三笘の1mm単語

ミトマノイチミリ

3.1千文字の記事
掲示板をみる(39)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

三笘の1mmとは、2022年12月1日に行われた2022 FIFAワールドカップグループステージグループE)第3戦のサッカー日本代表サッカースペイン代表の試合にて、日本の2点における一連のシーンす。

概要

この試合までに1勝1敗の勝ち点3で迎えた日本は決勝トーナメント進出を賭けて1勝1分のスペインと対戦することになった。しかし日本は前の試合でコスタリカに0-1と敗れたのに対し、スペインはそのコスタリカ相手に7-0と大勝しており、実差は歴然としていた。

日本が決勝トーナメントに進出するには(1)スペイン勝利(2)スペイン引き分けたうえでドイツコスタリカ引き分け、またはドイツが1点差でコスタリカ勝利という条件であったが、先述の通りスペイン相手には引き分けすら難易度が高く、大方の予想ではグループステージ敗退で諦めムードが漂っていた。

試合経過

試合々、スペイン日本に襲い掛かり、前半11分にアルバロ・モラタのヘッドが決まり先制されてしまう。しかしその後はリードすればよいとしたスペインの攻撃の手が緩み、日本も前半終盤にイエローカードを3枚貰いつつも守り切り、このまま前半を1-0で終える。

後半開始時、森保一監督堂安律三笘薫を投入すると後半3分、堂安律のミドルシュートスペインゴールに突き刺さり同点に追いつく。そしてスタジアムが歓喜に沸く中、3分後にそのシーンが訪れた。

後半6分、三笘の1mm

後半6分、堂安律スペインの守備をかいくぐり右側からシュートを放つも転がったボールは左へ逸れてエリア外へ出ようとしていた。そこへ前田大然三笘薫必死に追いかけ、前田大然のスライディングは届かなかったもののボールラインえたかどうかのタイミング三笘薫の足がボールに追いつく。すると当たったボールが浮き上がって前田大然えてエリア内のゴール前に戻り、そこへ走ってきた田中碧ゴールに押し込んだ。

しかし三笘薫が追い付く前にボールエリア外に出たとしてスペイン得点効でゴールキック。一方線審の旗は上がっておらず、このシーンについてVARで判定されることになった。日本で本大会全試合を配信しているAbemaTVではこのシーンが繰り返され、実況寺川俊平テレビ朝日アナウンサー)と解説本田圭佑、槙野智章が動画を見ながら以下のやりとりをしている。

「副審はフラッグは上げませんでした、ただゴールキーパーゴールキックしています」
本田「いやいやいやいや」
槙野「ラインは割ってなかったですよ?」
ゴールが認められるかどうかというところです、ボールラインからすべて出なければ」
本田「(左斜めからの動画を見て)出てたっぽいで槙野…」
槙野「ノオオオオオウ!!…これ出てるの!?
本田「これ出てるかもしれへん…」

~中略~

ボールが全部と考えればかなりきわどい所」
本田「(上からの度からの動画を見て)ええっ!?出てないかも!どお!?
槙野「出てないでしょ」

動画を見る限りだとボールの接地点はラインからは明らかに出ているが、端面がラインから外に出ているか非常に微妙なところで、実況席でも見る度によって意見が分かれる状態であった。

VARでも時間がかかり、焦らされたスペインセルヒオ・ブスケツが尋ねようとして審に遮られるというがあったが、線で結果を聞いた審がを吹きながらVARのジェスチャーをした直後にセンターサークルし(効ならゴールキックなのでスペイン側のゴールエリアす)、田中碧ゴールが認められて2-1と逆転した。

この結果にAbemaTV実況席は以下の通り奮が冷めやまぬ状況となった。

ゴールが!!認められました!!田中碧ゴールになりました!!」
槙野「出てないんです!!
スペインに!!日本逆転!!」
本田「でもここから長いよ!」
「ここから長い!!あまりに長い!!まだ前半10分と経過していません!!」
本田「ただ保さんは冷静ですね」

~中略~

本田「(泣いてる日本サポーターが映し出されると)まだ泣くのはいで!

その後日本スペインの反撃を耐えて試合終了のホイッスルが鳴り、グループステージを首位で突破した。

シーンについての議論

このようにVARの結果は「エリア内に残っている」であったが、イギリスオーストリアメディアから「誤審ではないか」「VARを過信しすぎている」という記事が散見された。一方でブラジルメディアTNT SPORTS」は動画検証のうえ「明らかインだ」として判定が正しかったとし、グループリーグで敗退したドイツメディアも「この判定はOK」と述べて受け入れている。

日本でも外に出ていたという意見があり、特にボールの接地点がライン外だからアウトというも見られるが、サッカーの場合は接地していない端面が線上に残っているかであり、接地点がどうとかは関係ないテニス卓球バレーボールバスケットボールなど、ボールの接地位置が判定基準になるスポーツも多数あるため混同したものと思われる。これらのスポーツでは逆に「ボール中でエリア外に出たけど接地前に押し戻したからセーフ」というプレーが行われることがあるが、サッカー中も含めたボールの位置で判定する為、中でラインえた時点でボールアウトした事になる。

「本当に1mmであったか」については誤差はあるだろうが、以下「TNT SPORTS」のツィートの画像を見る限り1mmという表現は大げさではなく、本当に際どいところであった。ただ確かに言えることは「ボールの端面と線の間に緑色の芝が見えないので、(画像を見る限りでは)インの状態」ということである。

12月3日FIFA公式Twitterアカウントが当該シーン横から撮した動画を添えて「ゴールラインカメラ画像を使用して、ボールがまだ部分的にライン上にあるかどうかを確認した。」とツィートし、めてVARの判断が正しかったことを追認している。

その他

2018 FIFAワールドカップから導入されたVARビデオアシスタントフェリー)は2022 FIFAワールドカップでさらに強化され、各方面からのカメラ画像だけでなくボールに埋め込まれたチップによってオフサイドラインえたかどうかの判断がされるようになり、これまでの際どい判定がさらに厳しくなったとされている。

な例としてアルゼンチンサウジアラビアの試合ではアルゼンチンが先制したもののその後3度の追加点チャンスオフサイド判定で取り消され、その後サウジアラビアに逆転負けを喫する「ルサイル奇跡」が起きている。日本も初戦のドイツ戦で先制ののちあわや追加点を決められたに思われたが、VARによってオフサイドの判定がされて助けられ、後半逆転し勝利という「ドーハの歓喜」の一因になった。

このような状況の中今回の事が発生したことで、めてVARの介入への適応がめられることになったが、特に視ではプレーが止まると思ってもVARによってインプレーのままの裁定が下ることがあることから、ダメだと思って諦めてはいけないということである。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/07(火) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/07(火) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP