今注目のニュース
松屋、豆腐関連メニューを販売休止 豆腐キムチチゲなど好調で豆腐の生産に遅れ
人気ラノベ『俺ガイル』完結で約8年半の歴史に幕 アニメ3期放送も控える青春ラブコメ
坂口杏里、過去の交際人数をガチ告白 「あの人は大変だった」

一肇単語

ニノマエハジメ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

一肇(にのまえはじめ)とは、ライトノベル作家である。ニトロプラス所属。

概要

あとがきによれば元々は映像制作系の仕事をしており、企画脚本から撮影編集や舞台演出までもしていたなんでも屋であったらしい。男の子魔法少女となる「桜ish-推定魔法少女-」という、企画・安曇小石、ゲーム化・デジターボ、ノベライズ角川書店メディアミックス企画で、デジターボからゲームシナリオライターとしてをかけられたが、その企画は中止となって紆余曲折を経て一肇の希望もあり一部設定を使用したノベライズのみが実現、これが小説デビューとなった。

桜ish-推定魔法少女-は単行本化に際して稿してあるが、連載分が全て単行本化されたわけではなく6話分は未収録であり、連載版でも全に解決したわけではないいわゆる打ち切りとなっている。が、根強いファンが存在している。

その後ガガガ文庫舞台を移しているが1年に1作あるかないかの寡作傾向である。寡作気味なのはブロットが書けない作家であるためらしく、書き終わるまでどうなるかわからないためであるという。

の特徴は独特のキャラ回しと伏線を撒きつつ後半の展開のどんでん返し定評がある

デビューからずっとデジターボ所属となっていたが、小説まどか☆マギカではニトロプラス所属としてクレジットされている。

フェノメノに関しては第1巻第1話がニトロプラスによりビジュアルノベル化されニトロプラスフェノメノ公式ページ無料ダウンロードできる。http://www.nitroplus.co.jp/game/phenomeno/exit

2014年には桜ish第2巻以来ほぼ7年ぶりに角川書店より単行本『少女キネマ-或は暴想王と屋根裏姫の物語-』が発売された。(執筆は2008年からということなので数年単位稿を重ねていた模様)2017年角川文庫より文庫版としても刊行されている。

2015年1月10日発売の電子書籍雑誌文芸カドカワ2015年2月号(文芸カドカワVol.2)から5月号まで『黙視論』を連載していたなお単行本において稿するようだ。なお2017年5月31日に単行本として発売された

また文芸カドカワ2015年11月2016年3月号まで『僕だけがいない街Another Record』を連載していた。原作とは別人物の視点によるストーリー展開となっている。同年6月に単行本として発売されている。

作品リスト

関連商品

関連項目

関連リンク

掲示板

  • 10ななしのよっしん

    2014/03/09(日) 12:56:06 ID: TVHldwMUZx

    やっと少女キネマ読み終わった。坂さちはとっても理想的なヒロインだったと思う。

  • 11ななしのよっしん

    2016/02/19(金) 00:22:58 ID: ss0GH6gsBA

    まどマギ小説凄く好きだったからまた書いて欲しいなぁ

  • 12ななしのよっしん

    2017/05/31(水) 22:18:10 ID: TVHldwMUZx

    最新作は本日発売です。

    >>az4041025303exit_nicoichiba

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/19(火) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/19(火) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP