三陸鉄道 単語

216件

サンリクテツドウ

3.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

三陸鉄道とは、岩手県に存在する第3セクター鉄道事業者である。略称は三鉄。

2013年に放送された連続テレビ小説あまちゃん」に登場する「北三陸鉄道」のモデルになったことでも知られる。

概要

国鉄の財政悪化に伴い赤字ローカル路線の一部は止されることになったが、その路線を引き継いだうえで建設中の区間を完成させる形で開業した会社である。設立は1981年で、盛線(盛~吉間21.5km)・宮古線宮古~田老間12.8km)・久慈線久慈~普代26km)と建設中の吉~釜石間・田老~普代間を引き継いで1984年4月に開業した。なお、日本で初めての第三セクター鉄道会社でもある。

日本初の第3セクター鉄道という話題性と、明媚な三陸海岸を堪できる[1]ということもあって開業当初は黒字経営であったが、10年後には赤字に転落してしまう。2007年には岩手県をはじめとした沿線自治体支援を表明し、上下分離方式へ移行した。

独自にオンラインショップexitを持っており、購入支援などをしたい人はこちらを参照することをおすすめする。

2019年3月23日に、JR山田線宮古~釜石間が当鉄道に移管された。これにより、日本第三セクターでは最長の163kmとなった。

路線

久慈163.0kmを結ぶリアス線運営している。かつては盛~釜石間の南リアス線宮古久慈間の北リアス線に分かれていたが、その間にあったJR東日本山田線東日本大震災からの復旧に当たって三陸鉄道に譲渡されたため、一体の路線として運行されるようになった。

ただし届出上の路線名は変更されていないため、正式な「リアス線」は釜石宮古間のみであり、区間は一直線であるが路線名としては南リアス線リアス線北リアス線の3路線のままとなっている。

車両

現在の車両

過去の車両

東北地方太平洋沖地震の影響

三陸鉄道は2011年3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震被害を受け、特に沿部を走る北リアス線の一部は津波による壊滅的な大被害を受けてしまった。

被害の少なかった北リアス線宮古~小本間・陸中野田駅久慈間では1か以内に運行を再開したが、残る南リアス線全線および北リアス線小本陸中野田駅間では運休が長期化。支援によって復旧が行われ、2014年4月6日に全線で運転を再開した。

北リアス線と南リアス線

2011年11月3日岩手県2011年度一般会計補正予算9月補正(設計費など5億7500万円)を確定したことにより本格的な路線復旧工事が始められた。なお、復旧工事費は約110億円で、地方過疎路線への投資額としては破格の多額出費となった。
82.5kmという長大距離(1周34.5 kmの山手線の2.4周分)の復旧ではあるが、元々三陸鉄道自体がトンネルが多い路線であること、三陸鉄道自身が期に3分の1を自復活させたことなどによりこの額にとどまっている。復旧工事そのものは鉄道・運輸機構が担当し、久慈市内に鉄道建設所が開所されていた。

2012年4月1日北リアス線の田野陸中野田駅間が運転再開し、2013年4月3日には南リアス線の盛~吉間が再開。そして2014年4月5日南リアス線が全線復旧し、翌4月6日北リアス線も戦線で運転を再開した。これに伴い、公式ブログにて以下のように発信している。

式典には、駐日クェート大使を始め、たくさんのご来賓の方にもご出席いただきました

他のでも、たくさんのお見送りやお振舞いをしていただきました
めて三陸鉄道は、たくさんの方々にされてる鉄道なんだなぁと実感しました

三陸鉄道は、ご支援して下さった皆様への感謝の気持ちを忘れず、
社員一同精進してまいりますので今後とも三陸鉄道をどうぞ宜しくお願いいたします

駐日クウェート国大使館のアルオタイ大使が式典に参加したのは、クウェートから間接的な支援を受けたためである。震災時にクウェート国提供した原油が現化され、それが被災地に分配された結果、新購入に繋がった。こうして製造された新潟トランシス製36-700形の側面には、アラビア語英語日本語による感謝の言葉と、クウェート章が掲示されている。

また、台湾鉄路管理局台鉄)から「東日本大震災の復支援に協したい」との申し出があり、2016年6月姉妹鉄道協定を結ぶ。これにより、岩手県内の第三セクターであるIGRいわて銀河鉄道と三陸鉄道が同時に台鉄との姉妹鉄道となる。

山田線の経営分離と新生「リアス線」

上記の通り三陸鉄道の路線は2014年に全線が再開したが、両路線を結ぶJR東日本山田線(釜石宮古間)は採算の問題から手つかずの状態であった。当初は気仙沼線大船渡線同様にBRTによる復旧が予定されていたが、地元自治体鉄道への復旧を要して譲らず、復旧計画の再構成が行われることになった。

その結果、復旧工事はJR東日本側が行い、再開後の運営は三陸鉄道が引き受けることになった。そして2019年3月23日に三陸鉄道のリアス線として再開業し、運転を再開した。

三陸鉄道の社員たち

鉄道むすめ

久慈ありす(CV:藤村歩)

vol.2より登場している三陸鉄道所属の運転士北リアス線担当)。
詳細は久慈ありすを参照。

釜石まな(CV:中村繪里子)

当初は出版社に勤務していたがUターンして三陸鉄道に就職、現在は盛駅員となっている。
名前の「まな」はハマナスから。

のまゆりは出版社の編集長(年齢はヒミツ)。

鉄道ダンシ

三陸鉄道独自の取り組みとして男性版の「鉄道ダンシ」を募集し、2012年4月1日付けで入社している。現在は権利を外部に譲渡しているものの、なんだかんだで10年以上続く企画となっている。詳しくはこちらexit

関連動画

関連静画

関連コミュニティ

関連項目・外部リンク

脚注

  1. *もっとも地形の関係上トンネルが多く、特に南リアス線区間は付近以外の大部分がトンネルである。
  2. *三陸鉄道公式サイトには36-2110形と記載。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
ニコニ広告[単語]

提供: もぎもぎバナナ♂とろ~り練乳添え

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/17(水) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/17(水) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP