今注目のニュース
Google Mapsで迷子が続出。イタリアのとある街で事件が多発中
「笑いすぎて死にそう」「人生最高の面白ネタ」 いびき・寝言録音アプリに録音された謎の音
職場で暴れる"モンスター社員"との賢い戦い方

ヴェルナー・フォン・ブラウン単語

ヴェルナーフォンブラウン

掲示板をみる(32)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ヴェルナー・フォン・ブラウン(Wernher von Braun、1912年3月23日-1977年6月16日)とは、アポロ計画の中枢を担った、ドイツ出身の科学者である。

本名はドイツ語ヴェルンヘーア・マグヌス・マクスィミーリアン、フライへル・フォン・ブラウン(Wernher Magnus Maximilian, Freiherr von Braun)[1]
フライヘル男爵)は1919年に貴族制が止されるまでフォン・ブラウン男爵位であったことに由来し、当年以降は姓の一部として扱われる(つまりフライヘルフォン・ブラウンで一つの姓)。しかし通常はフライヘル(とコンマ)を略して単にフォン・ブラウンと呼ばれる。

ウェルナー・フォン・ブラウンと表記される場合もある。なおアメリカ英語ではヴァーナー・ヴォン・ブラウンと発音。イギリス英語ではヴァーナ・フォン・ブラウンヴァーナ・ヴォン・ブローンの2通りの発音がある。

概要

実は幼い頃の彼は数学物理が大の苦手だった。しかし、あるロケット工学の本を読んで以来すっかりロケットを飛ばす夢に取り憑かれ、懸命の勉強の末に苦手科を得意科してしまった。その後工科大学入学し(ドイツでは適性ありと評価されないと基本的に進学すらできない)、在学中にドイツ宇宙旅行協会(VfR 、多くの研究を輩出したアマチュアロケット製作サークル)で活躍する。

大学院在籍中に陸軍兵器局の研究チームに入る。そして弱冠25歳でロケット開発の技術責任者になり、ペーネミュンデ秘密軍事基地にて有名なV2ロケットミサイル)の開発を行った。
しかし国家存亡を占う大切な時期だというのに、周囲にロケットへの夢を情熱的にり過ぎたため、秘密警察を付けられ国家反逆罪で逮捕される。何とか放免されて職場に復帰したものの、釈放を取り成したのが開発チームの上総統閣下だった所に、彼の非な頭(とヒトラー必死さ)が覗える。

V2ロケット発射実験での有名な言葉今日宇宙船が誕生した日だ」は実はフォン・ブラウンではなく同僚が彼にった言葉だが、V2ロケットロンドンに着弾した日にロケット璧に動作したが、間違った惑星に着地した」ったのは彼。やはりあれだけのに遭っておいて全く懲りていなかった。

敗戦直前、彼はチーム科学者達500名とともにアメリカへの亡命を画策する。しかし親衛隊のマークが厳しかったため、結局彼がアメリカ軍に接触できたのはドイツが降伏した後のことであった。
彼らチームの大半は先に進駐したソ連軍の捕虜となり、皮にも東西に分かたれた彼らこそが来るべき冷戦下の兵器開発競争、そして宇宙開発競争の先兵としてを交えることになるのである。

フォン・ブラウン126名のチームメイトの身柄はアメリカへ移送され、以降アメリカで短距離弾道ミサイルレッドストーンジュピターCロケットなどの開発に携わる。
その後、ケネディ大統領への答申作成で大きな役割を果たし、1960年レッドストーン兵器からアメリカ航空宇宙局NASA)に移籍。同年に新設されたマーシャル宇宙飛行センターの初代所長を1960年から1970年の10年間勤めた。

アポロ計画ではサターンVロケットを開発し、1967年11月9日に打ち上げに成功。そしてついに1969年7月20日、若き日からの宿願であった人類初の面到達に成功したのである。

国家規模の予算がいとにはいけない、私は宇宙人間を飛ばす的の為ならば、悪魔と手を握ってでも働き続けたと思う。」と後に本人がっているのは有名である。
しかし彼は決して科学に魅入られた狂気の天才なのではない。単純に、途方もい夢の為ならあらゆる努を惜しまない情熱の人だったのである。

余談

内外を問わず、フィクションSF作品において人類にとって宇宙に関わる徴的、記念碑的な宇宙船や構造物などにフォン・ブラウンの名が冠される例が散見される。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *ヴェルンヘーアは「守り手たる軍隊」という意味のゲルマン系の男性名で、ヴェルナー(Werner)の古い形であるため、慣用もしくは混同によりヴェルナーとも転写される(なお英語ワーナーWarner)と同である)

掲示板

  • 30ななしのよっしん

    2017/06/26(月) 16:55:11 ID: 8yCHFAmx/s

    >>29
    戦時中のナチは一部で揮統制が崩れてたところあるから何とも言えないよね。

    ガスで死にかけた経験のあるヒトラーは報復のガス攻撃を恐れたのと死にかけた事のフラッシュバックを嫌がって、最前線ですらガス攻撃を厳禁とした事から、収容所でのガスを使った処刑はヒトラーの命とは考えにくいって説もあるし。

  • 31ななしのよっしん

    2017/10/06(金) 02:50:38 ID: D/MEzGxkvZ

    別に「ヒトラーが」「ガスで」「殺示した」かどうかなんてどうでもええことなんだけどね。そんな末な問題に疑問を呈して、それをテコにして全てをだったと決めつけるリビジョナリストの典的なやり口が連想されてどうにもいい気分にはならんね。

  • 32ななしのよっしん

    2017/11/01(水) 00:19:50 ID: GpZuSefzC4

    諸々の情報を総合すると、要するにV2計画を親衛隊に取り込もうと思っていたヒムラーが「軍辞めてSS仕事しろや」といったのを断ったのがお気に召さなかったようで、
    ・「なんで宇宙船の仕事してないのかなぁ」とボヤいてるのをチクられて敗北義者とみなされた
    ・ヒムラー「アイツ容共義者でV2をわざと遅らせようとしているのでは」
    フォン・ブラウンに与えられた飛行機を使えばいつでもイギリスに逃げられる立場
    とまあ、どちらかというと政治的にアレな立ち回りをしたのが原因ということになるようだ。そりゃまあヒムラーから見れば「V2ブラウン以外に作れない」という条件さえなければさっさと首切りたい人材だよなぁ。

急上昇ワード

最終更新:2019/10/17(木) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/17(木) 01:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP