ワムウ単語

ワムウ

2.0千文字の記事
掲示板をみる(352)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ワムウとは、漫画ジョジョの奇妙な冒険』第二部「戦闘潮流」の登場人物である。

CV大塚明夫

概要

ジョジョの奇妙な冒険第2部「戦闘潮流」の登場人物。かつて人間とは別に暮らしていたとされる「柱の男」の一人。

カーズエシディシに出たときは赤ん坊であったため、サンタナを除けば柱の男の中では最も位が低い(3番)。しかしその戦闘サンタナとは較にならず、登場人物たちに「戦闘天才」と認識させる程のセンスを持ち、闘いの場では自らの持つ美学に基づいて闘う。しかしそのセンス故に、自分のに入ってくる者がいると反射的に攻撃を加えてしまう癖がある(カーズエシディシであろうとも)。

また普段は体内に収納しているが、額にはありこれを使って空気の流れを読む事で視覚に頼らずに周囲の様子や相手の行動把握する事ができる。さらにこのドリルの如く回転させる事もでき、対へ突き刺す以外にも切り裂く事も可

そしてカーズ達には忠実な反面、闘いにて自らの認める強さを持った敵と戦う事に至高の喜びを見出す性格を持ち、強者にはそれなりに敬意を払う一面もある。後述するシーザーとの戦いではシーザーを破ったもののシーザーの命を賭けた行動に敬意を払い、彼が生命を絞り切って作り上げたシャボンを割らずに見逃し去っていったという戦士としての礼儀作法を弁えた一面を見せた。

20世紀にカーズ達と共に覚めた直後は、ナチス調隊による人工の紫外線を浴びても然と行動していた。その後、居合わせたジョセフとの闘いではジョセフ瀕死に追い込むも、未熟ながら「自らに傷を負わせた戦士」としてジョセフの強さを認め、入りのリングジョセフの体内(心臓)に埋め込む事で決闘の誓いを立てさせた。その後、エイジャの赤石を探して行動していたところをシーザーと遭遇したのち交戦状態となり、シーザーの新たな戦術に苦戦するも一の隙を突きシーザーを倒す。しかし自分の命を失おうともジョセフに解剤(ジョセフ心臓リング)を渡す姿を見て、彼を見逃した。

そして第2部の終盤、ピッツベルリナ山にて古来の作法に基づく戦車戦でジョセフ決闘を繰り広げる。決闘では必殺流法を次々に繰り出しジョセフを追い詰めていくが、ワムウの意表すら突いたジョセフの巧みな知略とジョセフシーザーとの見えざる結束に敵わず敗れてしまう。身体を木っ端微にされ敗北した後、彼はジョセフへ襲い来る吸血鬼たちを首だけの状態になりながらも制裁すると、ジョセフの成長ぶりに満足しながらと共に消滅していった。この時ジョセフもまた、ワムウの純然たる戦士としての戦いぶりに敬意を表し、意識のうちに直立不動・敬礼の体勢をとってワムウの最期を見送った。戦車戦における一連の展開を含め、第2部の(いは、ジョジョ全編を通して)ベストバウト・一番の見せ場にこのシーンを挙げるファンも少なくない。

名前の由来はイギリスミュージシャン「wham!」から。

ついでの知識

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/24(月) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/24(月) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP