今注目のニュース
「初音ミク GTプロジェクト」よりレーシングミク2019ver.がフィギュア化
「報道部がこれはあかんでしょ」 テレビ局が議員に送ったリプライが炎上
天井高5メートルの空港ロビーでパネルやコンクリート片が落下(台湾)

ヴァッフ単語

ヴァッフ

掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ヴァッフ(YMS-03)とは、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場するモビルスーツである。

概要

アニメ公式サイトの機体解説

頭頂高:17.34m / 全幅:8.8m

膨大な予算と開発期間を投じて、独立戦争兵器たる人型機動兵器モビルスーツの開発計画が進行していたが、宇宙世紀0077年において、試作実験機であるモビルワーカー01式 最後期では最大の懸念事項であった動融合炉の小化が実現できずにいた。

その結果、兵器開発の最高権限を持つギレン・ザビによってモビルスーツ開発計画は中止の危機に直面する。
そうした状況を打破し、モビルスーツ開発計画の継続を決定づけたのが、トレノフ・Y・ミノフスキー博士が提案した試作機YMS-03 ヴァッフの存在であった。

YMS-03 ヴァッフは、ミノフスキー粒子を用いた技術を採用することで、動融合炉の小化と流体パルスシステムを応用した駆動性の向上を実現。その結果、宇宙空間での自在な機動性を獲得し、宇宙戦闘用の艦船や誘導兵器駕する機動兵器としての可性を提示した。

また、モビルワーカー01式 後期以降に採用されている腕部アタッチメント交換機も継承。いくつかの武装を取り付けた実験なども行われた。
事実モビルスーツの始祖的な存在となるYMS-03 ヴァッフは、ごく少数が試作機として生産されるが、その後、時を置かずに、より実戦的な後継機体の開発も行われていたため、兵器として制式採用されることはなかった。

機体名称となっている“ヴァッフ”は、“武器=武具”をしている。

MS-03

MS-03非公式ムックガンダムセンチュリー』の記述から始まった機体だったが、YMS-03 ヴァッフはガンダムセンチュリーMS-03と設定が食い違っている。
映像が優先されるガンダムではヴァッフが公式になる可性もあるが、オリジンは“パラレル性を含む作品”のため前例に倣うのかはである。

なおヴァッフが正史となる場合、「MSV」「M-MSV」で設定されたMS-04の設定が覆される事になる。

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/17(水) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/17(水) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP