今注目のニュース
あとよろ星人、すぐ辞めるんで星人……同僚を宇宙人に例えるモヤモヤ対処法とは
iOS 13の"エアドロ"で、知り合いのアイコンを消す方法
“赤ちゃん放置死”31歳貧困キャバ嬢 出産翌日も朝から晩まで働きづめ

中国車単語

チュウゴクシャ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

中国車とは、中国で生産される自動車を差す。

真面目な概要

中国における自動車生産で特徴的な事は現地生産の場合、海外メーカーは単独資本が事実上認められず、民族系との合弁が義務付けられている事である。その為、例えばトヨタの場合は現地の自動車メーカーである第一汽車との合弁会社(天津一汽豊田など)からトヨタが生産される。その他、の数ほどの地場メーカーが存在している。

また、日本では絶滅したオート三輪が多く走っており、恐竜化した日本オート三輪に迫ろうかという程の大きさのオート三輪地方を中心に多く走っている。

残念な概要

だいたいの人はこちらの方がメインになるだろうが、とにかくコピーが多い。の数ほどの地場メーカーから発売される自動車日本や欧の有名なを部分的にコピーしたものから、まるまるコピーしたものまで多く生産されている。ハイエースコースターなどが多い。エンジンに関してはこれまたコピーエンジンから、まったく会社の違うエンジンを搭載するものなどがある。例えばハイエースボディに三菱パジェロエンジンなど、なかなかカオスな状況である。いうまでもなく著作権?何それおいしいの?の世界なのでバンバンコピーして、中には全然トヨタとは関係ないのにハイエースを名乗るものもあったりで、悪貨は良貨を駆逐するが如くの状況である。

安全性に関しては非常にお粗末と言わざるを得ないものである。ヨーロッパにおける衝突実験においては前座席部の生存間は0であり、キャビンの変形もひどいものである。前ドア部は全にめちゃくちゃであり、本来ならば乗員の生命を守るエアバッグも器に変貌せんばかりにハンドルと共に乗員を襲う状況である。言うまでもなくは0個であり、あまりのひどさに失笑さえ聞こえたほどである。流石にメーカー側も面をつぶされてしまったので、急遽安全対策を講じてやっと基準内に収めた(あくまで基準内です)なお、シートベルト取り付けアラームがなかったので、門前払いになった事もあったとか。

なお、これに関連した動画の中で黄色セダンペッタンコになるものがあり、中国車ではと言われているが、こちらはオーストラリアにおける実験であり、種もGM系列のホールデン・コモドアであり、速度160km/hである。同じようにトラックの画像もあるがこれもフォルクスワーゲン社のタイプ2と言われるトラックである。

あくまでこれらは民族系に見られるものであり、日欧の合弁会社は基準が本並みであるのでこんな事はない…はず。

日本における中国車

こんな様子であるから当然日本で売れるはずもなく、今までの所、完成日本で走っているというお話は聞いた事がない。

が…これはあくまで乗用車のお話であり、それ以外になると少々違ってくる。かつてある中古サイトには中国製バスが売りに出されていた。また、近年はトライク規格に適合させたオート三輪が登場しているが、タイ製のトゥクトゥクベースの他にも、中国製オート三輪がちらほら販売されている。他にも厳密には逆輸入の形であるが、バイク世界では最新式のホンダスーパーカブ中国製となっており、また原付は少なからず中国に生産を移管しているモデルがある。他のメーカーも数の多少はあれど、似た状況となっている。この他、少なからずバイクでは所謂中華モンキーと言われるホンダモンキーによく似たバイクがキットモデルで販売されている。

完成ではないが、トヨタの2AZ-FEエンジン日本製の他にも中国より輸出したものが存在し、日本製よりもトラブルが多いという噂が立っている。その他、最近までの円高傾向でいくつかのメーカー中国製の部品を採用しているケースがある。

そしてバス世界ではプリンセスライン称で知られる京都急行バス電気バスを一挙5台導入をした。BYD社製の「K9」という種のバスで、世界中でその姿を広げつつある。世界でも特に産率が高いバスにあって、試験的ではありながらも中国製バスが導入された事は衝撃的であった。一応、これは初ではなく2010年頃に地方の事業者が1台導入した例はあるが、まとまった数ともなればこれが初である。

世界における中国車

前述の通り、安全性はお粗末であるが、安価乗用車と言う事で特に東南アジアシェアを伸ばしている。2000年以降、日系メーカー海外メーカーとの資本提携解消などで販売範囲が狭まった所に急速な発展に伴う海外進出で中国車はその姿を多く見かける事となった。

バスもまた東南アジアを始めとして、各地で見かける事が多い。これには価格の安さ以外にも、先進国が軒並み厳しくなる排ガス基準に適合させる為にハイテクデバイスを多様化した結果、高額かつメカニカルな部分が現地の技術レベルでは手に余る程になってしまった所に、単純な構造かつ悪路にも耐えうるように頑強に作られている中国製バスが注されたものと思われる。

鉄道車両

これもまた東南アジアを中心にその姿を増やしつつある。ここでは伝統的な鉄道車両ではなく、近年の物を紹介する。

元々、中国鉄道車両の製造工場は企業であったが、2000年以降の分割民営化で一部の工場では輸出を行う所も出てきた。また海外メーカーとの提携も盛んに行われている。

バンコクスカイトレインの増備は長製の物を採用、ボンバルディア製のMoviaライセンス生産である。この他、アジアを中心に各地で輸出されている。よく知られるのはCRHこと中国鉄路高速車両群で、これらは日本新幹線E2系アルストムETR600などの海外メーカーライセンス生産品を賄っているのだが、いけしゃあしゃあと独自技術と放言しており、責任所在毎度のことながら不明瞭であったりと威高揚という面が前面に出ているきらいがある。このように高度な技術を要する車両の製造はまだまだである。

関連動画

関連商品

中国車に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

中国車に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

  • 6ななしのよっしん

    2015/06/25(木) 04:01:34 ID: RUOMVxdTgz

    だが爆発する

  • 7ななしのよっしん

    2015/12/22(火) 16:38:07 ID: icV+CP0tBm

    99式戦車強すぎやろ

  • 8ななしのよっしん

    2018/01/17(水) 22:14:25 ID: yPUFPv+q09

    EV世界的に見て進んでるとかなんとか

急上昇ワード

最終更新:2020/01/19(日) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/19(日) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP