今注目のニュース
藤井聡太七段が佐藤康光九段に勝利 王将戦二次予選
チョコプラ長田の“最高月収”暴露
立ちションをUVライトで可視化したら飛び散りまくっていた!どこを狙えば飛び散らないのか判明!「座りしょん」はリスクもあり!

ヴィジュアル系単語

ヴィジュアルケイ

掲示板をみる(183)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ヴィジュアル系とは、日本音楽シーンにおける大括りな類別のひとつである。通称「V系」。

概要

そもそも、この特定音楽の一ジャンルを形作っているわけではなく、始まりは中性的・退的・耽美的なメイクやルックスで、視覚的身体表現的衝撃をパフォーマンスの中核または重要要素に位置づける(男性の)邦楽バンドについて、大括りに用いられるようになった呼称であり、マーケティング的・大衆的なきを含んでいた。しかし現在は後述のごとく、それは必ずしも蔑視・軽薄さなどを意味しない。

音楽史的に異端としてデビューし、ひとつの歴史立したX JAPANの活躍とスタイル確立にも触発され、同時代およびフォロワーとしても多くのバンドが輩出された。自らを「ヴィジュアル系」にカテゴライズするバンドは、第一次ブーム結了期の90年代後半〜その後のネオヴィジュアル世代からと言えるかもしれない。なお、際的ロックシーンでは「グラムロック」や「ゴシック」、「エモーショナル・コアEMO)」などのジャンルに編みこまれるべき存在であり、外ファンも多く、こののV系バンド活動に貢献してくれていることもこの際付言したい(海外のそっち系も見てみてね)。

自分たちを「V系」とカテゴライズしたい者、逆にそれを嫌う者がともにあるのも、このの使われ方の歴史の必然といえるだろう。また、前時代的に「曲やテクに中味がないからカッコでごまかしてるキワモノ」の意味でこのを使う者もいるが、そんならは「オサーン」と切って捨てること推奨。

音楽スタイルロックを中心に、ポップ寄り、ヘヴィ寄りと多様なジャンルを包んでいる。

先述した、世紀またぎに再したブームの中で、活動と変遷とを続けている数々のバンドを、「ネオヴィジュアル系」と呼ぶことがある。

名称の由来

その発祥には諸説あるが、X JAPANメジャーデビューアルバムBLUE BLOOD」のジャケットに記述された「CRIME OF VISUAL SHOCK」というフレーズというのが通説と思われる。ちなみにこの言葉はHIDEが考案したものである。

ヴィジュアル系の細分化 

2000年代初めごろから、「ヴィジュアル系」の十把ひとからげからの細分化が見られる。以前から歴史的カテゴライズを試みる動きはあったのだが、多分に否定的意味で視覚的特徴からバンドを総称していた法から、ヴィジュアル系各バンド歴史が形成されたこと、および新バンドバンドの途切れない生成と消長に理解・整理が欠かせなくなってきたことにより、の使い方も徐々に変成し、おのずから細分化も進んだものといえるだろう。もちろん、ジャンル・カテゴライズを拒絶・越しようとするバンドもあっていい。

現在、ひとくちに「ヴィジュアル系」ので「すべて」を言い表すのはただの暴挙に過ぎず、音楽的・表現的世界によって、一定の歴史的カテゴライズが可であろう。しかし、日本においてその細分カテゴリーは必ずしも確固としたものでなく、ファンの嗜好などからマーケティング的に名付けられたに過ぎない「何々系」も含まれているかもしれない。また、「何々系」は、使う者によって大きく意味が違っていることはよくある話だ(日本だからねー)。

ヴィジュアル系の彼ら・彼女らの、か・どこかを愛してしまった、または知りたいと思うファンは、「曲世界」、「発想の勝利」、「視覚的特徴」、「出身・活動地域」、「雰囲気」、「所属レーベル」等、断片化された特徴や属性。および歴史的系譜(もともと何がルーツで活動しているのか)などをたよりにより深く知り、さらには他にも自分としてせる・気になる存在を探索したり、必要ならカテゴライズ(自分としてのタグ付け)したりして欲しい(でも、広すぎ細かすぎなんだけどね)。

以下に全容をカバーできないながらもバンド名を挙げた。

基礎を固めたと思われるバンド

その多くは海外ポジティブパンク/ゴシックロックパンクロックニュー・ウェーヴ、プログレアーティストたち、およびそれらに影を受けた80年代日本バンドたちである。特にヴィジュアル系明期においては、ポジパもしくはそのままの音楽性を持ったヴィジュアル系バンドも多数いた。(初期ZI:KILLEX-ANS、Majestic Isabelle、SHADooW など。)手な化粧、逆立てた髪の毛、退的な歌詞、耽美な世界観などは後のヴィジュアル系の基盤を作ったと言っても過言ではない。彼らは決してヴィジュアル系ではないが、後のヴィジュアル系に影を与えたとして度々名前を挙げられる。90年代のヴィジュアル系を聴いている方は、ルーツを辿るという意味でも一度聴いてみるといろいろ面いと思う。

海外:Bauhaus(ゴシックロックの祖と言われているバンド。下記のAUTO-MODのGENETはBauhausに影を受け、日本ゴシックロックを始めた。)、Siouxsie & the Banshees、The Cure、The Sisters of Mercy、Southern Death CultSex Gang Children、The Danse Society、 など

日本AUTO-MOD日本でいうゴシックロックの始祖的存在である。トリビュート盤においてV系明期の錚々たるメンツがカバーしている。)、GASTUNK、有頂天、THE WILLARD、ラフィンノーズ、YBO2ASYLUM、Z.O.A、SODOM、PHAIDIASADIE SADSMadame Edwarda、G-シュミット、NOVELA など

おもに1990年をまたいで~90年代前・中期に「ヴィジュアル系」の前史・スタイルの形成に貢献・寄与した邦楽バンド 

AURA XJAPAN COLOR D'ERLANGER DEADEND かまいたち 筋肉少女帯 すかんち CASCADE AION BUCK-TICK VATHOKIJA LADIES ROOM 東京ヤンキース LUNASEA  ZI:KILL STEPPEN THE BLUE MALICE MIZER SEX MACHINEGUNS Plastic Tree LAREINE La'crymaChristi PENICILLIN SHAZNA Janne Da Arc(初期) (順不同)

ソフビ

ソフトなヴィジュアル系」の略。
ナチュラルメイクで、衣装は既成のカジュアルなものが多い。
曲調はポップ、キャッチーロックといえるか。
一時期は関西出身のソフヴィバンド人気だったが、最近は下火になってしまっている。

一般的なV系のイメージよりも外見・曲調が穏やか(ソフト)であるため、バンドによっては「あまりV系ぽくない」と言われる事も。

例:GLAY(初期)、WaiveSOPHIA(Vo.松岡充すべき生主)、wyse、Vogus ImageD-SHADEFANATIC◇CRISIS(後述あり)、SIAM SHADE、MASCHERAJanne Da Arc(後期)、Raphael(後期)など

→タグ検索exit_nicovideo

コテ系

コテコテのヴィジュアル系」の略。
この系統はさらに「系」「系」に分けられる。

系」は手な色のを逆立てたり、手もしくは女性的なメイクをしたり、エナメルやレザーの衣装を着ていて、曲は攻撃的・退的・耽美的。初期黒夢Deshabillzなどに影を受けたバンドが多かった。
一般的に連想される「ヴィジュアル系」の姿である。
昔ながらのスタイルということもあり、古参のヴィジュアル系ファンが多い。

例:Dir en grey(初期)、THE PIASS(後に妃甦に変更)、DVersailleschariots、NAKED SPYPhantasmagoria 、LOSTNAMEなど

それに対して「系」はメロディアスで透明感のある曲が多いバンド
衣装を基調としたものが多く、メイクも耽美さ・麗さを強調したものである。

例:L'arc~en~Ciel(初期)、Rentrer en Soi(初期~中期)、AURORARaphael(初期)、BAISER(後期)など

→タグ検索exit_nicovideo

名古屋系

しばしばコテ系とは違うダークさを持つ名古屋圏(ここでは愛知岐阜三重)出身、おもに名古屋を活動拠点にしたバンド

先駆けはSilver-Roseと言われている。泣く子も黙るような独特の雰囲気があり、熱狂的なファンが多い。

愛知名古屋)はフォーク時代の衰微後、現在に至るまで音楽シーンがほぼハードロックに席巻されている土壌があり、ヴィジュアル系バンドもまた、その洗礼を受け、生き残りの試練を与えられる(市場レヴェルが高い)。そしてその土壌的に、BLANKEY JET CITY1990-2000)のような特濃ヘヴィーなロック音楽的に継承するバンドが少なくない。これをもって、名古屋圏出身であるから自動的に名古屋系バンドとは呼ばない(ジャンルにかかわらず、洗礼を受け、生き残った者。または特濃ハードを継承する者)と定義する向きがある。

同時に、名古屋音楽シーン(含むマーケティング)では、他地方べて名古屋圏で特異的なバカ売れをした作品(ジャンル不問)を「名古屋系・名古屋モノ」と呼び、(名古屋圏出身以外でも)この呼称が使われる場合があることを知っておいてほしい(名古屋は実があれば、音楽は異文化移入にけっこう寛容です。純な地元出は限られているし)。

例:Silver-Rose、Laputa、ROUAGE、黒夢(初期)、deadman、GULLET、BlastFANATIC◇CRISIS など

→タグ検索exit_nicovideo

密室系

音楽レーベル「密室ノイローゼ」に所属している、もしくは過去に所属していたバンドのこと。
前者ではcali≠gari後者ムックが有名。

→タグ検索exit_nicovideo

地下室系

元々は、cali≠gari催のイベント東京地下室」に出演していたバンドのことをした。
塗りメイクアングラな雰囲気が特徴。

例:犬神サーカス団駄菓子菓子グルグル館、太平洋ベルト など

オサレ系

2002年頃から急に増えた系統のバンド
CUTiEZipper、KERA系の衣装に身を包み、ギャルメイクに近い奇抜な化粧をしている。
曲はポップなものが多いが、いわゆる「煽り曲」もある。基本的に何でもあり。
ヴィジュアル系の中では、アイドルもしくはうたのおにいさん達的な位置付け。
初心者にも取っ付きやすいことから、若年層のファンが多い。
初期のバロックが始祖とされる。ニコ生レギュラー出演するバンドもあり、見てやってほしい。

例:アンティック-珈琲店-KraSuG など

コテオサ

上記「コテ系」と「オサレ系」の両方の要素を含む、もしくはどちらなのか判別のつきづらいバンド
コテ系寄りのバンドオサレ系寄りのバンドが存在する。
先駆けは蜉蝣だと思われる。同じく、ニコ生レギュラーさんもいるのでよろしく。

例:ガゼット(初期)、蜉蝣(初期)、ヴィドール彩冷えるメガマソナイトメアALICE NINE、妃甦、愛狂います。 など

ラウド系

2004年頃から増え始めた系統。途中で路線変更してここに行きついたバンドも含まれる。
ハードロックニューメタルの要素を取り入れている。
ただし技術面では今一歩の成熟を待ちたいバンドもみられる。
メイクは耽美さ・女性っぽさを排除したダークな感じ、衣装を基調としたものが多い。
拳、ヘドバンなど男っぽいノリが好まれる傾向にある。

例:Dir en grey(中期)、D'espairs Raylynch.ギルガメッシュSadiethe GazettE現在)、DEATHGAZERENTRER EN SOI(後期)、meth.蜉蝣(後期) など

その他

上記の括りに当てはまらない、独自路線のバンドも存在する。

ゴシック系…emmuree、Moi Dix MoisSchwarz Stein など
歌モノ曲が多い…人格ラヂオメリーシドheidi.東京ミカエル。 など
個性MoranFatima
コンセプトの表現に特化…Psycho le Cému、Mix Speaker's,Inc.
デジロック系…宇宙戦隊NOIZメトロノーム個性MoranFatima
貨物系(ヴィジュアルゲイ)…仙台貨物
エアーバンドゴールデンボンバー
 
などなど。書ききれないので以下略

関連タグ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

    ほめられた記事

    最終更新:2019/07/20(土) 14:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP