今注目のニュース
マックコーヒー「0円」再び! しかもさらに濃く、美味しくなったよ。
ハラスメント対策と働き方改革の板挟み…管理職3人の嘆き
さっしーどハマリ中! 「ずっと食べちゃう。終わりを知らない」ウマ過ぎおやつ。

ワイツ(銀河英雄伝説)単語

ワイツ

掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ワイツ(Waitz)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物。CV.関口Die Neue These)。

銀河史上でも数少ない、ラインハルト・フォン・ローエングラムに賄賂を送られた男である。

概要

銀河帝国貴族官僚。フリードリヒ4世務尚書クラウス・フォン・リヒテンラーデ侯爵の政務補佐官(政務秘書官)であるが、帝国貴族としては三代前までしかさかのぼることができない寒門の帝国騎士にすぎない。人物としても、上をその前で揶揄するなどほめられた性格の持ちとはいいがたいが、リヒテンラーデ侯はこの男を妙に気に入っていたらしく、自身の補佐官として用いていた。

石黒監督OVAでは登場しない(ストーリー構成上におけるワイツの役は実質的にゲルラッハが担っている)。「Die Neue These」では登場。

登場

最初の登場は本伝一巻明篇であるが、この時は、ラインハルト・フォン・ローエングラム元帥からカストロプ動乱の第三次討伐軍指揮官にとジークフリード・キルヒアイス少将を推挙されたものの難色を示したリヒテンラーデ侯に「キルヒアイスラインハルト心中の心、任せて成功すれば恩を売れ、失敗すればラインハルト責任を問えるし増長もおさえられる」と進言して納得させ、キルヒアイスカストロプ討伐を命じさせたのみの活躍であった。

その後の本伝では登場しなかったが、外伝を砕く者」で再登場。
リヒテンラーデ侯がベーネミュンデ侯爵夫人シュザンナの邸宅を訪問する際に同行しているものの、館には入らず地上車に残っている。昂したベーネミュンデ侯爵夫人から逃げるように館を出てきたリヒテンラーデ侯に「雌虎の尾を踏んでおしまいになったようですな」とかるく笑いつつりかけているが、リヒテンラーデ侯はその礼を咎めないどころか苦笑で応じている。

この時、リヒテンラーデ侯はベーネミュンデ侯爵夫人の扱いについて何か案がいか問いかけた。ワイツの返答は、(女性の精体にたいする偏見の強いものではあったが)簡潔で具体的であった。ベーネミュンデ侯爵夫人を結婚させてしまえばよい、理矢理にでも男をあてがえばいずれ片がつく、というのである。この意見はリヒテンラーデ侯をして一あっけにとらせ、意外ながらも名案ではと感じさせるほどのものであった。

その翌日グリューネワルト伯爵夫人の暗殺未遂事件が起きると、調のためグレーザー医師のもとへ派遣されてその自を得、事件がベーネミュンデ侯爵夫人の策謀によるものであることを明らかにした。侯爵夫人の自裁にも立ち会い、報告を受けて「これで宮廷のトラブルの原因がひとつとりのぞかれた」とるリヒテンラーデ侯に、「ひとつをとりのぞけば、べつのひとつが生まれるもの」と独創性に乏しい警句で返し、上に「奇妙な感銘」を与えている。

ラインハルトに賄賂を送られた男

それはよいとして、問題は彼がラインハルトから賄賂を送られたことがある、ということである。
明篇第六章、前述した「キルヒアイスの推挙についてリヒテンラーデ侯へ進言した」件の原作本文を見てみよう。

「よいではありませんか。キルヒアイス少将ローエンラム伯の心中の心です。(以下省略)」
なるほど、そのとおりだ」
 侯は納得し、キルヒアイスカストロプ討伐の勅命がくだるよう手続きをとった。ラインハルトワイツにひそかに品を贈って、そう具申するように依頼したことまでは、彼は知らない。

銀河英雄伝説1 明篇』第六章より

ラインハルトワイツにひそかに品を贈って」とある。どこからどう見てもラインハルトワイツにひそかに品を贈って」いる。上から読んでも下から読んでも……とにかくラインハルトワイツ品を贈っている。これはもはや、明らか賄賂である、といわねばなるまい。明らかではなくひそかに贈られたものだが。

そもそもこのキルヒアイスの推挙は、信頼するキルヒアイスを自身の元帥府のナンバー2として認めさせようというラインハルトの個人的な利益のためのものである。もとより個人的な縁故と都合で人事が決定されるのが銀河帝国旧王の弊であり、ラインハルトもそれを利用して高位に上ったわけではあるが、それでもその打破を最終標とするラインハルトが、自身の利益のために、ここまで露品」でもって賄賂を送っているのはおそらくワイツ一の例であろう。この男、さすがにリヒテンラーデ侯が気にいるだけあって大物である。


ちなみに、他にラインハルトからそういったたぐいのものを得た人間としては、<ブリュンヒルト>の下賜を担当した使者の「某男爵」がいる。ただしこれは、旗艦を下賜された将官はその艦を自身の旗艦であると周知するため使者に謝礼を贈らねばならない、という慣例にもとづくもので、ラインハルトの個人的な利益が的とは言いがたい。また、「現では賄賂になる」ため美術品などが送られることになっており、ラインハルトが贈ったものも高名な画レイトマイエルの油画(価値5万帝国マルク)であることから、当時の帝国では賄賂とみなされない可性がある。

関連商品

つきましては閣下、持参いたしたるものがございます。エレールマイヤーの名画でございます。

関連項目

掲示板

  • 3ななしのよっしん

    2017/10/06(金) 06:52:08 ID: bqvopqaEa/

    後世では(OVA版のヴェスターラントみたく)ラインハルトは具申を依頼しただけ、実際に賄賂を贈ったのはオーベルシュタインの独断ってことになってるからへーきへーき(適当

  • 4ななしのよっしん

    2018/05/29(火) 23:01:52 ID: RWNHcSCOZq

    ワイツもそう思います。

  • 5ななしのよっしん

    2018/09/03(月) 20:23:26 ID: bqvopqaEa/

    >>2
    まあ、某男爵の件は、貴族社会特有のめんどくさい格式や滅私奉的な忠の建前とかもあったのかも。
    旗艦を下賜する以上、受取サインもらってエンジンキーわたしてはいおしまいってわけじゃないだろう。進宙式みたいなのまでやるかは不明だけど、きちんとした礼装を仕立て、高級地上車を手配して将官を宇宙港まで案内し、諸権利や諸注意を儀礼的に読み上げる、くらいのことはやりそう(当然将官の方も、死者を儀礼にのっとってきちんと接待することがめられる)。
    それら全てが現代のスーツクリーニング代程度の感覚で自が当然で、皇帝の名代という栄誉を授かりながら経費を請するなんて「不敬」な行為できるわけがないとしたら、現役大将と一男爵では前者が多く持つのが当たり前で(建前上は経費のやり取りじゃないけど)、謝礼もらえないと使者側は「やってられないほどの大出費」のかもしれない。


    ……オッペンハイマーの場合は本当にただの贈賄で、ワイツの場合は本当にただの役得だろうけど

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 06:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP