今注目のニュース
トイレの音聞きたいアイドル・BiSHメンバーに有吉共感 「俺もやった」
リベンジポルノの被害者も低年齢化 11歳の少女が転校を余儀なくされる
マツコ・デラックス批判や崎陽軒不買について等 メンタリストDaiGoさんがN国党や立花孝志代表を心理学的に考察

ワユ単語

ワユ

掲示板をみる(56)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

掲示板>>11

ワユとは、ファイアーエムブレムシリーズ蒼炎の軌跡暁の女神)の女性キャラクターである。

浅川悠ムービー)。日本版のりはそのまま「WAYU」、北米版の名前は「Mia」。

概要

タイプユニットで、種族はベオク。属性

青髪ヘッドバンドトレードマーク装はノースリーブミニスカート(?)・タイツ炎→で見たや性格に大きな変化はないが、肩パットを外して肩を露出したり、が伸びて多少女性っぽくなる。

性格は明るく活発で細かいコトにこだわらない。口癖もそのまま「細かいことは気にしない!」。

炎の支援会話では、女を理由に見下されたと思い込み態度が変するしい一面も。
また占い好きという意外と乙女らしい趣味があり、いつも運命の相手(本人ライバル)をめる。しかし、偶然通りかかった虚弱な使いのキルロイの相手を要するなど、何かずれている。
自身の性格は把握している様で、イレースを見て「げな女の子あたしと正反対だなぁ」と漏らしていた。

アイク大将と呼び、何度負けても懲りずに勝負するのは「一番熱」するから(の拠点会話)。女だろうと一切手加減しないアイク彼女には絶好の修行相手だが、後でミストティアマト2人がかりで小言を言われるアイクはかなり迷惑がっていた。ではその対策にキルロイを連れてくる。

蒼炎の軌跡

の腕をたよりに渡り歩く傭兵戦争が始まった時にはクリミア軍に雇われていた。
細かなことにこだわらない、さっぱりとした気性の持ち

http://www.nintendo.co.jp/ngc/gfej/characters_3/index.html
exit
任天堂公式サイト キャラクター紹介3より引用

クラス士→ソードマスター。第7章「漆黒の魔手」でNPCとして現れ、アイクと会話させると仲間になる。デイン軍に捕まり捕虜収容所へ送られそうなところを、アイクグレイルに助けられたのだという。

士のグラフィックイメージイラスト通りのオリジナルだが、ソードマスタールキノ色違い

エピローグでは「大将のもとでならいい修行ができそうだからこのまま仲間でいさせてよ」と傭兵団に残る。

ユニット性能

士らしくひ弱だが、それ以上に「不遇」の一言。上級難易度ほどその傾向が強くなる。

初期値は従来作士同様、技・速さが高く、・守備が控えめ。魔防は上限だけ駄に高い。
成長率はHP・技・幸運が4050%坦で、上限22が致命的。守備・魔防が伸びず紙装甲

炎はや固い敵が多く士は相性最悪。特効2倍化も不利なだけ。頼みの回避も、従来作より敵の命中が高くボコボコ当たるため低HPで柔らかいワユは辛い。地属性ルキノのような支援の大幅補強もない。

ターンも先制できる初期スキル『待ち伏せ』は優秀で、低い耐久を多少カバーしてくれる。

だが頼みの義『流星』が極めて微妙ダメージ半減非力さと相まり簡単に弾かれる武器駄浪費。また5発全てに命中・必殺判定があり、全外れ~全命中約2.5倍~全必殺約7.5倍とムラがあるうえ、炎の必殺補正で最大威はまず出ない。覚えるにも『待ち伏せ』を捨て、重な「義の書」を使う必要あり。天空太陽といった優秀義を差し置いて、発動率10ちょい(技/2)の散財技を覚える価値は・・・。

マニアックでは支援や練成を駆使しても戦としての評価は芳しくない(ソニックソード?夢から覚めなさーい素直にミストファルコンたちに渡しなさーい)。キャラ人気なだけに使いにくいのが悔やまれる。

支援相手も少なくキルロイイレースラルゴのみ。キルロイとは占いをきっかけに手合せをする。イレースはふらつく彼女に関するやりとり。ラルゴとは男女の優劣を乗り越え勝負する話。

暁の女神

グレイル傭兵団の一員。3年前の戦いではクリミア傭兵として戦っていた。
デインの捕虜になるがグレイルに助け出されたという経緯があって傭兵団に参加した。

ゲーム内の書庫(用集の人物)より引用

グレイル傭兵団に正式加入。炎・で団に協した者は数多いが、新規入団はワユが一。

登場は第二部終章クリアムービー「処刑」。魔法詠唱するセネリオに気づいた敵を倭で切り伏せるシーンがあり、声優浅川悠)の音も挿入。「よーっし!絶好調のの冴え ながら惚れ惚れしちゃうねぇ」。

ユニットとして使用できるのは第三部序章「大進行」から。

クラスは上級の剣豪ソードマスター】→最上級の【ソードエスカトス】。マントスパッツを着用する。

エンディング二つ名は「頂へ昇る」。その後は修行に出るが、たまに傭兵団の砦へ羽を休めに来るようだ。

ユニット性能

前作の不遇を一気に跳ね返す。の敵増加や店売りの切りの(射程1-2)の存在も大きい。

支援はないが、支援A(イレースorキルロイ)のクリアデータを引き継ぐと1人分つく。

初期が大幅上昇。技・速さに至ってはすでにカンスト一歩手前である。
成長率もおおむね良好。特にHP・守備成長が20も上昇し耐久。引継ぎなしでも最上級LV10前後で魔、魔防、幸運以外カンストする。拠点成長を併用すればフルカンストも。

特効3倍化は特効武器が一種類ずつ分散し微妙だが、は固いに強いドラゴンキラーなのが嬉しい。

必殺補正も剣豪『必殺+10』、『必殺+20のキャパシティ0スキルとして復活。

『待ち伏せ』は速さ確率発動に弱体化したがまだ有効。『キャンセル』や『武装解除』、『武器破壊』などと組み合わせれば敵フェイズなのに相手に何もさせず返り討ちなんてことも。

義『流星』は必殺判定なしだが通常ダメージ×5武器の駄消費も解消命中判定がなくなり5倍安定エフェクト高速でよくわからなかったモーションも、一撃一撃を魅せるよう変更されている。
『武装解除』『小手調べ』と組み合わせヘザーと組めば、武器や資調達にも大いに貢献するユニットに化ける。

・・・と、ユニット面では強化が立つが、その代償か会話が減し、今度はキャラ面が弱くなってしまった。登場こそムービー出演で々しいが、その後は本編イベントでの露出は一切なく、まともな会話は第三部1章の拠点会話のみ。あとは短い支援会話か撤退・死亡セリフ程度で、戦闘会話も一切なし。

元々本筋に絡むキャラではなかったが…せっかく強くなったのにひどい有様です。

ファイアーエムブレムヒーローズ

絵:米山
浅川悠

2017年11月15日、追加キャラとして発表された。
気鋭ワユのという強な専用武器を持っており炎とは違い前線で活躍してくれる。
召喚士であるプレイヤー大将と呼び、ここでも宿命のライバルを探している。
占い好きは炎でもあったが、今回は占う方も出来るらしい。

その他

ワユ=腋(わき)

もはやワユ=というキャラ付けが公式ファンともに浸透している模様。
なおレアカード浅川悠によるサインと「細かいコトは気にしない!」の文字入り。

バストサイズ

炎で控えだったおっぱいが、では公式絵・ポリゴン立ち絵ムービーなどで貧乳から巨乳までバラバラで一定せず、一部の紳士に好評であった。

シリーズのお約束

FEシリーズの女士はクラスチェンジ後にスリットの入ったロングスカート着用&タイツ等を着用しないのがお約束(?)だったが、ワユはタイツを着用。生足が・・・でもFE0では堂々と太ももを見せている。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP