ワイズメアリー単語

ワイズメアリー

3.3千文字の記事
掲示板をみる(19)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ワイズメアリーWise Mary)とは、2020年生まれの日本競走馬である。鹿毛

あまりにも危険な配合で血統マニアからちょっとした注を集めている

ヤバい配合

まずは他の競走馬記事と同様に、基本的な血統情報から紹介しよう。

彼女キタサンブラックアオイスカーレットディープインパクトという血統である。

……はい、この一文だけで解る人は即座に「ヤバい」とご理解いただけるだろうが、これだけではピンとこないという人向けにもうちょっと詳しく説明する。説明されるまでもないという方は下の血統表まで飛ばしていただきたい。

競走馬の配合においては、ある程度の近交配(インブリード)が、強いを生み出すための手法として確立されている。インブリードは基本的に5代以内で何代前に同じがいるかによって計算され、たとえば3代前(曾祖)と4代前(曾祖)に同じがいる配合は「3×4のクロス」と表記される。この「3×4(血量18.75%)」は強いが生まれやすい配合として「奇跡の血量」と呼ばれている(科学的根拠はいらしいが……)。たとえば2021年年度代表馬エフフォーリアは*サンデーサイレンスの3×4である。

ただし、近交配は体質が弱かったり、しい気性難だったり、生殖に問題があったりといった難点を抱えたが生まれやすいというリスクもあり、血が濃くなるほどそのリスクは高まるため、あまり濃い近交配は危険と見なされる。そのため、産駒が非常に多い大種牡馬の血を濃く持つは、競走成績が優秀でも配合できる選択肢が少なく、種牡馬として苦労することがままあるのである。

もうひとつ、競走馬は同じから1年に何十頭、あるいは100頭をえるが生まれるため、が同じでが違う場合は兄弟とは呼ばれず、が同じ場合のみ兄弟として扱われる。が同じでが違う場合は「半兄弟」、も同じ場合は「全兄弟」と呼ばれ、兄弟クロスを計算する場合同として扱われる(これに関しては異論もあるが、詳しくは後述)。
たとえばブラックタイドディープインパクトは同じ*サンデーサイレンス*ウインドインハーヘアの全兄弟であるため、2019年死亡したディープの代わりとしてブラックタイドを配合するといったことは普通に行われている。

さて、以上を踏まえた上で、めて彼女血統表をご覧いただこう。

キタサンブラック
2012 鹿毛
ブラックタイド
2001 黒鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
*ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
シュガーハート
2005 鹿毛
サクラバクシンオー サクラユタカオー
サクラハゴロモ
オトメゴコロ *ジャッジアンジェルー
*テイズリー
アオイスカーレット
2014 鹿毛
ディープインパクト
2002 鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
*ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
エリモエクセル
1995 栗毛
*ロドリゴデトリアーノ El Gran Senor
Hot Princess
*エリモファンタジー Riverman
Share the Fantasy

クロスブラックタイド,ディープインパクト 2×2(50%)Lyphard 5×5×5(9.38%)

おわかりいただけただろうか
彼女ブラックタイド産駒キタサンブラックディープインパクト産駒アオイスカーレットの間の子供、すなわちブラックタイドディープインパクトの2×2全兄弟クロス、血量50%である。
人間でいえばいとこ同士の間に産まれた子であるため、人間なら結婚できるしなんとなく問題なさそうにも思えるが、前述の通り競走馬世界では全兄弟クロスの計算上は同じとみなされるため、血統上はも同じという扱いになるのである。

まあ、2×2の全兄弟クロス配合自体は、現代でも探せば他にも見つからないこともない。たとえば障害競走で現役の10歳マイネルレオーネゴールデンサッシュ,サッカーボーイの2×2全兄妹クロス)や、2018年産でキャットイル,Ocean Catの2×2全姉妹クロスナリストームなどがいる。
さらに同世代にはもっとヤバいクロスを持つキタノグリエル(パッシオーネの2020)exitサンデーサイチ、ゼンノロブロイエアグルーヴ,カーリーパッションの全姉妹2×2と*サンデーサイレンスの3×3)というとんでもないがいたりする。
しかしその中においても、「キタサンブラックディープインパクト」と血統の基本情報を書くだけで一発でヤバイとわかる彼女は、色々な意味で日本競馬ファンにまさにディープなインパクトを与える強な配合と言えるだろう。

もっとも、前述の通り「全兄弟クロス理論には異論もある。たとえ全兄弟であってもや気性などに大きな差があるのはであっても当たり前であり、血統が同じだから同じとして扱うというのは乱暴すぎると言われれば確かにその通り。なので上記のブラックタイドディープインパクトの全兄弟2×2も、単に「*サンデーサイレンスの3×3と*ウインドインハーヘアの3×3」と見なすべきだという意見もある。いや、それでも両50%同血であること自体は変わりないのであるが……。

あと2×2全兄弟クロスが行きがちだが、エリモエクセル1998年オークスというなかなかの良血。アオイスカーレットは未勝利地方行きになり、地方でも未勝利に終わったが、そもそもデビューが3歳5月と遅く未勝利戦で2着3回3着1回と惜しいところであった。ダート苦手の傾向が強いディープ産駒だし地方ダートは合わなかったのだろう。

何にせよ、「アオイスカーレットの2020」として血統登録された時点から「ヤバい配合」と一部で話題になっている彼女は「ワイズメアリー」と命名され、2022年競走馬としてデビューすることになった。先にデビューを果たしたキタノグリエルの方は苦戦しているが、彼女はどれほど走れるか、刮して見届けたいところである。

なお、「さすがにこの配合はうっかりとか手違いじゃないの?」と思われるかもしれないが、生産牧場チャンピオンズファームは彼女の他にも濃すぎる配合のをよく生産している。前述のナリストームもこの牧場の生産(さらにサンライズジョワという全もいる)。他にも、ダイワメジャーグレイトグレイススカーレットブーケスカーレットリボンの2×2(50%)全姉妹クロス配合もアルセーヌメジャー2014年産)、ダブルスカーレット2017年産)など3頭生産している。どうなってんだこの牧場

血統以外の話もしておこう。オーナーアオイスカーレットを所有した新谷正子。広島医師で、夫の新谷幸義も馬主息子衆議院議員新谷正義がいる。アオイスカーレット地方行きになった際に一度馬主が変わったが、最終的に夫の新谷幸義オーナーのところに戻ったようである。
新谷オーナー夫妻は冠名アオイ」を用いているが、彼女には使わなかったようだ。名意味は「賢い+人名より」と登録されている。

賢者メアリー

2歳

東・千田厩舎に入厩。デビュー2022年12月4日、中・芝2000mの新馬戦上にはキタサンブラックディープインパクト戦だった武豊を迎える。
レースゲートの中で落ち着きがなさそうな様子を見せつつもスタートを決めて2番手で先行。4コーナー逃げを捕まえ先頭に出たが、直線で伸びず後続にかわされて9頭立ての5着。武豊は「気のいいタイプでしたが、まだ非力な感じでした」とコメント。この場合の「気のいい」は「走る気持ちが強い」ぐらいの意味で、実際レース中ややむ様子が見られた。体や気性面も含め、まだこれからというところか。

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 17ななしのよっしん

    2022/12/03(土) 10:37:57 ID: d6Qu6KvCQl

    明日の中5Rで遂にデビュー
    果たしてどんな走りを見せてくれるか

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 18ななしのよっしん

    2022/12/04(日) 10:03:57 ID: UUGolxwqht

    ぶっちぎるような競馬が見たい。エネイブルになってくれ
    キタノグリエルとかが微妙な結果で残念だし

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 19ななしのよっしん

    2023/01/27(金) 09:37:57 ID: mhDKIu3AhN

    兄弟を同一と見做すのは単に競馬関係者が生物学を理解していないだけ
    3×3がダブルであるのと2×2では遺伝子の近さが全然違う

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/07(火) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/07(火) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP