今注目のニュース
割礼が「イヤ」 5歳男児、屋根の上に2時間居座る(インドネシア)
ビキニや海パンで運転してもいいの?それとも違反?
若者の低投票率、井上咲楽が私見「なぜかというと…」

丸藤亮単語

マルフジリョウ

掲示板をみる(202)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

丸藤亮とは、遊戯王GXの登場人物である。 漫画版にも登場する。
丸藤翔天上院吹雪とは親友兼ライバルである。

概要

一期ではオベリスクブルートップとして、デュエルアカデミア帝王カイザーと呼ばれていた。相手をリスペクトしたデュエルを行う。
作画崩壊というか変な顔が妙に多いのもこの時期である。天上院明日香とよく灯台にいたため「灯台部」などと言われていた。
闇のデュエリスト明日香が連れ去られたとき、「明日香が灯台に現れなかった」と危機を訴える。灯台部に欠席は許されない。

二期から卒業プロデュエリストとなるが、エド・フェニックスに負けたことで調子を崩し最下位ザーとまで呼ばれる。地下デュエルにたどりつくが、そこでリスペクトを捨て、勝利のみをめるようになる。この後地下でのリングネームだったヘルカイザーを名乗る。
グォレンダァ!(五連打)」という台詞はこのときのものである。なお、65話の放映時、地震テロップがあったのだがこのマグニチュードが4.8、かつキメラテック・オーバー・ドラゴンの攻撃4800だったため震源地は地下デュエル場ではないかと噂されている。

幼少時に校長鮫島が師範を務めるサイバー場に通っていた。9歳で免許皆伝となったドローはかなりのもので、「サイバー流積み込み」などと呼ばれる。
なお、83話では作画ミスセカンド・ディールをしていた(ように見える)。この時引いたカードは「強欲」。

三期異世界ではエド・フェニックスダークヒーローコンビを組んでサイバー場の旦那様と召使ごっこをしたりゴブリンエリート部隊を締め上げたりしていた。前述の地下デュエルで用いた衝撃増幅装置は気に入ったようで持ち込んで二度ほど間違った使い方をしている。

ストーリー途中から心臓病を患う。どう考えても衝撃増幅装置の電流のせいだったが、四期には「デッキのせい」というさらにとんでもない理由が発覚する。この呪いのデッキ丸藤翔に譲り渡した。
カードゲームアニメにおけるデュエル中の描写でレントゲンなんて出てくるのはカイザーくらいのものだろう。
・・・と思っていたら、遊戯王GXの続編に当たる「遊戯王5D's」ではアポリアジャック達のデュエル直前にも登場。
遊戯王シリーズは一体どこをしているんだ。

 

使用デッキサイバー・ドラゴンとその融合形態、進化形態を軸としたサイバーデッキサイバー・ダークを中心とした裏サイバー流デッキ後者裏サイバー流デッキマスター鮫島を倒して強奪した。表と裏を混合して使うこともある。両デッキともに高い攻撃を誇り、最高記録は52話のサイバー・エンド・ドラゴン36900。次いで148話のサイバー・エンド・ドラゴン16000。

にならねば見えぬ地がある」「間は永遠となるのだ」など名台詞の多い人物でもある。
暗黒使徒ヨハンとのデュエルBGM、演出なども含めて人気が高い。 

関連動画

  

関連商品

関連項目

一般項目

使用するカード

掲示板

  • 200ななしのよっしん

    2019/05/07(火) 18:05:41 ID: 8l/XmsM3dG

    >>189
    顔とか歳の差でしょ

  • 201ななしのよっしん

    2019/05/29(水) 21:09:18 ID: GADA5xEzaQ

    >>155 他人の人生や生き方をある程度見習うのは悪くないとは思うのです
    そこからオリジナルや個性、自分が考えた生き方や想像性が芽生えてくる。
    問題はそれに驕って他人の感情や考え方を借りた後に推敲や否定を抱かず全て真似た結果自分を見失ったり押し付けてしまう事だと思うが

    と…模倣に関する是非は置いといて。自分が勝つ為に尾余計な感情を捨てつつ、ある程度は他人の価値観や戦い方に対する姿勢を受け止めながら諭しつつ勝利を阻む物は倒す。同じ修羅に落ちない様に十代やには止めを掛ける。殻を破って別人になったけど芯まで変わってないってのが魅だな。ユベルを倒す為に十代の背中を押したのも友を救いたいと言う願いを少しは信じていたからだろうし 
    (ところで手札サイドラ3枚パワボン毎回ってるのデジャヴ感じて不思議がらないのだろうか?)

  • 202ななしのよっしん

    2019/06/29(土) 21:08:21 ID: jQPLUGD+jr

    >>199-200
    ぶっちゃけそんなに差はいと思う
    ヘルカイザーだって最初からダークヒーロー路線だったわけではない
    初期ヘルカイザー吹雪さんにあからさまに全否定される闇堕ちキャラポジションだった

    一番の違いは強さじゃないかな
    デュエリストとしてのスタンスNo.12ありきで、それを遊馬にとられただけでポジションやめちゃった闇
    特定カード依存せず常にデュエルしながら自分の在り方を模索し続けたヘルカイザー

急上昇ワード

最終更新:2019/07/18(木) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/18(木) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP