1960年代、自動車製造での近代化の遅れ、開発・販売した航空機ジェットエンジンの損失の拡大などで経営が悪化し1971年に経営破たん、有化され自動車事業と航空機エンジン事業は別の会社として分割される。

自動車

ロールス・ロイス・モーターカーズRolls-Royce Motor Cars)は、イギリスの高級自動車メーカーである。1998年からBMW下に入る。最高級の代名詞とも。

前身となる、ロールス・ロイス (Rolls-Royce Limited) は1906年に、学生時代にイギリスの王立自動車クラブ (RAC) の前身となる自動車クラブの設立にも寄与したチャールズ・スチュアート・ロールズ(Charles Stewart Rolls、1877年-1910年)と電気技術者のフレデリックヘンリーロイス(Frederick Henry Royce1863年-1933年)の手により、当時それぞれが経営していた会社の自動車部門を統合する形でイギリス西部マンチスターに設立された。

パルテノン殿イメージしたかの様な独特なエンジングリル、その頂点で羽ばたくような精霊スピリットオブエクスタシーが特徴。自動車産業の明期に置いて、他のイギリスべ群を抜いてたその性は、自動車先進国であるフランスなどでも高い評価を得た。

特に、1906年に開発され「世界最高の6気筒」、後に「世界最高の自動車 (The best car in the world)」というフレーズに変えられた40/50HPシルバーゴースト」は極めて高価なであったが商業的に成功を収め、世界の王侯貴族や富用された。日本においても1922年に大正天皇の御料として採用されたこともある。

1931年にベントレーを買収するなどし規模を拡大していったが、上記や後述の通り技術革新の遅れや航空機エンジンの開発の失敗により経営が悪化、イギリス政府の管理下におかれ、有化されたロールス・ロイスであったが、自動車部門は1973年に分離されイギリスの製造会社・ヴィッカースに譲渡されロールス・ロイス・モーターズ(Rolls-Royce Motors)が誕生した。

1998年、ヴィッカーズはこの自動車事業の売却を計画、最高額を提示したフォルクスワーゲンがそれを買収する。しかしロールス・ロイスの商標は所有していたロールス・ロイスplc1992年から提携していたBMWに譲渡されると言う捩じれが発生する。後にフォルクスワーゲンBMWの協議の結果、2003年からベントレーの製造販売はフォルクスワーゲンがロールスロイスの製造販売はBMWが行う事となり分割され、紆余曲折の末に1998年イギリス南部ウェスト・サセックス州グッドウッドにロールス・ロイス・モーターカーズとして設立された。

工業

ロールス・ロイスplcRolls-Royce plc )はGEアビエーション(GE Aviation)に続き、世界で2番に大きい航空エンジン製造会社である。世界17の防衛航空宇宙の他、艦船、発電等の製造も手がける。

ロールス・ロイスは当初、自動車製造会社だった。1914年に第一次世界大戦が勃発、その時に没収されたドイツダイムラーの最新レーシングカー、そのエンジンに使われていたSOHC技術に注したイギリス軍はそれを航空エンジンに転用できないかとロールス・ロイスに持ちかけた。

そのダイムラー社製エンジンを参考に開発したSOHC直列エンジンホークを開発した同社は第一次世界大戦中に実績を積み上げ終戦後、航空エンジン事業は自動車と並ぶ重要部門となって行った。

ヘンリーロイスが最後に設計し1935年に完成したマーリンは、第二次世界大戦では多くの連合航空機に搭載された。その大戦時、ロールス・ロイスはジェットエンジンの開発をも始める。1949年に初飛行した世界初のジェット旅客機、デ・ハビランドDH.106コメットのMk.II1953年-)にも同社製のエンジンが搭載された。

しかし、1960年代、大ジェット旅客機L-1011トライスター向けに開発していたRB211エンジンが開発に失敗し大な経済的損失を生む事になった、それによりロールス・ロイスの財政は圧迫1971年に経営破たんし、最終的にはロールスロイス社として独立を保った状態のまま有化された。

1973年自動車部門を分社航空機エンジンの製造を始めとした工業部門は企業として継続17機種の異なるエンジンを供給するまでに成長、復活した。

1981年マーガレット・サッチャー政権下で再び、民営化され現在に至るロールス・ロイスplcが誕生する。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

ロールス・ロイスに関するニコニコミュニティを紹介してください。

外部リンク

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/18(月) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/18(月) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP