三内丸山遺跡単語

サンナイマルヤマイセキ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

三内丸山遺跡とは、青森県青森市にある縄文時代の集落跡である。

概要

特徴・歴史

三内丸山遺跡は、今から約5500年前~4000年前の縄文時代の集落跡と見られており、日本最大級の縄文集落跡である。

古くは江戸時代から知られており、山崎の『永日記(館野越本)』、澄の『すみかの山』にも登場している。

2000年11月には特別史跡に定される。

見どころ

遺跡の入口に「縄文時遊館」があり、時遊トンネルをくぐるとまるで5,000年前にタイムスリップしたように遺跡に繋がっていて、展望テラスからは三内丸山遺跡が一望できます。また、遺跡をガイドに案内してもらうこともできる。

三内丸山遺跡から出土した重要文化財約500点を含む総数約1,700点の遺物を展示していたり、人形などを用いて、出土品から考えられる縄文人の生活を展示する「さんまミュージアム」がある。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/12/02(水) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2020/12/02(水) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP