三重交通単語

ミエコウツウ

3.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

三重交通株式会社とは、三重県津市に本社を構えるバス事業者である。通称「三交」(サンコウ)。
三重県内を営業エリアとしている。 

歴史

三重交通は1931年伊勢自動車として創業したのが始まり。その名の通り、伊勢電気鉄道(現:近鉄名古屋線等)下のバス会社であった。
1944年には北勢電気鉄道三重鉄道電気鉄道志摩電気鉄道三重乗合自動車自動車を吸収合併。現在の三重交通に商号変更。その当時は鉄道バス兼業事業者だった。
1964年には鉄道部門を三重電気鉄道として分割、翌年には三重近畿日本鉄道に吸収合併され、
三重交通はそれ以降バス専業事業者となる。

1985年にはスキーバス転落事故(25名死亡、8名重軽傷)を起こし、以降は少しでもが降る予報がある場合はタイヤチェーンを必ず巻くようになっている。

高速バス・特急バス

※があるものは特に決まった称がない。
要停留所のみを記載。 

廃止された路線

路線バス

基本的に三重県内の路線バスどを三重交通が運行している。一部路線は愛知県内に乗り入れており、名古屋駅では名鉄バスセンターに乗り入れている。

伊勢市宇治山田駅伊勢神宮の間の参拝需要が大きいことから、内宮と外宮を結ぶ臨時バスが運行されることがあるほか、連接バスとして「ライナー」が導入されている。
連接バス近鉄四日市駅キオシア四日市工場間を結ぶ路線にも導入が計画されている。これまでは続行便を出したり、直行バスを設定するなど対応していたが、半導体需要により工場の拡大が進んでいることから導入が進められることになった[1]

IC乗車券

2016年4月1日より三交グループバス(分社の三交伊勢志摩交通/三重急行自動車/八バスの3社含む)で使えるハウスカード(独自乗車券)の「emica」の運用を開始するほか、
10ブランドIC乗車券(Kitaca/Suica/PASMO/toica/manaca/ICOCA/PiTaPa/SUGOCA/nimoca/はやかけん)の使用も可となるが、チャージは三交内エリアではできないので、事前コンビニ等でチャージする必要がある。
なおPiTaPaに関しては、西日本JRバスと同じくポストペイ(クレジット)扱いでの決済となる。
【注意】三交グループでも、名阪近鉄バスに関しては導入未定

このIC乗車券導入により、従来から運用されていた磁気プリカおよび紙回数券の発売は停止となる(ただし現在保有している分に関しては使用は当面の間可)。

定期券についても2018年8月21日に対応し、基本的に定期券は発売されなくなった。

高速バスでは基本的に使用不可。ただし、南陽高速線等の短距離高速路線は例外として使用可となる。

かつての鉄道事業、その後

三重交通傘下の分社バス会社一覧

関連動画

関連項目

脚注

  1. *ちなみに競合する三岐鉄道バスも既に連接バスを導入している。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/03(日) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/03(日) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP