今注目のニュース
ハーゲンダッツ「ミニカップ リッチ パンプキン」「クリスピーサンド 紫イモのタルトレット」を同時発売
幻のダズル迷彩を車輪モチーフでアレンジした、ナリフリらしい新コレクション登場。
松本人志、アンパンチ否定派に呆れ顔 過去には「攻撃力をアップしろ」

主権回復を目指す会単語

シュケンカイフクヲメザスカイ

掲示板をみる(66)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

主権回復を目指す会とは、保守系の市民団体である。略称は「権」「権会」。

概要

現在日本アメリカ中国朝鮮等の内政干渉により事実権を喪失しているとし、これらの外圧を排して権を回復することを的としてデモ宣などの集団示威行動を企画・実行している、いわゆる「行動する保守」に分類される団体の一つ。代表は西村修平

しかし会では「保守」という呼称は使っておらず、「愛国」を使用している。

同じく「行動する保守」に分類される「在日特権を許さない市民の会在特会)」や「日本を護る市民の会日護会)」と行動原理は似ているが、在特会嫌韓在日朝鮮人攻撃を、日護会は反創価学会運動を、それぞれ運動の中心に据えているのに対し、権は反中運動運動の中心に据えている団体として位置付けられる。

民事訴訟時に「権利なき社団」としての要件を満たさないとされるほど規模は小さく、西村代表の個人団体としての側面も強い。また平成22年2010年9月には古参会員がクーデターを起こして解散を画策したこともあり、動員はさほど高くなく、デモ宣は在特会などの他団体と共催で行うことが多い。

他方で顧問として右系の大学教授地方議員が名前を並べていることやベテラン活動家が多いことからもわかるように、各方面とのパイプは素人集団的な色彩が強い在特会その他の「行動する保守」系団体よりも太いとされる。京都朝鮮学校前で行った宣を巡って会員が逮捕された際には、弁護士が見つからず右往左往する在特会側をに、右弁護士として名高い徳永信一を弁護人に選任するという手際のよさを見せている。

また西村代表の気性もあって元々は武闘と見られていたが、在特会チーム関西が違法行為を次々に重ね、しかもそれを肯定する姿勢を見せたのに対し、危機管理がまるでなっていない暴走集団だと批判参考exit)。また福島第一原発事故の後、原発再稼動の必要性を訴え始めた在特会に対し、「現行の原子力政策への異論を一に『反日左翼』と決め付け、レッテル貼りに狂奔し、建設的な議論からも遁走している」と痛批判を飛ばすなど(参考exit)、武闘として急進化を進める在特会との方針の違いが浮き彫りになりつつある。

最近ではカウンター側である山口二郎などと共闘し、保守系への批判を続けている。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/19(月) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/19(月) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP