三毛猫単語

ミケネコ

  • 8
  • 0
掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

日本に住んでいる人なら見たことあるよね?地に、ブチかシマの日本

ぬこ好きのキミたちへ

三毛猫のオス

三毛猫はそのほとんど全てがメスでオスが滅多にいない事から、伴性遺伝の具体例として遺伝学の教科書などで取り上げられる代表的な生物である。

そのしさから様々な逸話が作られ、船乗りの間ではオスを船に乗せていれば遭難しないと大変重された。
希少性のためにとんでもない値段がつく事もしばしばであった。

少し難しい話をすると、遺伝子が内包されている「染色体」のうち、性別を決定する「性染色体」と言う物にはXとYの2種類があり、遺伝子障を抱えた個体でい限り、XXもしくはXYの組み合わせになる。この2パターンのうち、Y染色体が混じっている方がオスになる。そして、の毛の色の情報は性染色体に組み込まれる仕組みとなっている。
しかしY染色体はX染色体とべて非常に小さいため、毛の色を決定する遺伝子情報を乗せるスペースいのである。ゆえに、の毛の色を決定する遺伝子はXの染色体の中にのみ存在することとなる。
通常の+他の2色の場合は毛色の遺伝子は1つだけでよく(白色は単に毛の中に色素が入ってないだけであり、「」と言う色の遺伝子を必要としている訳ではない)、X染色体も1つあればいいため、残りの1つはXでもYでもいい=オスもメスも生まれる。

しかし三毛猫はの他に2色ある=X染色体が2つ必要という事であり、必然的にXXの組み合わせしか出来ない=メス限定になってしまう。遺伝子障によって、通常2個1組である染色体が3個以上で1組になっており、なおかつその3個がYであった場合のみ、三毛猫のオスが生まれる。このため、三毛猫のオスは必ずクラインフェルター症候群という遺伝子障を患っているであるということになる。

遺伝子障なので、毛の色以外にも異常を抱えている確率が当然ある。代表的なものは生殖機で、精子の数が極端に少なくなる。そのため「子供を作る事が出来る三毛猫のオス」となるとさらに数が少なくなり、先述の「希少性」にさらに拍がかかって値段が跳ね上がる事も少なくなかった。さらにオスの三毛猫は通常のオスがしない「発情」をすることが多いため、性別をオスと扱っていいかどうかについても議論がされているところでもある。特に去勢手術をした後はどっちに扱っていいかわからないという意見もある。

三毛猫の例

ニコニコ大百科に関連する記事があるもの。

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/09(火) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/09(火) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP