不夜城のアサシン単語

フヤジョウノアサシン

7.5千文字の記事
掲示板をみる(32)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

武則天(Fate)とは、ソーシャルゲームFate/Grand Order』に登場するサーヴァントである。
真名開放前の仮称は「不夜城のアサシン」。

サーヴァントについてはサーヴァント(聖杯戦争)の記事を参照。

CV.井澤詩織

概要

2017年6月29日実装されたメインストーリー1.5部の第2章『アガルタの女』にて初登場。キャラクターデザインは『魔界戦記ディスガイアシリーズでお染みの原田たけひと氏。称は「ふーやー」。真名隠しされているサーヴァントであり、特定の条件を満たさないと本名が分からない仕様となっている。

一人称。所謂『のじゃロリ』特有の喋り方と「くふふ」という笑い方が特徴。かなり露出が多く、霊基再臨すると胸元をヒモ1本のみで隠す。エロゲの登場人物か何か?クラスアサシンだが、元々皇帝であって暗殺者ではないため、気配遮断がDと大変低い。その割には敵に気付かれる事イースび込んだり、アマゾネスの大群から傷で逃げおおせたりと隠密行動に長けた描写が見受けられる。

女尊男卑が蔓延る地底世界ガルタの北方に位置する勢のひとつ・の支配者。こそ正義という考えのもと際限なく電飾を増やし続けており、を問わずいて見える事からと称される。彼女の居は瑤殿(ようこうでん)と呼ばれ、普段は地下に格納されている。アマゾネスエルドラと女海賊イースは領土を巡って争いを繰り返す好戦的なであったが、は守りにしていて打って出る事はく、高いが外部からの侵攻を防いでいた。

彼女が治めるは、男を奴隷具としか見ていない他二と異なり、人となる女性に付き従いさえしていればある程度の人権自由を保障されているため、傍から見れば三の中では大分マシ社会を形成しているように見える。しかし実際は外出から睡眠時間まで女性加減で決まり、裁判ともなればほぼ女性側が勝訴するなど歪み切っている(男性同士の裁判であれば等になるらしい)。このため臣民と呼ばれるのは女性だけで、男性ペットのような扱いである。

加えて、に密告が推奨される監視社会であり、彼女の意に反する者は酷史(こくり)と呼ばれる処刑人によって衆の面前で残酷な拷問を受ける恐怖政治が布かれていた。密告した男性は褒美を貰えたり、より安全な地位に昇格できるとの事だが、「言葉遣いがなっていない」「不敬」「何となくムカついた罪」等の難癖を付けられて大体は処刑される。女尊男卑世界のため、酷史は女性のみで構成されている様子。恐怖の対は酷史だけではなく、警と呼ばれるクリーチャーらせており、不生きる男性は隙を見せた同性を売って生き延びるしかない。まさにディストピアだが、彼女自身はこの愛している。

支配者の立場でありながら、敵対勢イースへ単独潜入する肝っ玉の持ち。現地で偶然出会ったマスター達を幼女の見たを利用して警心を解かせ、本拠地の屋敷まで誘導。マスターイースライダー戦闘している隙に門のを盗み出し、攻めでイースを滅ぼすという切れ者っぷりを見せた。その後、「自慢したいから」との理由でマスター達を不へと招待。酷史や警の攻撃を搔い潜り、玉座の間まで辿り着いたマスター達を不夜城のキャスターとともに迎え撃つ。戦いに敗れて致命傷を負うも、彼女から発せられる威圧感は、追いつめているはずのマスター側をも気圧される程だった。が、その直後に天井を突き破ってきたヘラクレスによって踏み潰される。更に好機と見たアマゾネスの襲来を受け、不は陥落。そのまま退場するかに見えたが…。

とにかく拷問が好きで、自ら考案したり、実践してみたりと鬼畜の具現である…。酷史を召喚・使役するを持っており、自分の代わりに攻撃させる。メインストーリーでは私兵として量産して物量攻めを行ったが、用済みになると彼女自ら始末しているようだ。硬(こうべん)と呼ばれる鉄棒状のを得物にしている他、数の針を敵の周囲に召喚して突き刺すも披露。一方で人材登用にを入れており、実を持つ者は相応の場所でを発揮すべきという信念を持つ。

イベント虚数戦イマジナリスクランブル』の終盤で登場。邪神によって狂気に冒された楊貴妃(fate)へのカウンターとして召喚された。虚数間で戦うには水着霊基になる必要があるが、技術担当のスカサハ=スカディ(fate)から間に合わないと言われ、理やりメモリーチップだけを埋め込んで参戦。不夜城のアサシンに水着バージョンいからね、しょうがないね。叔母の立場から妃を一し、ゴッホ(fate)から宝具を借りて妃を縛り上げて見事化。自分のから出た錆を取り除いて見せた。ちなみに唐を傾かせた妃の事を恨んでいるらしく、拷問しようとしたがマスターに止められた。

真名

※1.5部二章『アガルタの女』 ネタバレ注意

中国史の女。唐の高宗の皇后となり、後に唐に代わり武周という黄金期を築いた女。その聡明さから数々の異名があるものの、FGOでは通りの良い「武則天」を名乗る。出生は言わばシンデレラ

時は7世紀。丁度日本では遣唐使でしられる”唐”の時代の初めの方にあたる。624年2月17日財産として誕生。父親は役人(政治家とも)であり、較的裕福だった事から高等教育を施されたが、この時点では一般市民の域を出ていなかった。ところが彼女12歳の時に父親が死去し、戚に預けられる。そこで待っていたのは従兄や異からの熾虐めであった。虐げられる日々の中で皇帝になる事を決心したため、サーヴァントとしての彼女は10代前半の時期を写したものと思われる。

生まれ持っての美貌により、13歳で唐皇帝である太宗結婚一気に后妃へと上り詰める。ところが彼女だったため太宗から次第に疎まれ、代わりに息子の高宗から寵を受けるように。17歳から唐の宮廷に入り、その収まり切らぬ才覚から「皇帝の次は女(武則天)が即位」という噂が立つ。649年7月10日太宗が死没すると、宮廷内に渦巻く権謀術数やい企みから逃れるため出寺院で尼僧となって修行に励む。しかし太宗に代わって位を継いだ王皇后彼女政治舞台に連れ戻し、側室に復帰させる。こうして宮廷に戻ってきた彼女は再び高宗のを受け、出産する。

……が、そこから彼女の苛政治手腕が発揮される。

子供を授かる事が出来ない身であった王皇后の誕生を快く思わず、祈祷師に武則天を呪殺するよう命じる。この企みに気付いた彼女は高宗に密告を行い、未然に防がれた。この一件で戦わなければ生き残れないと悟ったのか、攻撃的な性格に転じる。655年、武則天が何者かによって殺。武則天は政敵である王皇后と后妃蕭淑に疑いをかけ、庶民へ格下げする事に成功。加えて同年中に2人の四肢を切断してに放り込み、処刑した。敵を全滅させた武則天皇后の地位を獲得してみせた。ちなみに殺は武則天自らが起こしたというのが現代の解釈となっている。自分のさえも抗争の具に使うやべーやつと言える。皇后になった武則天病気がちな高宗に代わって強権を振るうようになる。閨閥政治(政略結婚)を重ねた末に、実質的に皇帝以上の権を持つ存在として治世を行って行く。

自身に反対する者の多くは長らく宮廷と血縁を重ねてきた貴族で、彼女はそれらの勢を削ぐために非貴族層から人材を発掘し、登用するという手腕でもって対抗。叩き上げの実者が取り立ててもらった篤い忠心をもって内政・外交両面で活躍してゆく。世界一難しい試験とされる科挙にもメスを入れ、貴族でなければ高い地位に就けなかったところを民出身の者にも就けるようにして格差を絶。特に660年に済を、668年に高句麗を滅亡させた事は武則天く戦果である。

同時に、いわいる密告とそれによる苛拷問を行う「酷吏」を配するという監視社会諜報網を敷くことで、貴族の体を削いだ。そんな彼女の横暴に叛旗する貴族も多くあったが、その悉くを返り討ち、苛な見せしめの後に処刑することによってその支配体制はより盤石となっていった。その果てに、皇帝の後継に息子たちを入り込ませるほどの支配確立。683年、高宗が亡くなると息子の太子哲が即位して中宗となるが、2か足らずで退廃に追いやり、後釜に座った宗も傀儡にして事実上の皇帝となる。仏教への造詣が深い彼女は、「武后は弥勒菩薩の化生であり、唐に代わって位に就くべし」という一文を大経と呼ばれる典に書き込ませた。690年に鳳凰などの瑞祥が現れたとして、女へ即位するとともに皇帝名乗り号を唐から周にめた。古代にも周があるため、区別の的で武周と呼称される。こうして中国史一の女が誕生。立った反乱が起こらなかった事から、意外にも彼女の治世は成功していたと言える。晩年は病床にせるようになり、705年に亡くなった。享年81歳と、当時としては異常に長生きであった(当時の寿命は59.3歳)。

彼女政治的評価は近代的とも言える人材登用をはじめ、的確に人を使い采配を振るった治者である一方、残虐な暴君の両面が合わさったものとされている。彼女があった期間を『武周時代』と呼称するほどに、その政治体制が他の中国の期間と一線を画している拠といえる。一方、結局彼女一代で″周”は後釜闘争で崩壊し、結局元の唐代の貴族流の体制に戻っていってしまう。儒教的にアウトなこと(女即位も含む)をたくさんやらかしているので中国本土での人気は低く、中国四大悪女の一人と数えられている。ただ中国男尊女卑であり、女の誕生は認められるものではなかったので悪女に仕立て上げられた面もある。 

余談だが、かなり信心深い。
ゲンが良いとされる言葉を知れば、それを元号に反映させるため、彼女の即位期間では数年スパンで元号が変わっていた。また、反対貴族王氏と蕭氏の処刑の際に、「武照(武則天)が生まれ変わったらになれ、私はに生まれ変わって食い殺してやる」という捨て台詞を信じ、宮殿内では禁止にするほど。

人物像

あどけない童女の姿で顕界しているが、中身は千山千のファーストレディ。気難しく、拷問をはじめとして他人を苛むことに良心の呵責はいため、付き合い方に気を遣うタイプの人格。生前、かなりの権者であったらしく、マスターとてそれなりの格式での付き合いを要する。その一方で大先輩にあたる始皇帝(fate)には敬意を示し、政治についてり合いたいと考えている他、上恵まれなかった蘭陵王(fate)には同情してスカウトを試みるなど、誰彼構わず拷問にかける訳ではない。イカ腹のつんつるてんな出で立ちながらパーフェクトボディといって憚らない。露出が多い装をしているのは、体を見せびらかすためと思われる。だが、マイルームのセリフとかを見るに嗜好が色々子供っぽくなっているようで、マスター若干子ども扱いしているところがある。

不遜な性格だが、女に成り上がるまでに血を吐くような苦労を重ねてきた努であり、その事に自信と誇りを持っている。このため努を否定するような事を言われると昂する。その時の威圧感たるや、幼女とは思えない女格。女になった後も自分磨きのために努し、幕間の物語では弱点をしようと奮闘する彼女の雄姿が見られる。また努を怠る者を嫌っており、怠惰刑部姫(fate)に対しては「泣かせたい」といている。不遜な態度は、積み重ねてきた努に裏打ちされた自信の表れと言える。収入は不明だが皇帝らしく持ちで、バレンタインイベントではマスターのために高級陶器を器にしたチョコフォンデュと、高級果物の盛り合わせを用意。誕生日限定ボイスでは欲しい物を何でも与えるという王の格を見せつけた。甘党なのか、よく甘いをねだる。

一方で自分は権威を持ち、恐れ敬われる立場であったものの、尊敬できる人物に出会えなかったことを惜しく思っている。そのため、召喚がった場合、マスターを自分の認め得るパートナーとして鍛えるべく治世についてのノウハウを教え込もうとする。マスターの事はとても気に入っているらしく、メインストーリーで見せた残虐性は鳴りを潜め、言う事を聞かないサーヴァントがいたら密告するよう促している。それどころかLv5になると共同で国家運営したいという、告白とも取れる言葉を贈るように。

また、本人が思う全盛期黄金期の姿で召喚されると言うことは即ち……。

弱点として、幽霊が嫌い。この2つをの前にすると権威や嗜虐性はどこへやら、見た通りの幼女となる。ジャガーマン(fate)タマモキャットフォウ君などっぽい存在も例外ではない。

サーヴァントとしての能力

ステータス

宝具

告密羅織経(こくみつらしょくけい)
ランク:B / 種別:対人宝具 / レンジ:1~3 / 最大捕捉:1人

彼女の統治時代に書かれた拷問官たちのハウツー本。この宝具は「自由に罪人を生み出せる」国家法則の体現でもある。使用すれば彼女拷問する側、敵は問答用で拷問される側になる。本来であれば多種多様な拷問方法を使用可だが、最近はかつて政敵を始末した際使用したの入った拷問用にアレンジしたものをよく使っている。

「相手を生かしながら殺し続ける」という矛盾した特性を持つ。『アガルタ』最終盤、この宝具マスター達に逆転のきっかけを与え、見事勝因となった。彼女がいなければ確実に敗北していたと思われる。

性能

同時期に実装されたエルドラドのバーサーカーと並んで4サーヴァントでありながら5サーヴァントに迫る強カードスキルを持つ。

その中でも特筆すべきは第3スキル『女カリスマ』であり、一部の5サーヴァントが持つ『カリスマスキルよりも倍率が若干高いだけでなく、Quick性を上昇させる効果もついている。Quickがウリの本人に後者の効果が及ばないのは残念だが、全体支援スキルの中でも最上位に位置する性である。

カード構成はアサシンとしてはしいQ2A1B2のランサー構成。本人のArtsやQuickによるNP効率・出し性も高く、第2スキル皇帝特権』によって確率依存ではあるが単独でメインアタッカーに迫る火力叩き出す事もできる。周りにQuickが得意なメンバーで固め、『女カリスマ』でQuickの弱い攻撃を補いながら、『拷問技術』などで難敵を弱体化させて一気にサポーター気質。タイミングさえそろえば彼女が殴りかかっても十分な打撃が出る一方、条件が重なるタイミングをちゃんとコントロールできるマスター向けという少しクセのあるポテンシャルを備えたサーヴァント

余談

2021年9月中旬頃、FGO中国版にて中国出身のサーヴァントが一斉に規制を受ける事態が発生。不夜城のアサシンは「暗匿者170」の名に変わり、真名が「不的暗匿者」という偽名が本名のようになってしまった。イラスト燥な暗殺者に差し替えられ、プロフィールボイスマテリアル削除も行われたとの事。武則天の名はくなり、実質オリジナルキャラになったと言える。今になって規制が入った理由は中国国家方針(史実の人物への正しくない創作表現規制)への配慮であるとされる。

10月下旬頃、「周照」という名称になり復帰。(周は武則天したの名)

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 30ななしのよっしん

    2021/09/16(木) 06:33:57 ID: qUUCqjyiFX

    戦闘用のバトルグラだけそのまま(消し忘れてるだけかもだけど)でそれ以外…
    特にプロフィールとか来歴、設定項底的に消されて
    真名も替えられたから問題はデザインじゃなくて存在そのものだと思う

    今進行中と言われてる新しい規制歴史上の人々の項に引っかかったのと
    元ネタが今の共産党的にあまり好ましくない存在だからじゃないかって言われてる。
    この調子だと中国系のは全部時間の問題じゃないかな

  • 31ななしのよっしん

    2021/09/16(木) 13:01:18 ID: 1tl7aMZ6pJ

    始皇帝含めて片っ端から規制されましたね

  • 32ななしのよっしん

    2021/10/05(火) 14:15:14 ID: VvVQIiUbJ3

    始皇帝陛下、アナタの焚書坑儒は中国政府事継承してくれましたよ(皮)

    ……駄だこいつら、いい加減にどうにかしないと。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/07/03(日) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2022/07/03(日) 07:00

ポータルサイトリンク

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP