今注目のニュース
『偽山P』からのメールを無視していると? 「斬新な展開」「笑いすぎて泣いた」
26年前に中学教師から受けた「性被害」、訴えた教え子が敗訴 「時間の壁」越えられず
ニコンの知る人ぞ知る名品「ニコンようかん」が通販終了 悲しむファンにわずかな光明が……!

三菱UFJニコス単語

ミツビシユーエフジェーニコス

掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

三菱UFJニコスMitsubishi UFJ NICOS Co., Ltd.、略称:MUN)とは、日本クレジットカード会社である。

三菱UFJフィナンシャルグループ子会社

概要

DC」「NICOS」「MUFGブランドカードを発行している会社で、三井住友カードJCB、クレディセゾンをいで日本クレジットカード会社としては最大規模を誇る。
現在、上述した3ブランドカードを発行している。一時期は「MUFGカード」に統合する予定であり、「UFJカード」の「MUFGカード」への統合、「DCカード」「NICOSカード」の発行停止も行われたが、結局「DCカード」「NICOSカード」の発行が再開されたので、「UFJカード」が消えただけとなり、当分は3種類のカードブランドが並立することになった。

前身の会社は3つあり、そのうちの1つは1951年に設立された「日本信用販売株式会社」が前身である。
当初、同社のクレジットカード発行業務は三和銀行現在三菱東京UFJ銀行)、東洋信託銀行現在三菱UFJ信託銀行)と共同で出資した「日本クレジットビューロー」が行っていたのだが、1966年に「日本信販株式会社」に称し、自らクレジットカード発行を行うようになった。
ちなみに日本クレジットビューロー(Japan Credit Bureau)とは現在の「JCB」のことで、三菱東京UFJ銀行式を所有していることから、今日でも関係ではない。
なお、当初のブランド名は社名をそのままローマ字にした「Nippon Shinpan」であったが、1991年に「NICOS」に変更している。
2002~2003年不祥事が発覚したため、経営を刷新することになり、2004年にUFJ銀行現在三菱東京UFJ銀行)の子会社となった。

残る2つは、1968年東海銀行現在三菱東京UFJ銀行)系として設立された「株式会社ミリオンカードサービス(→株式会社UFJカード)」と1967年三菱銀行現在三菱東京UFJ銀行)系として設立された「ダイヤモンドクレジット株式会社(→株式会社ディーシーカード)」である。

2005年10月東京三菱銀行とUFJ銀行が合併して、三菱東京UFJ銀行となり、クレジットカード会社が3つ存在することになってしまったため、「日本信販株式会社」が「株式会社UFJカード」を吸収合併して、「UFJニコス株式会社」となり、2007年4月1日に「株式会社ディーシーカード」も吸収合併して、現在の社名となった。
3つのカードブランドが並立しているのは上記のような経緯によるものである。

一時は一部の提携カードを残して多くのカード止されたが、近年ではまた方針を転換しており、発行を再開したカードDCNICOSブランドを中心にいくつか存在している。

なお、三井住友銀行三井住友カードと、みずほ銀行がクレディセゾンと提携してキャッシュカード一体カードを発行しているのに対し、三菱東京UFJ銀行の場合は「三菱東京UFJ-VISA」としてキャッシュカード一体クレジットカードを直接発行しているが、三菱UFJニコスはその保業務を請け負っている。

クレジットカードの種類

クレジットカードは前述した通り、3つのカードブランドが存在する。

MUFGカード

三菱UFJニコスとなってから誕生したカード。当初は全ブランドを統合する予定だったが、前述の通り、UFJカードを統合したのみで全統一はなっていない。

ブランドVISAMasterCardJCBAMERICAN EXPRESSの4つ。ただし、カードによっては発行できるブランドが限られているものがある。

MUFGカードゴールドは、年会費2,000円(税込)で厳しい審基準もなく、手軽に取得出来るゴールドカードさきがけとして大きな話題を集めた。

提携カードとしては、鉄道会社の京急名鉄と提携した「京急プレミアポイントゴールド HANEDA AIRPORT PLUS」や「MEITETSU μ's Card」、それにリクルートと提携した「リクルートカード」などがある。

また、JCBイオンと共にディズニーミッキーマウスデザインされたクレジットカードも発行している。

後述するDCカード同様、グループ会社が発行するカードも存在する。

DCカード

旧・東京三菱銀行系のカード

ブランドVISAMasterCardの2つ。ただし、カードによっては発行できるブランドが限られているものがある。ちなみにMasterCard日本初の提携で1969年から発行開始している。

最も著名な提携カードJALカードであろう。他にも、「DC Honda Cカード」や「SKYPASS DCカード」などがある。

また年会費無料カードとして、リボルビング払い専用カードである「DCカード Jizile」がある。

JCB同様、フランチャイズFC)として地方銀行系のカード会社が発行するカードも存在する。

NICOSカード

旧・日本信販系のカード

ブランドVISAMasterCardの2つ。ただし、カードによっては発行できるブランドが限られているものがある。

かつては多くの提携カードが存在したが、多くが止されてしまった。現在でも募集を継続している提携カードとして挙げられるのは、「Tokyo Metro To Me CARD」や「ぴあ NICOSカード」などである。

特筆すべきは、2009年12月に一度は新規募集が停止されながら、2013年3月に復活を果たした「VIASOカード」であろう。オートキャッシュバックVIASO eショップといった特長があり年会費も無料なのが人気の要因であるが、2014年から様々な作品とコラボを果たし、多くのデザインが発行されている。
これにより三菱UFJニコスは、三井住友カードオリエントコーポレーションオリコ)、ジャックスと共に「痛カード」の発行会社としても知られるようにもなった。

入会インターネット限定であり、様々なネットユーザーを対としている。
2015年1月22日時点で発行されているのは、通常の「VIASOカード」のほか、「マイメロディ VIASOカードデザインは2種類)」、「VIASOカードくまモンデザイン)(グリーンピンクの2種類)」、「VIASOカードふなっしーデザイン)」、「浦和レッズ VIASOカード」、「VIASOカードトランスフォーマーデザイン)」、「VIASOカードけいおん!デザイン)(キャラクター楽器の2種類)」、「VIASOカードラブライブ!デザイン)」。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/23(金) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/23(金) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP