不思議単語

フシギ

1.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

不思議とは、

  1. 上手く説明できないこと。
  2. 仏教で人の知る由もないこと。
  3. 常識なこと。
  4. 不審なこと。
  5. 学校カーストにおいてどの区分にも属しない、または区分分けが難しい浮いている子。不思議ちゃん、不思議くん。
  6. 中森明菜の曲。
  7. スピッツの曲。
  8. 金子みすゞ作詞合唱曲

である。

概要

現代科学現代医学明できなかったり、起きる確率が著しく低いもの、確かに起きている事などに用いられやすい。もちろん科学的・医学的に解明されていて、仕組みが分かっていても不思議なものは沢山ある。

不思議なデザイン・表現などは、掴みどころがなく変わったな気分にさせてくれるほか、独特のセンスになり、インターネットを伝搬し電子ドラッグネットミームにされる場合もある。

手品奇術などはトリックがあっても分からなければ「どうしてこうなった?」といった不思議現を楽しむものだが、逆転の発想子供騙しのでもできるような笑ってしまうような簡単な仕掛けである場合もしくない。

さな子供や動物などは身の回りの不思議なものや現興味を持ちやすいが、反面、危険性を判断できないためうっかり手を伸ばして怪をする事例も多いので要注意。

違和感を感じた際に不思議を感じることがあるが、危機管理としても有効。
(例:をかけて出かけたのに開いている → 室内で泥棒と鉢合わせした)

悪用するもの

悪徳商法・詐欺カルト宗教など、トリックのある「不思議な事」を使って無知な人に効果や効・利益・現状を錯覚思い込みをさせることで不安を煽る、思い通りに従わせる、利益とするえげつない連中もいるので注意。

偶然や奇跡などを装い、幸福な経験や成功体験などで引き付けるといった手段もある。
都合の良い「うまい話」にはご用心である。

フィクションにおける不思議

創作作品であるため不思議なアイテム、特殊キャラクター世界観に事欠かない。

不思議な事について丁寧に説明される作品もあれば、視聴者に想像させる、物語が進むごとに徐々に明らかになっていくなど作品によって差異がある。重要な伏線として終盤まで温存される場合もある。

味方や周囲、敵対者の矛盾した行動・様子・発言・跡などを不思議に思い、の存在や弱点、計画意図を見抜くといった展開も割とよくある。

不思議さも作品をるひとつの魅といえよう。

キャラクター・性格として

不思議キャラ・不思議ちゃんと呼ばれる場合もある。

アニメ漫画の登場人物として、独特の感性・センス・掴みどころのない人物も多い。

マイペースで何事にも動じなかったり、変な所で思い切りがいい、割とよく見ている、レア雑学を知っているなどタイプは様々。物語を進展させるヒントを探し出すこともある。

何事も動じないことから半ばクールキャラを兼ねている場合もある。

関連動画

関連静画

関連リンク

不思議の含まれる項目

その他、作品サブタイトルが「不思議な~」といったも多い。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/21(水) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/21(水) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP