乱闘単語

ラントウ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

乱闘とは、れてうことである。

概要

敵対同士にある両者が、一対一ではなく、入り乱れた様相で闘うことを表す言葉である。

プロ野球でいざこざが発生した際も「乱闘」と呼ばれる。デットボールセーフアウトの可否、などで相手チームと争う場合、大抵の場合は両方のチームベンチから一斉に問題発生地点に駆け入る。そして審判を交えた口論(論争)になる。最悪の場合、暴行や退場に発展する場合もある。

なお、ニコニコ動画での俗語新井が悪い」もプロ野球の乱闘から生まれた言葉である。

関連動画

その他の動画は、タグ検索「乱闘」exit_nicovideoへ。

関連コミュニティ

乱闘に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 5ななしのよっしん

    2020/04/12(日) 20:33:25 ID: KRiGwo27hl

    乱闘が嫌だから野球は見ない

  • 6ななしのよっしん

    2020/05/04(月) 16:31:03 ID: J/A89Q1OdY

    乱闘オリックス×ライオンズSPECIAL… (昨年)

  • 71541

    2020/07/26(日) 15:55:32 ID: CzpF73LygW

    >>3
     端的に言うと、大半の乱闘は危険行為をしてきたを威嚇するために発生する
     昔の野球は危険行為、特にデッドボールとスライディング、に対する罰則があいまいだったり軽かった(と選手が考えていた)ので、当事者を「恫」することでそういった危険行為を連発することへの抑止としてきた歴史がある
     あくまで「恫的なので、明らかに怪させような暴行は基本的に許されない(特にバット具を持ち出すのは重大なタブー)し、お互い行き過ぎを止めるためにベンチの選手もとりあえず出て行く
     近年では危険球退場の厳格適用やコリジョンルールで危険なプレイに対する制度が整ってきたこと、暴力に対する潮の変化もあって、乱闘が発生する頻度は相当減少しつつある 今でも詰め寄りにいくくらいはたまに起きるけど

    あと日本の場合は代表戦が頻繁に行われるようになって選手同士が顔見知りになったこともトラブルの減少に寄与していると思われる

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/27(日) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/27(日) 20:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP