世界線 単語

42件

セカイセン

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

世界線とは、相対性理論などで提唱されている概念であり、「四次元の中である粒子が動く経路」のことである。

概要

本来の意味から生して、SF作品などでは「パラレルワールド」の同義として使われることも多い。

アニメ化もされたゲームシュタインズゲート」作中でも世界の一つの可性を表す用として「世界線」が使われ、同作が人気を博したことからこの言葉の普及に大きく貢献した。

そのため「世界線」と言う言葉が「シュタインズゲート」が元祖だと勘違いされることもあるようだが、実際には冒頭に記したように学術分野の用である。

さらに「パラレルワールド」のような意味で使用したのも「シュタインズゲート」が初と言うわけではなく、より古い複数のSF作品で既に使用されている。

「シュタインズゲート」における「世界線」

世界線は無限に存在するが、世界はただひとつの世界線に必ず収束しており、別の世界が同時に存在することはない。また、世界線の近傍において、ある程度の揺らぎはすべて同じ未来に収束してしまう現が起こる。つまり、どんな行動を起こしても結果が定められてしまい、そこから逃れることはできないものとされる。

世界線が移動する場合、前の世界は消えてなくなり、新たに世界が再構成される。その時、その世界の住人に世界線の移動を観測することはできない。ただし、岡部倫太郎にはリーディングシュタイナーと呼ばれるがあり、一移動を観測することができる。またその場合、ダイバージェンスメーターという装置を用いることにより、元いた世界とどれぐらい異なる世界線にいるかがわかる。

なお「パラレルワールド」は複数の世界行して存在していると解釈されるのが普通なので、「シュタインズゲート」における「世界線」と厳密には「パラレルワールド」は同じものではない。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/21(日) 23:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/21(日) 23:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP