今注目のニュース
アニメ映画「プロメア」“滅殺開墾ビーム”Tシャツが発売中止に 「集団虐殺(ジェノサイド)」表すローマ字に海外ファンから指摘
肘外側の痛みをなくす手の使い方とは
海外サッカーファン小柳ルミ子のガチ「toto」予想結果が凄すぎ!? 「toto」の種類から買い方までの永久保存版レクチャーもあり!

九七式中戦車改単語

キュウナナシキチュウセンシャカイ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

九七式中戦車改とは、大日本帝国陸軍が運用した中戦車である。

(以下、チハと呼称。)

概要

九七式中戦車体を利用した、新戦車向け大搭及び新戦車テストベッドだったが、紆余曲折の末に九七式中戦車として急遽量産化がされることになる。

現代では一般的に「新砲搭チハ」、「チハ」と呼ばれるが、便宜上での呼称であり正式名称は特にない。少なくとも、当時の搭乗員からは「九七チハ、中には一式中戦車とも呼ばれることもあったという。また他部署からは「97MTK/47」や「97MTK(47)」、単に「九七式中戦車」と呼ばれた。

構造

全長 5.55m
全幅 2.33m
全高 2.38m
重量 15.8t(全備)/14.8t(自重)
武装(装弾数) 一式47mm戦車×1(100発)/車載機関銃×2(4220発)
装甲(部位) 25mm(要部)
路上速度 約38km/h
エンジン 冷V12気筒ディーゼル

武装
  • 武装
    武装の一式47mm戦車は、1.5kgの徹甲弾口初速810m/sで発射し、1000mの距離にある約50mm厚の装甲を貫通できた。また搭旋回によらずとも肩当てを方で押すことで、の向きを左右上下に微調整でき、ハンドル操作との切り替えやロックもあった。使用弾は一式徹甲弾・四式徹甲弾・九八式榴弾である。性火力・精度ともに45mm級戦車較してもそれほど劣ってはいなかったが、試作の段階で陸軍の仮想敵であるソ連は野級の戦車完成させ、ドイツアメリカでも開発に着手されつつあり、この段階で陳腐化しつつあった。
    当時は策上は航空機や艦艇にリソースが優先的に振り分けられており、特に火製造のノウハウや時間が不足していたため、これ以上の戦車の開発製造は構想そのものはあったが、早急な実現は困難だった。
  • 副武装
    一式47mm戦車以外には九七式車載機関銃を二丁があり、体正面と搭後部にそれぞれ一丁ずつ装備されていた。搭後部にあるものは、あまり役に立たなかったため、外して搭上に置いて敵航空機薄する歩兵に用いる場合もあった。
防御面

九七式中戦車から変化はしておらず、や底面を除けば20~25mm厚の部分が多くを占める。九七式中戦車が採用された当時は世界標準であり、7.7~12.7mm程度の弾であれば十分に耐えられた。

一方、前線部隊からはやや不評であり、敵の小口径対戦車の射撃を200m以内で防げないという理由から日中戦争の段階ですでに不十分というが上がっている。

機動性

搭載されているエンジン九七式中戦車から変化なく、不整地における機動性や信頼性は劣悪である。

このエンジン、カタログ上では最大出200を発揮することになっているが、試験では170程度にとどまり、エンジン耐久性も低かったため、実戦では140に制限された。採用と同時期の戦車べてもトン辺りの出は劣悪であり、整地なら問題ないが不整地ではそれが顕著に現れたという。

おまけ機械的信頼性もお世辞に良いと言い難く、これ以前に採用された九五式軽戦車 ハ号のそれとべて、むしろ悪化していた。

(そのため九七式中戦車の後継車両は、当初ガソリンエンジンやハ号と同様のものを使用する案もあった。)

変速装置も他べて遅れており、操縦がやや複雑でクセが強く重量が増せば増すほど、レバー操作が重くなるという特性があり、チハは重量が増えているためレバー操作が悪化していると思われる。

(善のためには軽量化か油圧機器の補助が必要で、油圧機器が完成しない限りは装甲強化が簡単にできなかった。)

歴史

開発(?)

1940年末にはすでに存在していたともいわれ、その後試験や修を繰り返し、約半年後の1941年6月に行われた戦車学校に委託した実用試験のの結果から、現用の中戦車であった九七式中戦車良案としてどうかと打診していたとされるが、

チハはあくまでも新搭(+新)の試験用架台にすぎず、当の新戦車への武装はどこか曖昧なところもあり、新戦車搭はもちろんその搭載である47mm戦車の、1942年以降の量産計画はまだ存在していなかった。

この47mm戦車は、1939年6月頃に行われた戦車部隊関係者による会議において、「将来的に戦車同士の戦闘が増える可性が高い」という予測から構想された火であったが、外れるかもしれない予想であったし、「戦車同士の遭遇戦自体が希であり、極少数の自軍戦車を、敵の極少数の戦車に当てるのは効率が悪い」という思想が多数を占めていた当時、そこまで速急の要望ではなかった。

この懸念や構想の直後、久方ぶりの近代戦であるノモンハン事件の戦闘報告が流れてくると、戦車同士の戦い自体の増加が絵事ではないことを理解し、同年9月から開発に取りかかることになった。

(ただし、戦車同士の戦闘を積極的に行うのはよろしくない、という考えは多数のままである。)

ちなみに、この47mm戦車九七式中戦車の搭載に中々ならなかった理由は、九七式中戦車戦闘面以外に問題を多数抱えていたため、早急に後継戦車バトンタッチして、その量産を短期で終わらせる計画だったためである。

(後継戦車の計画は予算や開発経験の不足、世界情勢の変化に振り回され二転三転し、結局間に合っていない。)

量産化

チハの量産化を決定付けた出来事は、1941年12月に勃発した太平洋戦争の序盤で起きた、アメリカ軍の使用するM3軽戦車との戦車戦である。日本軍側の戦車身の短い57mm37mmであり、土嚢で固めた機地の制圧を的に作られた火戦車相手に使うことはあまり考えられていなかった。一応、ソ連のBT戦車装甲車には有効だったが、本格的な防御火力を備えたこのM3軽戦車には通用せず、苦戦を強いられた。

そこで、新搭のテストベッドとして使用されていたチハ白羽の矢が立ち、急遽量産化が決まりその作業が急ピッチで行われ、1942年3月20日に10両のチハが前線に送られた。

同年3月29日チハフィリピンリンガエン湾東マビラオに上陸、4月1日バター半島にいた戦車七連隊と合流する。翌日鹵獲したM3軽戦車対し、調整のための射撃試験を行い充分な結果を得た。これまでの戦車では装甲を貫くことが出来ず、榴弾を多数命中させなければ撃破できなかったのが、チハ1000mの距離でその装甲を貫くことができたのである。

チハ初陣となったのは4月7日フィリピン攻略戦であり、この戦闘で友軍航空部隊との共同下、M3軽戦車3両を撃破する戦果を上げた。以降、チハ日本陸軍戦車部隊の戦車として量産が進められ従来の九七式中戦車とともに運用が進められることになるが、1943年末以降から投入されたM4中戦車の対処に苦慮し、各地で破れていく。

具体的には、チハが搭載する一式47mm戦車ではM4中戦車の正面装甲を貫くことが出来ず、常に側面からの奇襲に頼らざるを得なかった。

例えば、大規模な戦車戦が発生した1945年フィリピンの戦いでは、70m以内に接近しなければ有効弾を与えられなかったといわれている。(ただし、同時期に発生したビルマの戦いにおいて、2両のチハ400m程度の距離にいるM4中戦車部隊対して側面から攻撃し、二両炎上させた戦闘の例もあるため単純なの不足だけが原因ではない。)

その他

関連動画

 

関連静画

 

関連商品

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2019/11/22(金) 23:59:09 ID: orNDzeqyUR

    記事作成乙
    戦車第七連隊には前面装甲を50mmにした増加装甲チハが数輌配備されてたとか

急上昇ワード

最終更新:2019/12/15(日) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/15(日) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP