今注目のニュース
「思った以上に衝撃的」 海外のマクドナルドの看板がどう見ても偽物
おぎやはぎ矢作、闇営業は「1億円なら断らない」 人力舎も契約書ナシ?
「出産に立ち会えない…」軍人に飛行機チケットをプレゼント

乙武洋匡単語

オトタケヒロタダ

掲示板をみる(1,627)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

乙武洋匡とは、「動く不謹慎」の異名を取るスポーツライターエッセイスト、教師である。

来歴

「先性四肢切断」という、生まれつき両手両足が存在しない重度の障を持って生まれ、普段は電動式車椅子に乗って生活している。よく勘違いされるが、腕や脚が全くないわけではない(ごくごく短い、本人く「手羽先みたいな」腕と脚がちゃんとあり、自分で歩いたりタイピングしたりすることもできる)

早稲田大学在籍中にまちづくりサークルでの活動がテレビに取り上げられたのをきっかけに、1998年にその半生を描いた自伝「五体不満足」を出版。日本出版史上歴代3位という前の大ベストセラーを記録し、一躍有名になった。

大学卒業後はスポーツライターとして取材活動を行なうとともに、新宿区の非常勤職員を務めたり、教員免許を取得して小学校教師を務めたりと、様々な分野で精的に活動している。
2001年結婚現在父親でもある。

その思想

「障は自分の特長の一つ」「不便ではあるが、不幸ではない」という考えを持っており、必要以上に障者に気を遣ったり、障マイナスと捉えたりせず、健常者と障者が全く同じように接することができる「心のバリアフリー」を説く。
その名を一気に有名にした「五体不満足からして、「ダルマ状態のちゃんが車椅子の上でニコニコと満面の笑みを浮かべている」という、障ネタにありがちな「可哀想だけど必死に頑社会的弱者」のイメージからはかけ離れた表であった。

しかし、読者にその意が伝わることは少なく、世間からは障者の可哀想なお兄さんという視線を受け続けた。
五体不満足という本はそもそも前述のような意図で執筆されたものであり、多くの読者悲観的な受け取り方をの当たりにして、本人は少々辛い思いをしたと本音を吐露したことも。
あげくスポーツライター時代も同業者の一部からは、「障者だからたいしたものが書けなくてもちやほやされる」 という冷たいで見られたり、そういう酷な態度を取られたこともある………。 世間というのは一見優しいように見えて残酷である。

「障は特長(特徴ではなく特長)」という考え方から、自身のブログツイッターでは、周囲がになるレベルブラックな障ネタジョークを次々と飛ばす。
容姿と知名度から、2chでは後述する「Z武」をはじめ、不謹慎極まりないネタ中傷が創設当初から多く書き込まれていたが、それらの中傷も「慢心しそうになる自分に対する」と許容し、ネタの類に対しては「DAIGOさんとコラボするがお気に入り」と自ら積極的に介入する始末。(気になる人は「乙武洋匡 DAIGO」でぐぐってみよう! 多分笑っていいのか本気で悩むぞ!)

絶望してもおかしくない重度の障を抱えながら、それを100%ポジティブにとらえて笑い飛ばす姿勢と生き方は、多くの人々から「の強者」「武さんにだけは勝てる気がしない」と尊敬を集めている。

Z武

ヽ(´ー`)ノ
(___)
|   |~~
◎ ̄ ̄◎ ころころ

2ちゃんねる明期から存在した、武さんをモチーフにしたAAキャラ
あくまでも「武さんとは関係ないオリジナルキャラ」という体であり、読み方は「ズィーブ」である。
「なのさ~」という尾が特徴。

大抵の場合は電車に引かれたり、やたら嫌らしいセリフを吐いたりと、まだまだアングラ感があった当時の2chらしい碌でもない扱いを受けるキャラだった。
現在は本人認となってしまった上に、本物の方がかに不謹慎であるためか、あまり見かけないAAである。

銀座イタリアンレストラン事件

2013年5月銀座イタリアンレストラン「TRATTORIA GANZO」にて、入店拒否される事案があった。武氏は予約した時、レストラン側に車いすユーザーであることを事前に連絡しなかった。ところが、レストランのある2階にはエレベーターが止らないため「(車いすであることは)事前に言っておくのが常識」と言われ、入店拒否されてしまった。これに関して武氏はTwitter投稿をし、イタリアンレストラン炎上してしまった。

2017年6月武氏は木英登さんに関する記事で、銀行イタリアンレストラン事件について謝罪した。

今日は、銀座で夕食のはずだった。「TRATTORIA GANZO」というイタリアンが評判よさそうだったので、楽しみに予約しておいた。が、到着してみると、車いすだからと入店拒否された。「車いすなら、事前に言っておくのが常識だ」「ほかのお客様の迷惑になる」――こんな経験は初めてだ。

togetterまとめexitより)

それを「クレーマー」だの「プロ者」だと批判するのは、木さんに「おまえは理不尽な門前払いに泣き寝入りをすべきだった」と言っているに等しい。特に善する必要性を感じていない健常者にとってはあまり理解してもらえない感覚かもしれないが、障者にとってはまだまだ理不尽だと感じられるこの社会環境を変えていくには、あえて波を立てていく場面が必要にもなってくる。

最後になりましたが、銀座イタリアン事件については、申し訳ありませんでした。

(HuffPostJapanバニラ・エアが燃えている。しかし、木島さんも燃えている。exitより)

関連動画

関連生放送

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/20(土) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/20(土) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP