下水道単語

ゲスイドウ

  • 8
  • 0
掲示板をみる(10)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

下水道とは、

  1. 地方公共団体などが整備する汚流下管渠及び処理施設・設備の総称
  2. ニコニコ生放送の一人 → 下水道(生放送主
  3. ロマンシングサガBGMのひとつ → 世界一カッコイイ下水道

である。ここでは1.について説明する。

概要

 人間の生活などにより発生する汚を集める管渠施設・ポンプ場施設、それを浄化・放流するための処理場施設。

 大概の都市には共施設として設置されており、歴史のある下水道も多数存在している。

歴史

 人類が都市生活を送るにあたって、生活排・汚の処理は必要不可欠な要素であった。これを怠ると伝染病が発生しやすくなり、都市の機に支障をきたすようになってしまう。そこで登場するのが下水道である。

 下水道の歴史は古く、人類が都市文明を築き始めたメソポタミア文明の頃から下水道の機を果たしている遺跡が見つかっている。その後、ローマをはじめとする古代の大都市にも下水道は備えられた。産業革命以降、都市に人口が集中するようになるとさらにその重要度は上がり、下水道はますます不可欠なものとなった。

 一方、日本では弥生時代に集落の周りを溝で取りまいた環濠というものが治や用、さらには雨水を排除するための排路としての機をもっていたと推定されている。日本では近代までし尿は肥料として使われていたこともあり、便所み取り式で、これが下水道の発達を遅らせることになった。
 詳しくは(社)日本下水道協会exitの「日本の下水道の歴史exit」を参照されたい。

 なお、平成24年3月末現在の日本での普及率は75.8%exit[1]であり、これは先進国としては低い値となっている。地域格差も著しい。

本来の目的以外で使われる下水道

 下水道の規模が巨大化すると、都市と切っても切り離せない存在でありながら普通の生活ではまず接することのない地下に存在していると言う理由で、人に触れるとまずい事柄に用いられることが現実創作問わずに多数ありうる。

主な使用目的

  • 移動手段(施設への侵入、都市内の移動・逃走経路)
  • 潜伏場所(なんらかの事情で一般社会で生活できなくなった人間が潜む場所)
  • 危険地帯(得体の知れないなにかが潜む都市内の未踏領域)

あるいはこれらが組み合わされて使用される場合がある。

 フィクションにおいては、人類が都市生活を始めて以降は必要不可欠なものであったため、西洋世界観を持つ作品であるならたいていの場合は舞台装置として機する。
 東洋世界観であっても近代以降であれば十分に通用する。(ただし、都会の大幹線管きょのみである。庭から出たすぐの管きょ(通常、面整備管と呼ばれる)はほとんどがφ150mm~200mmの小口径管である。)

 現実においても『捨てられたペットワニが下水道で生き延びているらしい』といった都市伝説の類の温床となりやすい。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *東日本大震災の影により岩手県福島県の下水道普及率は統計の対から外されている。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/07(日) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/07(日) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP