今注目のニュース
木村昴、山口勝平、山寺宏一ら人気声優が“落語”を披露!「声優落語天狗連祭り2020」開催決定
沢尻容疑者の代役に川口春奈 偶然の一致に「鳥肌立った」と騒然
『刃牙』シリーズをBLとして読むオタクの感想本、表紙も危険(ヤバ)かった 帯コメントはまさかの上野千鶴子先生ッッ!!

中島三郎助単語

ナカジマサブロウスケ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

中島三郎助とは、幕末の幕臣、賀奉行与である。

概要

文政4年(1821年)1月25日賀奉行与中島の三男として生まれる。諱は長胤。

武芸は砲術槍術剣術(天然理心流・北流)を学ぶ。俳諧・にも造詣が深く、木という俳名を持つ。

保6年(1835年)、14歳で与見習いになる。保8年(1837年)モリソン号事件において打払いを実行し、奉行から褒賞を貰う。化2年年(1845年)、米国捕鯨船マンハッタン号が江戸湾に入り込む事件が起こり、奉行から大砲製造を命じられる。化3年(1846年)、今度は米国インド艦隊2隻がに現れ、不測の事態に備えて警備を務める。

このように当時頻繁に現れるようになった外船との応対の最前線で活動していた中島は、嘉永2年(1849年)引退に伴い正式に与になる。

嘉永6年(1853年)6月米国インド艦隊が再来し、中島は応接掛を務める。この時軍艦に乗船した中島は船の寸法や蒸気機関を念入りに調して米国人を閉口させたことが米国側の記録に残っている。

同年、幕府が対応策について募集すると、、中島軍艦建造等の意見書を提出し、これをきっかけに幕府は大船建造禁止を解除した。幕府から洋式帆船の建造を命じられた賀奉行所は、中島を中心に与同心10名を御船製造掛に任命して建造に着手。翌嘉永7年(1854年)5月日本最初の西洋帆船である鳳凰丸が工。中島は造船技術者として一躍名を高める。

長崎海軍伝習生として

安政2年(1855年)3月中島のもとに長州士の桂小五郎が訪れ、造船技術を学ぶために子入りしている。前年中島吉田松陰宮部鼎蔵と対面しており、中島技術者としての腕を見込んで子入りを勧めたとされる。

同じ頃、幕府は長崎軍伝習所の一期生を選考しており、中島が一期生として選抜されたため、中島から享受を受けた期間はごく短いものだったが、はこの時の恩を生涯忘れず、戦争中島が戦死した事を聞いたこと木戸は救助できなかった事を深く嘆いた。

8月27日中島江戸城に登し、伝習所総督の永井尚志の他、同期生となる勝海舟矢田蔵らと対面した。

10月20日長崎に到着。伝習所において中島軍艦製造技術を学ぶ他、航運用術やオランダ語を学び、成績良好に付きもう一期伝習所にて学習継続められ、引き続き伝習所で学習する。

安政5年(1858年)5月、伝習所を修了した中島賀に帰還し、6月には軍艦操練所の教授方に任命される。万延元年(1860年)には教授方頭取手伝に昇進したが、翌文久元年(1861年)9月には病気を理由に辞職し、賀奉行所に戻った。

海軍士官として

文久3年(1863年)1月中島富士見御宝蔵番格御軍艦頭取手伝に任命され、再び軍士官として活動を始める。この時期賀港の台場建設や大砲製造の監督を勤め、軍艦頭取出役に昇進。旗本同様の扱いになる。

慶応2年(1866年)、再び健康上の問題で退職し、12月には奉行所与も辞任。

慶応3年(1867年)、長崎軍伝習所の同期生だった矢田蔵からの要請を受けて再び出仕。軍艦組出役から軍艦役並、更に小十人格軍艦役に昇進した。

幕臣として

慶応4年(1868年)1月3日、新政府軍と旧幕府軍が街道伏見街道で開戦。徳川慶喜江戸に逃亡・恭順して江戸城明け渡しとなった。

8月19日榎本武揚が率いる旧幕府艦隊が奥羽越列藩同盟と合流するため江戸湾を出航。中島と二人の息子、恒太郎・英治郎はこれに参加し、榎本らと仙台、次いで函館し、10月北海道に上陸。函館を占拠した。榎本が政権立を宣言したが、新政府はこれを受け入れず開戦が必至となる。中島館奉行並に任命され新政府軍迎撃の準備を進めた。

明治2年(1869年)4月、新政府軍が北海道に上陸し戦端が開かれた。中島親子は榎本軍の一員として戦うが徐々に追い込まれ、5月中旬には新政府軍は五稜に進撃を開始。中島榎本に対して降伏を勧めたが、自らは戦って死ぬ事を告げ、16日に恒太郎・英治郎と共に戦死。享年49

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 2ななしのよっしん

    2014/12/02(火) 23:04:48 ID: 12Y3DAdY0y

    桂小五郎が住み込みで働いていたのが運命を感じる。

  • 3ななしのよっしん

    2017/09/12(火) 21:59:47 ID: fkGav3C5nf

    もっと有名でもいいと思う偉人筆頭
    そのドラマチックな生涯は大河の役でもイケる
    代々与函館土方より後に散ったこの人こそ本当のラストサムライ

  • 4ななしのよっしん

    2019/05/26(日) 06:15:53 ID: VXpzo9iESW

    賀でペリーサスケハナ号に最初に乗った人が
    16年後に函館戊辰戦争の最後の戦死者
    思えば遠くに来たもんだ

急上昇ワード

最終更新:2019/11/23(土) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/23(土) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP