中田英寿単語

ナカタヒデトシ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(66)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

中田英寿Hidetoshi Nakata, 1977年1月22日 - )とは、日本の元サッカー選手である。現在旅人兼実業。現役時代のポジションMF。元サッカー日本代表称は「ヒデ」、「ナカータ」、中田氏

概要

山梨県甲府市出身。175cm72kg。ポジションMF。攻撃的MFトップ下)が本来のポジションだが、キャリアの終盤はボランチとしてプレーすることが多かった。

三浦知良に続いて日本人2人として、当時世界最高峰のリーグだったイタリアセリエAプレー。広い視野と速く的確なパス、強なフィジカルによって際的な評価を確固たるものとし、イタリアで純に実を認められた初めての日本人ジョカトーレである。2000年には、ASローマの一員としてスクデット獲得に貢献。近年では増加した日本人欧州移籍のを開いたパイオニアとも言われている。

FIFA催の全てのカテゴリー際大会並びにオリンピックゴールを決めたことがある一の日本人選手でもある。FIFAワールドカップには3度出場しており、いずれも日本代表の中心選手として活躍。アジア最優秀選手賞に2度選ばれたこともある。

2006年ドイツW杯を最後に29歳で現役を引退。以降は、旅人となりながら実業としても活躍している。

経歴

プロ入り前

小学3年生のときに、の影サッカーを始め、北新サッカースポーツ少年団に入団する。当時連載されていた漫画キャプテン翼」がサッカーを始めたきっかけとっており、小学生の頃に漫画プレーのほとんどを試したらしい。中学校甲府市立北中学校に進み、この頃U-15日本代表に選ばれるなど、すでにサッカー関係者からは注される選手となっていた。

高校山梨県の強校である高校に進学。中学時代から全的に有名な選手だったため、県外の高校からもスカウトを受けていたが、県内有数の進学校として知られる崎にあえて一般試験で合格。在学中の成績も学年でトップクラスであり、文武両を実践していた高校時代だった。

サッカー部では1年生の頃からレギュラーを掴んでおり、この頃から上級生相手にも物おじしないスタイルを見せていた。全高校サッカー選手権には2年生のときに出場。全大会の実績は立ったものはないが、アンダー代表での活躍もあって超高校級MFとしての評価を受けており、高校3年生のときには当時のJリーグ12チーム中11チームからのオファーを受け、神奈川県の3チーム練習にも参加している。

ベルマーレ平塚時代

1995年Jリーグベルマーレ平塚に入団。入団の決め手となったのは、自分を即戦として必要としてくれたこと、そして将来の海外移籍を視野に入れた留学を認めてくれたことだった。

1995年3月25日Jリーグ1stステージ第3節ジェフ市原戦において途中出場でプロデビューを果たす。デビュー戦で試合の流れを変える働きを見せたことが評価され、以降出場機会を増やし、5月2日の第12節鹿島アントラーズ戦でJリーグゴールを決める。プロ1年は怪で離脱した時期があったものの、チームとして定着するようになり、26試合8得点という前評判通りのルーキーイヤーとなった。12月27日には、アジアカップウィナーズカップ決勝のアルタラバ戦に出場し、後半36分に決勝ゴールを決め、自身にとってのプロタイトルを自らの手で引き寄せている。

1996年1月には、入団時の約束通りイタリアセリエAの名門ユヴェントス練習に参加する短期留学を実現させる。このときの経験により、視野を世界に向けて海外移籍を実現させることを標に置くこととなる。1997年は、シーズン後半はフランスW杯アジア最終予選出場のためチームを離れることになるが、1stステージでは優勝争いを演じたチームの中心選手として活躍。この年のJリーグベストイレブンに選ばれる。1998年6月フランスW杯出場後、かねてからの標だった海外移籍を実現させる。

ペルージャ時代

1998年7月22日イタリアセリエAペルージャへの移籍が発表される。背番号は「7」。フランスW杯での活躍が名物オーナーとして知られるルチアーノ・ガウチ会長に留まっての移籍実現となった。高校生の頃から将来の海外移籍を見越して学を学んでおり、入団会見ではすでに流暢なイタリア語を披露。そのため、チームメイトとのコミュニケーションにも困らず、チームに溶け込むのもかった。

9月13日セリエAでも当時最強と言われたユヴェントスとの開幕戦にスタメンとして出場。3点のビハインドを背負った後半7分にセリエAゴールを決めると、14分にもゴールを決める。試合には3-4で敗れたが、セリエAデビュー戦でユヴェントス相手の2ゴールというセンセーショナルなデビューを飾った21歳の日本人選手の名前は一気にイタリア中に知れ渡ることとなる。その後は、チームの不動のエースとして存在感を増すようになり、1年にして33試合出場10得点4アシストという記録を残し、シーズン前は厳しいと見られていたペルージャのセリエA残留の立役者となる。

1年の大活躍で数々のクラブから獲得オファーが殺到したが、2年となる1999-00シーズンペルージャでスタートすることになる。この年、2年連続となるアジア年間最優秀選手賞も受賞。そして1月の移籍マーケットで次のステップへと進むことになる。

ローマ時代

2000年1月13日セリエAの強クラブであるASローマへの移籍が決定。背番号は「8」。当時ローマ監督だった名将ファビオ・カペッロが自ら獲得のために中田と会談するほど強く希望したことで実現することになった。しかし、トップ下の位置には絶対的なエースであるフランチェスコ・トッティが君臨していたため、ボランチでの起用となった。だが、慣れないポジションペルージャ時代ほどの活躍を見せることができず、徐々にスタメンを外れることが増え、トッティの控えという立場に落ち着いた。

2000-01シーズンローマが大補強をおこない、ガブリエル・バティストゥータマルコス・アスンソンといった実者が加入したことで当時の外国人の関係からベンチを温めることが多くなる。さらに、チームは大補強が実って首位を走り、チームに入り込む隙はないように思われた。それでも、第27節ウディネーゼ戦でトッティの出場停止によりスタメンのチャンスが巡ってくると、この試合でゴールを決めるなど、腐らずにアピールを続けていた。すると、これまで出場の妨げとなっていたEU籍選手の出場制限規定が2001年5月4日に撤される。スクデットを争っていた5月6日の第29節2位ユヴェントスとの天王山に、2点リードされた後半15分トッティとの交代で出場すると、後半34分に快なミドルシュート叩き込み、反撃の狼煙をあげる。さらに後半ロスタイムに放ったミドルシュートのこぼれ球をヴィンチェンツォ・モンテッラが押し込み、同点に追いつく。この試合を引き分けに持ち込んだことがローマの18年ぶりのスクデット獲得の決め手となる。日本人選手が初めてスクデットを経験した歴史的な快挙となった。

パルマ時代

2001年7月6日出場機会をめ、セリエAACパルマへの移籍。移籍は約33億円と当時アジア人最高額にまでのぼり、背番号は「10」を与えられるなど、大きな期待を背負っての入団となった。しかし、2001-02シーズンパルマは大きく低迷してしまい、自身も期待通りのプレーを見せられず、批判されるようになっていた。二度の監督交代という混乱に陥る中、自身もプレー機会を与えられない時期を過ごし、まさかの残留争いに巻き込まれかけるほど苦戦をしたが、終盤にレギュラーに返り咲き、10位でシーズンを終える。一方、コッパ・イタリアでは決勝まで進出。ユヴェントスとの第1戦では1ゴールを決め、結果的にこのアウェイゴール優勝に結びつき、イタリアでの2つタイトルを獲得する。

2002-03シーズンは、アドリアーノ、アドリアンムトゥと共に「三本の」と称されたトリオを形成する。だが、この年就任したチェーザレ・プランデッリ監督から与えられた役割は、右サイドで守備に奔走する本来のプレースタイルと異なる役割であった。自らの仕事を忠実にこなし、1年間としてプレーし続けることはできたが、アドリアーノとムトゥが好き勝手にプレーするツケを払わされるような格好となり、不満を募らせるシーズンとなった。

2003-04シーズンも守備的な役割を要するプランデッリ監督との確執が悪化するようになり、とうとう試合に出るよりもベンチに座っている時間のほうが長くなってしまう。次第に、パルマでの日々に見切りをつけ、自分を必要とするチームを探すようになる。

ボローニャ時代

2004年1月3日ペルージャ時代の恩師でもあるカルロマッツォーネ監督が率いるボローニャFCに半年間のレンタル移籍で加入。背番号は「16」。中田の実を高く評価するマッツォーネ監督からIHとして起用されると、を得たのように本来のプレーを取り戻し、ペルージャ時代を思わせるような高いパフォーマンスを発揮。加入してからの半年間で全試合フル出場を果たし、チームセリエA残留に導く。シーズン後、チームも本人もボローニャへの全移籍を望むが、銭面でパルマとの折り合いがつかず断念することに。

フィオレンティーナ時代

2004年7月18日チーム破産から復活してきたACフィオレンティーナへの移籍が発表される。背番号は「10」。しかし、ボローニャ時代に代表戦も含めての過密日程をこなしていた影によってサッカー選手職業病といえるグロインイン症候群を発症。その治療のためシーズン前の合宿に参加できず、コンディションも整っていなかったため低調なプレーを披露し、現地ファンに酷評される。結果、出場機会が減ってしまい、居場所を失ってしまう。さらに次のシーズンからパルマ時代に確執のあったプランデッリ監督が就任することが決まり、またも新地を探すことになる。

ボルトン時代

2005年8月、7年間過ごしたイタリアの地を離れ、イングランドプレミアリーグボルトン・ワンダラーズレンタル移籍を果たす。背番号は「16」。加入当初はレギュラーとして起用され、10月29日ウェスト・ブロムウィッチアルオン戦でフリーキックから直接ゴールを決め、プレミアリーグゴールを記録。しかし、代表戦への合流を続けていたことがサム・アラダイス監督の不信感を募らせ、徐々に出場機会が減少。加えて中盤を省略してロングボールを多用するアラダイス監督の戦術にプレースタイルが合致していなかった。終盤の5試合は連続してスタメンで起用されるが、初のプレミアリーグ挑戦は不完全燃焼に終わる。そして、これが中田の現役生活最後のクラブとなるのであった。

日本代表

最初に代表チームに呼ばれたのは、1991年中学生時代のU-15日本代表。2年後に日本で開催されることが決まっていた世界大会に向けての中心選手と見込まれていた。1993年8月日本で開催されたU-17世界選手権に出場するU-17日本代表に選出される。ガーナイタリアメキシコといった強豪国と同居したグループリーグ2位で突破すると、準々決勝でナイジェリアと対戦。この試合でゴールを決めるものの、圧倒的な身体を持つナイジェリアの前に敗。このときのヌワンコ・カヌを擁したナイジェリアの強さから中田世界を見据えたサッカー生活に取り組むようになる。

1994年9月インドネシアで開催されたAFCユース選手権に出場するU-19日本代表に、当時高校3年生にして飛び級で選出される。松田直樹と共に下の世代の選手ながらチームの中心としてプレーすると、グループリーグ第3戦のクウェート戦、準決勝のイラク戦でMOMに選出され、日本21年ぶりの準優勝ワールドユース出場権獲得に貢献。自アジア予選を突破しての出場は初となった。

1995年4月カタールで開催された1995 FIFAワールドユース選手権にU-20日本代表として出場。グループリーグ初戦のチリ戦で決勝ゴールを決め、第2戦ではラウール・ゴンザレスを擁したスペインを相手に敗れたもののゴールを決めるなど、2試合連続ゴールで史上初の準々決勝進出に貢献。準々決勝では強ブラジルを相手に善戦したものの、逆転負けを喫している。

1996年3月には、アトランタ五輪アジア最優秀選手を戦うU-23日本代表にまたも松田直樹と共に飛び級で選出される。前年の大怪で欠場となった小倉隆史を埋める存在として期待通りのプレーを見せ、28年ぶりとなるオリンピック本大会出場権獲得に貢献する。
7月に開催されたアトランタオリンピック本大会のメンバーにも選ばれ、初戦のブラジル戦では後に「マイアミの奇跡」と呼ばれた歴史勝利に貢献する。しかし、続くナイジェリア戦では、戦い方を巡って西野朗監督や他の選手との轢を生んでしまい、チーム敗。メディアに自身の発言が監督批判のように書かれてしまったこともあり、第3戦のハンガリー戦はスタメンを外され、出場機会を与えられないままになる。

1997年5月21日に開催された韓国との親善試合に挑む日本代表に初めて選出され、加茂監督からスタメンに抜され、20歳でフル代表デビューを果たす。チーム最年少ながら堂々ととしてチームを引っプレーが評価され、以降代表のに定着。6月22日フランスW杯アジア一次予選のマカオ戦で代表初ゴールを記録。
9月からスタートしたアジア最終予選のメンバーにも選ばれると、初戦のウズベキスタン戦でゴールを決め、6点を奪っての快勝に貢献。しかし、ここからチームは苦戦することになり、疲れが見えてきた中田も徐々にパフォーマンスを落としてしまう。加茂監督が更迭され、岡田武史監督が就任した最初の試合ではスタメンを外される。その後、勢いを取り戻した日本プレーオフに回ることになる。11月16日マレーシアで開催されたイランとのアジア第3代表決定戦では、前半39分にスルーパスから中山雅史の先制ゴールアシスト。一度逆転を許した後の後半30分にはピンポイントクロス二の同点ゴールアシスト。さらに、延長後半13分に放ったミドルシュート岡野行の決勝ゴールを呼び込む。3点全てに絡む活躍で日本ワールドカップ初出場という悲願を呼び込み、後に「ジョホールバルの歓喜」と呼ばれる歴史的な出来事の役として、内外からの注度が飛躍的に上がる。同時に三浦知良から日本代表の顔が中田に移った間でもあり、12月にはフランスで開催されたW杯組み合わせ記念のエキシビジョンマッチ世界選抜の一員として招待されている。また、この年のアジア年間最優秀選手賞を史上最年少で受賞している。

1998年6月フランスで開催された1998 FIFAワールドカップメンバーに選出される。大会前に髪の毛金髪に染め、自身は自分を海外クラブに売り込むために立つよう策を練っていた。日本の初のワールドカップ舞台での戦いはアルゼンチンクロアチアジャマイカ相手に3戦全敗という結果に終わったが、3試合をフル出場し、億することなく1人クオリティの違うプレーを見せていた中田に対し、海外クラブからのオファーが殺到。もくろみ通り、直後のイタリア移籍へと繋がった。

1999年10月には、U-22日本代表メンバーとしてシドニー五輪アジア最終予選を戦うこととなる。前回の五輪ではチーム最年少だったが、今回はイタリア世界を経験していることもあり、中村俊輔や稲本潤一といった年下のタレントを引っる立場となった。所属チームとの兼ね合いで出場できる試合は限られたものとなったが、期待通りチームリードし、シドニーオリンピック出場権監督に貢献。
2000年9月には、自身二度オリンピック出場となるシドニーオリンピックメンバーに選出される。このときのU-23代表は、世代と呼ばれた下の世代が名を連ね、オーバーエイジの選手も入ったことでフル代表と遜色のないメンバー構成となり、本気でメダルを狙いに行ったチームとなった。グループリーグ初戦の南アフリカ戦では、絶妙なスルーパスで高原直泰の決勝ゴールアシスト。第2戦のスロバキア戦では、左からのクロスダイビングヘッドで合わせてゴールを決め、グループリーグ突破に貢献。しかし、準々決勝のアメリカ戦では2度のリードを追いつかれてPK戦に持ち込まれ、4番手としてキッカーを務めるもこれをポストに弾かれてしまい、ベスト8で姿を消すことになる。

2001年から日本代表での背番号が「8」から着のある「7」に変更される。3月24日サンドゥニでのフランスとの親善試合では、当時世界最強と言われたチーム日本は成す術なく敗を喫するが、その中で1人だけ互に渡り合うプレーを見せ、あらためて特別なプレイヤーであることを明する。6月日本で開催されたFIFAコンフェデレーションズカップ2001には、所属するローマからグループリーグ限定という条件で出場が認められる。グループリーグを2勝1分で突破すると、フィリップ・トルシエ監督は準決勝にも出場するように要請する。当時、ローマのスクデット獲得という歴史的快挙に立ち会うことになっていたため、中田の決断に注が集まったが、準決勝出場後すぐに帰するという条件で折り合いをつける。の中で開催された準決勝のオーストラリア戦では、キャプテンマークを巻き、グラウンダーのフリーキックによって決勝ゴールを決め、日本を決勝進出に導いてすぐにイタリアへ戻る。当時日本では、所属チームよりも代表のほうが大事という考え方が根強かったこともあり、決勝を欠場した中田の選択は賛否両論別れることとなり、一時的にトルシエ監督との間にも轢が生じることになる。

2002年6月日本韓国で共同開催となった2002 FIFAワールドカップに出場。すでにチームの顔として、世界中に名が知れ渡った選手となっていた中、期待通りチームの大柱としての役割を果たす。第2戦のロシア戦の試合中に足を打撲しながらも奮闘。グループリーグ第3戦のチュニジア戦では、後半30分に右からのクロスダイビングヘッドで合わせ、追加点を奪い、日本史上初のグループリーグ突破に貢献する。だが、足の負傷を抱えたままだったこともあり、ラウンド16のトルコ戦は不完全燃焼のままに終わってしまう。それでも4試合全てに出場し、開催としての最低限の標を果たすことはできた。

日韓W杯後に就任したジーコ監督からはキャプテンを任され、中村俊輔小野伸二、稲本潤一と共にカルテットの一として期待される。ただしこの4人がったことはほとんどなく、この当初の構想は頓挫することとなる。2003年6月には、フランスで開催されたFIFAコンフェデレーションズカップ2003に出場。初戦のニュージーランド戦でゴールを決め、勝利をもたらすが、続くフランス戦とコロンビア戦ではくことができず、グループリーグ敗退に終わっている。

2004年後半になると、グロインインの影と所属するフィオレンティーナで出場機会を失っていたこともあり、代表からしばらく遠ざかることになる。その間にキャプテンの座を宮本恒靖に譲ることとなり、中田不在の1年の間に日本代表アジアカップ優勝を経験しており、一部メディアからは中田不要論が飛び交うようになる。しかし、2005年3月ドイツW杯アジア最終予選第2戦のイラン戦で1年ぶりに代表に復帰。メディアからは試合勘が不安視されるが、ジーコ監督戦錬磨の経験を買い、として起用する。ポジションを一列下げてボランチに移す。この頃、代表チーム内でも轢が生じていると報道されることもあったが、6月3日の大一番となったアウェイバーレーン戦ではイタリアで培った経験とフィジカルの強さでチームを支え、W杯出場権獲得に貢献。不要論を一蹴することとなる。

2006年6月ドイツで開催された2006 FIFAワールドカップに出場。自身は3度となるW杯となったが、「このままでは日本は本大会を勝ち抜くことができない」と発言していたこともあり、どこかチーム内でも浮いた存在となっていた。だが、中田の警は的中することとなり、日本は初戦のオーストラリア戦の後半に足が止まり、逆転負け。続くクロアチア戦もスコアレスで終わり、第3戦のブラジル戦では格の違いを見せつけられて大差を付けられる。終盤試合の行方はすでに決してしまい、気持ちの折れてしまった選手もいた中、試合終了のが鳴るまで全で走り続け、試合後ピッチに倒れ込み、10分近く起き上がることができずに悔しさに満ち溢れた表情のまま上空を見上げていた。

日本グループリーグ敗退から11日後の7月3日自身の公式サイトにおいて、突然の現役引退を表明する。29歳での若すぎる引退日本のみならず、世界中でも衝撃が走ったが、以前から引退は決意していたものであり、1年ほど前に所属事務所の次原悦子社長には引退の意向をすでに伝えていた。また、監督ジーコにもブラジル戦の試合前に引退することを伝えていた。引退の理由については、「サッカーを好きな部分が長きにわたって楽しめなくなったから」と答えている。

日本代表77試合11得点9アシスト(1997-2006)

現役引退後

その後数年間、世界中をして見聞を広めた。
現在TAKE ACTION財団を設立し、サッカーを通じた社会貢献活動などを中心に、幅広い分野で活躍している。
しばしば、日本人として世界的に最も大きな成功を収めたプロサッカー選手され、ファッションや言動など、パーソナリティの面でも常に注を集める存在である。

2017年初頭、アジアフットボール連盟サッカー評議会(IFAB)内のルール変更案に対してサッカー面とスポーツ面についての助言を行うFootball Advisory Panelに入っていたことが判明する。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
1995 ベルマーレ平塚 Jリーグ 26 8
1996 ベルマーレ平塚 Jリーグ 26 2
1997 ベルマーレ平塚 Jリーグ 21 3
1998 ベルマーレ平塚 Jリーグ 12 3
1998-99 ペルージャ セリエA 33 10

1999-00
ペルージャ セリエA 15 2
ローマ セリエA 15 3
2000-01 ローマ セリエA 15 2
2001-02 パルマ セリエA 24 1
2002-03 パルマ セリエA 31 4

2003-04
パルマ セリエA 12 0
ボローニャ(loan) セリエA 17 2
2004-05 フィオレンティーナ セリエA 20 0
2005-06 ボルトン(loan) プレミアリーグ 21 1

プレースタイル

視野の広さ、キック精度の高さを活かしたタイプMFであり、ドリブルをしながら顔を上げて首を振りながらパスコースを探り、一撃必殺のスルーパスで相手の急所を突くプレーを得意としていた。中田のパスはスペースを狙って出して味方を走らせるパスであり、メディアからは「キラーパス」とも呼ばれているほど厳しいところにパスを出していた。そのため、味方が追いつけないこともたびたびあった。

最大の強みは、若いころから日本人離れしていたフィジカルの強さにある。屈強な外国人選手に当たられても倒れずに強くドリブルで推進することを得意とし、中村俊輔小野伸二よりもテクニックでは劣るが、プレス耐性は彼らよりも高い。フィジカルの強さに加えて、低い姿勢で体のバランスを保ち、重戦車のようなドリブルで突き進むのが特徴的であった。

また、パンチのあるミドルシュート武器であり、バイタルエリアに侵入してくると、DFはシュートかパスかの判断で迷うことになる。

守備は一発を狙うインターセプトなどは得意としていたが、対人守備やポジショニングの甘さがあり、うまいほうであるとは言えない。晩年はボランチとしてプレーすることが多くなったが、どうしても前への意識が強くて自分の守るべきエリアけてしまい、守備に負担をかけてしまうこともあった。

エピソード・人物

ファッションが独特(背中サソリ刺繍が入ったベストなど)で、ファッションアイコンとして日本のみならず、海外からも注されていた。三浦知良、後の本田圭佑と続く空港でのファッションショーは当時注を集めた。サングラス用することが多いのも共通している。当時、中田のマネをしたモードファッションも流行り、アムラーを文字って「ヒデラー」と呼ぶ人もいた。

クールで冷静な性格として知られ、の場ではあまり感情の起伏を見せない選手だった。日本中が歓喜の渦に包まれたジョホールバルの歓喜の際も、最大の功労者であるにもかかわらず「次はJリーグに注してください」と冷静なコメントを残している。ただし、アトランタ五輪代表の時期には、前園真聖と共に日清の「ラ王」のCMに出演し、今では考えられないコミカルな演技を披露していた。本人的には黒歴史だろう。

古巣である湘南ベルマーレJ2に降格し、資金的危機に陥っていたとき、自らが資を出資してスポンサーになることでチームを救済。このとき湘南ユニフォームには「nakata.net」という自らの公式HPロゴが掲載されていた。

イタリアビッグクラブで活躍していたこともあり、海外スター選手と交友関係を持っている。アレッサンドロ・デル・ピエロエドガー・ダーヴィッツルイス・フィーゴ、ガブリエル・バティストゥータなどとの交友関係が明らかにされている。特にデル・ピエロとは大の親友同士であり、中田が現役引退を表明したときには、「引退をやめるように電話する」とコメントしている。また、日本の芸界においても、木村拓哉工藤静香夫妻と交友関係がある。また、交際の噂があがった女性な顔ぶれであり、ハリウッド女優であるミラ・ジョヴォビヴィッチとのデートパパラッチされたこともある。日本女優でも、かつて宮沢りえと噂になったこともあり、近年では柴咲コウとの交際が報道されている。

偏食であることも有名であり、大の野菜嫌いであり、食べられるのは潰したじゃがいもトマトケチャップだけ。一方で大のお菓子好きであり、2003年には株式会社東ハトの非常勤執行役員CBOに就任し、キャラメルコーンなどのヒット商品のパッケージリニューアルしたことで話題となった。

現役時代は日本マスコミと確執があり、自分が信頼できるライター以外の取材は受け付けず、インタビューなどでの不想なキャラがそのまま流れされていた。中田=不想のイメージメディアとの確執によるイメージ先行が発端となっている。原因は1996年アトランタ五輪でのナイジェリア戦での発言が監督批判として報道されたこと、1998年W杯の際に君が代批判したと報道され、右翼団体から脅迫まがいの抗議を受けたことなどがあげられている。そのため、くから自分の公式HPを立ち上げ、メディアの前に現れない変わりに、web上からファンメッセージを伝えていた。現在浸透したSNSを使った情報発信の先駆者的存在とも言える。現役引退後は、マスコミとの関係性も緩和されており、日本の番組に出演する機会も増えている。

イタリアでの成功によって他の日本人選手との距離が年々広がるようになり、晩年は日本代表において孤立することが多くなっていた。ユース時代から一緒にプレーしていた松田直樹は、数少ない中田に本音をぶつけられる人物であり、2006年W杯ブラジル戦後、倒れている中田チームメイトも近寄らないのを見て、「がいたらヒデをかけたのに」とっていた。また、当時ボランチでコンビを組んでいた福西崇史との確執が報道されていたが、これについては近年福西が自身のYouTube番組で「よくあるチーム内での意見のぶつかり合いであり、個人的にはヒデの言いたいことも理解している」とり、確執を否定。現在でもたまに連絡を取り合っているともっている。

関連動画

関連商品


自身が出演するだけでなく、ソフトの売り上げ1本につき11円TAKE ACTION財団を通して社会貢献活動の資として寄付される予定。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/02(火) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/02(火) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP