今注目のニュース
「ネット犯罪、自分は遭わない」未成年の大半 「自撮り送って」経験の女子高生は7%
海中に住むサメのお腹の中から渡り鳥が見つかった理由
「ここにいてはダメです」 江戸川区の水害ハザードマップが“正直すぎ”て注目を集める 「まさかどっか行けって言われるとは」

三銃士単語

サンジュウシ

掲示板をみる(36)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

三銃士(原題:Les Trois Mousquetaires)とは、フランス小説家アレクサンドル・デュマ(大デュマ)による小説作品。

曖昧さ回避

概要

長編小説シリーズダルタニャン物語』(D'Artagnan)の第一部に当たる。1844年にフランスの新聞に連載された。
実写アニメ人形劇等により何度も映像化されている。

表題の士』(ムスケテール)は、当時最新式のマスケット銃を装備した乗歩兵のこと。
下層階級からも広く隊員を集めた為、出世街道に乗りたい若者の参加が相次いだ。そのため隊はかなり荒っぽく、作中でも真剣を使った手合せを行っているさまが確認できる。
時にはパリ近衛兵を務め、士気の高さもあってルイ13世のお気に入りだったと伝えられている。また、その気質から宮廷やパリ市民からの人気は高かった。
なお作中ではマスケット銃は活躍せず、ほぼでの戦闘となる。なので最初は違和感があるかも知れない。

あらすじ

フランスの片田舎ガスコーニュ出身の若者、ダルタニャンの最初の物語

田舎貴族息子ダルタニャンは、士になる事をしてパリに上する。ところがその中で騎士とその仲間を相手に諍いを起こし、奮戦するも返り討ちに合う。更には気絶している間に、に書いてもらった紹介状を盗まれてしまった。
どうにか士隊隊長トレヴィルとの謁見には成功するが、騎士が再び現れ逆上、追いかけようと部屋を飛び出してしまう。だがそこで士隊でも高名な「三銃士」の一人アトスと揉め事を起こし、決闘する羽になった。
結局、騎士を見失ったダルタニャン。更に悪い事は続き、「三銃士」のポルトス、更にアラミスとも揉め、時間をずらして三人全員決闘する運びとなる。

覚悟を決めて三銃士との決闘に赴くダルタニャン。アトスの介添人としてポルトスとアラミスも登場し、一同は奇妙な成り行きに驚きつつも、まずアトスとの決闘を行おうとする。ところが決闘が始まった途端、リシュリュー枢機卿の護衛隊が現れた。士隊と護衛隊の反は長年の因縁で、ここぞとばかりに彼らは私闘を理由に一堂を逮捕しようとする。ダルタニャンと三銃士は共闘し、客で知られる護衛士ジュサックを下す戦功を上げた。
この事件によってダルタニャンは三銃士と和解、生涯の友情を誓う事となった。トレヴィル、ひいては国王ルイ13世からもその活躍は注され、一置かれる存在となる。

フランスの宰相・リシュリュー枢機卿はフランス、ひいては自身の利益の為、敵たるハプスブルグ出身の王妃アンヌを排除しようと、密かに暗躍していた。
心の悪女ミレディー、騎士ことロシュフォー伯爵を使い、大使として来したイギリスの宰相・バッキンガムと、密かに想いを通じる王妃の秘密を知る。この不倫国王に知れれば、王妃は不貞の罪によってを追われる事だろう。

いまだ士ではないものの、ダルタニャンはパリでの暮らしを満喫していた。そんな折、のボナシューから「行方不明になった妻を探してください」と持ち掛けられ、義侠心からこれに同意する。
ボナシューの妻コンスタンスは王妃の女として宮廷に出仕していた。バッキンガムと王妃の瀬を取り持つ役として密かに動いていたコンスタンスだが、リシュリュー枢機卿の手の者に誘拐されて利用されようとしていたのだ。
事にコンスタンスを救出したダルタニャンだったが、若く美しい人妻に一してしまう。コンスタンスもまた、自分を救いに来た騎士に想いを寄せるのだった。

やがて王妃と公爵ならぬは、を揺るがしかねない大事件へと至る。窮地に追いやられた王妃を救うべく、イギリスへの決死行に赴くダルタニャンと三銃士。
苦難を乗り越えて共に戦う彼らの活躍を描いた、一大冒険譚である。

登場人物

補遺

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/05/25(土) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/25(土) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP