今注目のニュース
メガドラはしくじってないだろ! テレ朝「しくじり先生」12月16日回はカズレーザーがメガドライブを徹底解説
ビルの合間を遊泳する…巨大なクジラ⁉︎ マイナスイオンが画面から溢れ出すChillなアニメーションがずっと見ていられる件
「希望してない食事代を払わないといけないのか」 給食費未納対策の実態とは

ヴィクトリー・ドラゴン単語

ヴィクトリードラゴン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(32)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ヴィクトリー・ドラゴンは、遊戯王OCGに登場するカードのひとつである。

概要

2003年4月に、週刊少年ジャンプにて実施された応募全員サービスのパック「LIMITED EDITION 5」の海馬パックで初登場。効果は以下の通り。

効果モンスター禁止カード8/闇属性/ドラゴン族/攻2400/守3000
このカードは特殊召喚できない。
自分フィールド上のドラゴンモンスター3体を
生け贄にして生け贄召喚しなければならない。
このカードの直接攻撃によって相手ライフを0にした場合、
このカードコントローラーマッチ勝利する。
遊戯王カードWikiexit より引用

このカードの直接攻撃でデュエル勝利すれば、マッチにも勝利できるというしい効果を持つ。

フリーデュエルなどでシングル戦を行う、マッチ戦をあまりしない人にはなじみが薄く、またそのようなデュエルではただ出しにくいだけのモンスターに過ぎない。このカード価は公式大会のマッチルールにおいて発揮される。

マッチ戦は要するに3回勝負で、勝ち数の多いほうが最終的な勝者となるものである。マッチの中には3回のデュエルがあり、各デュエルの間にはサイドデッキと呼ばれるカードの集まり(0~15枚、あらかじめ用意しておく)とデュエルで使用するメインデッキエクストラデッキカードを入れ替えることができる。これによって、相手のデッキに合わせてカードを入れ替えたり、工夫すればほとんど別の戦術を取るデッキに切り替えたりすることもできる。

このカードはそんなマッチ戦のルールを吹き飛ばすものであり、サイドデッキによる対策を不可能とする。サイドデッキ意味なものとなり、メインデッキでこのカードの対策を取る必要が出てくる。特定デッキにはよい対策となる(刺さる)が、その他のデッキとのデュエルでは意味というカードの場合、サイドデッキに入れておくのが一般的だが、それが不可能となる。

とはいえ、登場当初は、種族を定された生け贄(リリース)の確保、相手フィールドモンスターをあらかじめ排除する必要があること、このカードでとどめを刺せるようにライフを調整する必要があることなど、実際にマッチ勝利を狙うのは厳しいものがあった。リリースなどで相当カードを消費してしまうため、このカードを破壊されると後がないということになりやすい。
攻撃レベル5・6の上級モンスター級で、3体のリリースを必要とする割には物足りなく、不安定であった。

そのようなことから、決まれば強だが簡単には決められないロマンの塊とみなされた。

しかし、効果自体は魅的なのだから研究はされる。
ループによってフィールドを充実させリリースするモンスターえ、ワンターンマッチキルを行えるデッキや、さまざまな魔法を駆使して、相手の行動を封じつつ、自分は着々とマッチキルの準備を進めるデッキ、「八汰烏」などを利用して相手の行動を全に封殺した上でこのカードマッチキルを行うデッキなど、このカードを有効に活用したさまざまなデッキが生み出された。
このカードプレイヤー全なる勝利をもたらす、ヴィクトリー(Victory勝利)の名に相応しいカードとなった。

さらに「」の登場により、墓地融合で「F・G・D」を融合召喚し「次元融合」で融合素材を呼び戻してこのカードを召喚できるようになり、ドラゴンデッキにおいてもこのカードが活躍できるようになった。

マッチキルという特異な効果の故に2006年3月1日に、デッキに一枚も入れられない「禁止カード」にいきなり定される。同年9月1日に一度、デッキに一枚だけ入れられる「制限カード」になるが、翌年3月1日には再び禁止カードに戻り、現在までずっと禁止状態である。


現在ノーリミットデュエルのような禁止カードも使用可な(リミットレギュレーション視できる)ルールも存在するため、そちらであればこのカードも使用可マッチキル系のカードでは一、「公式デュエル使用不可」という旨の表記がないため、ノーリミットデュエルで使用できるマッチキルモンスターはこのカードだけ。
もっとも、ノーリミットデュエルには店舗独自の制限が課せられることもあるので、それには従わなければならない。

現在では手札から妨な「エフェクト・ヴェーラー」など、対策となるカードは増えたものの、このカードを召喚しやすくする手段のほうもかなり増えているため、制限緩和ということは望みにくい。

当初はスキルドレイン」がある状態でこのカードの直接攻撃でデュエル勝利しても、マッチ勝利することはできない裁定で、一時期調整中扱いにされたことがあったが、2014年に発行されたパーフェクトルールブックでは「マッチキルは効果外テキストという扱いとなったことにより、マッチキル効果を効にされることはなくなった

後に大会賞品として、このカードと同じくマッチ勝利の効果を持つカードが何枚か登場しているが、それらはすべて公式デュエルでは使用できないカードとされている。

2004年12月9日に発売された「ストラクチャデッキ -デラックスセット- Volume.2」に再録されていたが、現在は絶版である。

サレンダーの話

→「サレンダー」も参照。

余談だが、このカードマッチ勝利を避けるためにサレンダー(自ら負けを認める)をしようとした場合、ルール上相手は拒否することが可。それでもサレンダーしたければ、マッチを丸ごと放棄しなければならない。当然、あまり好ましい行為ではない。
一応、故意にルール違反(デッキの山を崩すなど)をすることで罰則「デュエル敗北」を受けて事実上のサレンダーを行うという方法もないわけではないが、大会罰則規定上、故意のルール違反はより重い罰(受賞資格を失う失格)を受けることになるし、そもそもマナーとしてもよろしくはない。

ただ、このカードの効果を確実に発揮しようとすると、相手の行動を強く制限してそのうえでいかに直接攻撃を決めるかということになってしまう。もちろん、そういったデッキ構築を考えるというのも1つの楽しみではあるのだが、デュエルをする相手からすると何もさせてもらえないというのは非常につまらないものである。
マッチによる3回勝負というルールすら崩されてしまうので、本当にただ向かいに座っているだけで終わりということすら起こりうる。

そのような状況であれば、多少ルール違反してでもサレンダーしたいというのはデュエリストプレイヤー)としては当然の感情だろう。

そういった感情もんだのか、認大会において、このカードに絡んだ故意のルール違反に対して「デュエル敗北」が適用された事例が存在する。しかし、これを認めてしまうとこのカードの存在意義がなくなってしまい、ルール違反を助長するような裁定となることから、物議をかもした。いくら嫌がられるプレイングでも、公式が認めて出したものであり、ルールの範囲内であることには違いない。

このカードが禁止となった背景には、このようなトラブルを引き起こす原因となるカードであったということもあるのかもしれない。

その他の作品において

アニメでは何度か登場人物たちが所有しているのが確認できるシーンがある。しかし、デュエル内で使用されているシーンは一度もない。そもそも、原作アニメ内でマッチ戦のデュエルが行われる描写が一度もなく、原作アニメ内の大会もすべてシングル戦なので、向こうの世界でのこのカードの活躍はないだろう。

関連商品

 

関連項目

掲示板

  • 30ななしのよっしん

    2018/05/12(土) 11:33:06 ID: 1CpfuRqgdO

    簡単に言えば使われた側がわざと反則負けをしないといけないほど
    悪極まりないカードだから禁止カードになったってことだな

  • 31ななしのよっしん

    2019/01/25(金) 16:39:29 ID: Pz7pJ1RVeW

    悪性というより存在するだけでゲームマナーモラル審判判断が滅になるというのが大きい
    「軽微な反則を故意にするメリットプレイヤーにある」「軽微な反則とは具体的に何をすのか」
    「軽微か否かの判断はがするのか」「当日の審判だとすれば個人差が生じてしまうのではないか」など
    どこまでいっても問題が尽きないから、どんだけ弱体化させてもマッチキルという時点で復帰はいと断言できる

  • 32ななしのよっしん

    2019/05/06(月) 13:16:25 ID: C+Xc9J72ON

    使った側からすれば重いコストと貧弱なステータスし強な効果を狙うロマン
    使われた側からすれば対処不能クソロック

急上昇ワード

最終更新:2019/12/13(金) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/13(金) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP