中央公論文芸賞単語

チュウオウコウロンブンゲイショウ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

中央公論文芸賞(ちゅうおうこうろんぶんげいしょう)とは、中央公論新社催する文学賞

前身にあたる婦人公論文芸賞、そのまた前身の女流文学賞、さらにその前身にあたる女流文学者賞についても本項でまとめて記述する。

概要

1946年に創設された女流文学者賞ルーツ戦後の短期間(1946年49年)だけ存在した出版社・鎌倉文庫が出していた雑誌「婦人文庫」が催する、女流作家の優れた作品を顕する賞として始まり、鎌倉文庫の倒産後は女流作家団体の「女流文学者会」が催を引き継いだ。

1961年中央公論社が賞を引き取り、「女流文学賞」としてリニューアル40年近くにわたって続いたが、中央公論社の経営危機による中央公論新社への移行もあって2000年で終了する。

2001年中央公論新社催する「婦人公論文芸賞」として再出発。対は「女性あるいは女性に関する問題を中心に据えた作品とその作家ジャンル・性別は問わない。」とのことで、この時点から規約上は男性作家の作品も対となった。しかし5回開催して結局5回とも女性作家が受賞、これでは結局女流文学賞と変わらないということでか、僅か5回で再びリニューアルすることになる。

そういうわけで2006年に創設されたのが中央公論文芸賞である。対は「第一線で活躍する作家のさらなる飛躍、新たな代表作となる優れたエンターテインメント作品を顕します。」ということで、全に男女や内容を限定しない、エンターテインメント全般を対とする賞となった。そのことをアピールするように第1回は浅田次郎が受賞。

が「第一線で活躍する作家」ということで、具体的に言えば既に直木賞を獲っている作家が対となる。同系統の賞(直木賞を獲ったあとに貰える賞)である柴田錬三郎賞吉川英治文学賞べてもその傾向が露で、2018年第13回までの受賞者15人は全員直木賞受賞者であった。第14回で初めて芥川賞受賞者である吉田修一が受賞。キャリアのある作家が対のため、他の同系統の賞と同様に補作は発表されない。

なおリニューアルごとに全に別の賞という扱いになっているため、たとえば角田代は婦人公論文芸賞(『中庭園』)と中央公論文芸賞(『八日の蟬』)を両方受賞している。

大百科に記事のある受賞作家

女流文学賞

婦人公論文芸賞

中央公論文芸賞

関連商品

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/13(火) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/13(火) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP