今注目のニュース
パイロットに成りすまし15回以上も無料で飛行機に搭乗していた男を逮捕(印)
沢尻容疑者の代役に川口春奈 偶然の一致に「鳥肌立った」と騒然
アニメ『鬼滅の刃』特典CDでイスラム教に関わる「音声の不適切使用」 アニプレックスが謝罪・回収発表

中国脳単語

チュウゴクノウ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

中国脳(China brain)とは、

中国人ってたくさんいるから、ちょっと中国人10億人呼んで、一人一人に細胞一つずつの役をやらせ人間をシミュレートしてみようぜ!そのシミュレートされたって、ちゃんと意識とか持ってんのかな?」

といった感じのアイディアである。

概要

そんなくだらないことに10億人も動員される中国人たちがかわいそう!

と憤慨した優しいあなたは安心してほしい。これは実際の計画ではなく、あくまで哲学的な問題を考える上での思考実験である。

中国人10億人にトランシーバーを配り、人間細胞が行っている方法を真似て、各々で情報伝達をさせる。そして全体として一個の「」として機させる」というのが大筋である。

なお、人間内の神経細胞の数は数億はあると言われているので実際には10億人では数が足りないし、そもそも細胞がどのように機しているのか全にはわかっていないので「真似る」にしてもどうすればいいのかはわからない。しかしこれは「思考実験」なのでそう言った細かいことは視する。とにかく「うまく実行できた」と仮定して考える。

さて、この「中国脳」は人間の「」をうまく模倣できたので、例えば人と会話したりすることもできるだろう。会話の内容によっては怒りや悲しみといった反応を返すかもしれない。

このときこの「中国脳」は、意識や感情を持っているだろうか?クオリアを感じているだろうか?

それとも、あくまでそのように模倣しているだけで、意識や感情やクオリアを持つことはいのだろうか?

由来

元々は、1978年哲学者ネド・ブロックが論文内で取り上げた、たとえ話である[1]。ただし類似のアイディアの先駆者はいたらしい。

機能主義への批判

この論文で、著者のブロックは「心」に関する哲学における「機義」(functionalism)への批判を行っており、この「中国脳」も機義を批判する文脈で登場した。

ここでいう「機義」とは、「ある「心の状態」(例えば「悲しみ」)は「内のどの神経が活動しているか」といった単純な「物質的状態そのもの」では定義できず、「その内の物質的状態が、全体の中でどういった機を果たしているか」によって定義される」とする立場である。単純に「のこの神経が活動している状態が「悲しみ」だ」とするような言説では、「ではその神経から取り出して実験室で刺するだけで、そこには「悲しみ」が生じるのか?」という批判が考えうるが、機義ならばこれを回避できる。

だがこの「機義」に基づけば「どのような物質的状態にあるか」ではなく「どのような機を果たしているか」が心の状態を決定することになる。裏を返せば「同じ機を果たす状態」ならば、その構成要素がどのような物質的状態であっても「同じ心の状態」とみなせる。「どのような物質的状態であってもよい」ならば、例えば細胞ではなくそれを模倣するようなチップが同じ機を果たしていても、「同じ心の状態である」と見なせる。これを機義から導かれる「多重実現可性(multiple realizability)」という。

この「多重実現可性」をさらに推し進めれば、10億の中国人たちが本物の人間と同じ機を果たしているならばそれらは「同じ心の状態」にあり、つまり本物の人間と同様に精性を備えていることになってしまうではないか……というのがネド・ブロックがこのたとえ話で提起したかった点であるようだ。

ブロックによる疑い

ネド・ブロックは、この中国脳が精性を備えるかについては「一見自明に(prima facie)」疑わしいと見なす。「直観にそう訴えかけてくる(rested on an appeal to the intuition)」とする。

直観以外の理由付けとして、「々は自分たちのは意識を持つことを、自分たちが意識を持つことから経験的に知っている。しかし中国脳についてはそうではない」「々のはなにかを「真似て」いるわけではないが、中国脳の働きは々のの働きの模倣/再現でしかない」とも摘する。

その上で、「そんな中国脳に精性を認めるような機義には問題がある」という論法で批判を試みたわけである。

ブロックはこの論考について、論文中では「Absent Qualia Argument(和訳例:クオリア如論考)と呼んでくれ」と要している。「機義に対して、と同じ機を果たしているのにクオリアを持たない(と疑われる)存在(中国脳)を突き付けて批判する論考」という意味合いのネーミングかと思われる。

だが「中国人10億人でをシミュレートする」というアイディアの印が強すぎるので、「China brain argument」(和訳例:中国脳論考)とか「Chinese nation argument(和訳例:中国人民論考)」と呼ばれることも多い。

ただし、「中国脳が意識を持つかは疑わしい」というブロックに同意しなかった哲学者もおり、論争には決着がついていない。「の活動から意識やクオリアがどのように生まれるのか」については「意識のハードプロレム」等と呼ばれ、解明されていない。そのため、中国脳のような「の模倣」から意識が生じうるのか否かについても断言することが難しい。

ちなみにネド・ブロックによれば、この思考実験中国が選ばれている理由は、単に中国の人口が多いからであるらしい。

ロボットや人工知能の心

上記のように、中国脳に意識が生まれるか否かは「意識のハードプロレム」に関わる問題であるので未解明である。だがここでは試しに、「中国脳」に意識やクオリアは生まれない、と仮定してみよう。

すると、将来科学が進歩して人間全にシミュレートしているロボット人工知能が登場した場合でも、それらにも意識やクオリアは生まれない可性が高くなってくる。おこなっていることは同じで、そのシミュレート手段が「中国人10億人」であるか「コンピューター」であるかの差しかないためだ。

この場合、例えば「ドラえもんが実際に作成されて、子どもたちと友情をはぐくんだり、感動して涙を流したり、ネズミを恐れて飛び上がったり、自分の存在をかけて子どもたちを助けるために身を捨てるような行動をとった」としても、その「ドラえもん」は「外部からはそのように見える行動をとっているだけで、実際には主観的な意識やクオリアを持っていない」ことになる。

精神転送(マインドアップローディング)

人間コンピューター上のシミュレートへと「アップロード」して、コンピューター上で生きる存在となる、というアイディア「精転送マインドアプロディング)」がSF小説などでられることがある。未来においては実現可性があると謳う人物もいる。

しかし、もし仮に「中国脳」に意識や感情が生まれないとするならば、「アップロード」された人間もまた意識やクオリアを持たない可性も高くなってしまう。理由は上記の、ロボット人工知能の場合と同じである。元の人間の記憶を持ち元の人間のようにるが、実際には意識やクオリアを持たない存在であり、いわゆる「哲学的ゾンビ」の亜種と言えるかもしれない。

関連項目

脚注

  1. *Block, N. Troubles with Functionalism.  Minnesota Studies in the Philosophy of Science, 1978, 9, 261-325.

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/11/23(土) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/23(土) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP