今注目のニュース
サラリーマンは「上司が最大のリスク」 死ねと言われる、手柄を取られる…“上司ガチャ”でハズレを引いた人たち
「マジックインキ」が靴下になった はてなマークがカワイイ「マジックインキ 極短ソックス」が登場!
『Hotline Miami Collection』がNintendo Switchで今秋発売決定。80年代カルチャーと暴力を描く名作アクション、シリーズ2作をセットに

乾巧単語

ネコジタタックン

掲示板をみる(270)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「戦うことが罪なら、が背負ってやる!」

乾巧(いぬい たくみ)とは、特撮ドラマ仮面ライダー555』の主人公である。

演:半田健人

悪かったな…概要が短くて。

第1話にて偶然園田真理と出会い、変身ベルトファイズドライバー』を装着して仮面ライダーファイズ変身する。
その後、真理と共に菊池啓太郎の経営しているクリーニング店で住み込みのバイトをすることとなる。

想で不機嫌そうな態度を見せることが多いが、他人を裏切ったり、傷つける事を恐れているだけで、本来は不器用ではあるが優しく、強い正義感を持った青年である。
クウガ』の五代雄介、『アギト』の津上翔一、『龍騎』の城戸真司と、「優しい馬鹿」で続いた歴代主人公から一転してツンデレな性格。あと猫舌

戦闘の際、手首をスナップさせる癖がある。かっこいいから真似してみよう。
戦闘はラフなケンファイト体であり、スナップ癖も合わせて、ライダー変身者が変わることのある本作では動きを見ただけで巧が変身しているとわかる

ファンの間では菊池啓太郎からの呼称である「たっくん」と呼ばれる事が多い。

仮面ライダーファイズ(( || ))

ファイズギアを使用することで変身できる仮面ライダー
携帯電話デバイスファイズフォン』に変身コード555」を入し、ベルト本体に装填することで変身することができる。
他のベルトにべて変身条件が厳格であり、資格を持つ者以外が装着しようとしても弾き飛ばされてしまう。
その代わり資質のいものが変身しても副作用死亡したり精に変調をおこすことがなく、ある意味もっとも安全なベルトと言える。
3本のうち最後に作られたベルトであるが、基本スペックは3本中最低。しかし追加装備が多く、装備の充実がそのまま最強へと繋がる。パンチは2.5t、キックは5t。劇中ではに巧が装着していた。

流体エネルギーフォトンブラッド』をエネルギーとして使用するユニットであり、全身の回路をこれが流れている(『フォトンストリーム』)ため、暗いところでっているのが特徴的。変身に成功した場合『COMPLETE』の音が鳴るが、変身できなかった場合は『ERROR』と言う音が鳴り、先述の通り弾き飛ばされる。

顔の複眼『アルティメットファインダー』とフォトンストリームが暗所で発するギミックがあるが、この状態では全く前が見えないスーツであるのはファンの間では有名な話(後の『ディケイド』では技術の進歩によりある程度の視界は確保された)。スーツアクター高岩氏は当初このフォトンストリームを気持ち悪がったと言う。

必殺技

各種必殺技の発動には、ファイズドライバー中央部のファイズフォンのエンブレムミッションメモリー』を使用する デバイスセットし(この時、『READY』と音が鳴る)、ファイズフォンのENTERボタンを押す必要がある(『エクシードチャージ』)。セットをして技を発動するまでの間「ピピピピピ…」という待機音がする。

他にファイズに変身した登場人物

ファイズギア本編で奪われることがよくあり、それ故に他の登場人物も変身している。

ただし、いずれもオートバジン真理啓太郎によって巧の元に戻ることが多い。

「やっぱり、ファイズたっくんじゃないと」
「ああ、かもな」

アクセルフォーム

腕時計デバイスファイズアクセル』に付属している、アクセルフォーム起動専用メモリーアクセルメモリー』をファイズフォンにセットすることで『COMPLETE』の音と共に変身(変形)する、高速戦闘フォーム。
胸部カバーフルメタルラング』が開き、フォトンブラッドの増幅・貯蓄炉『ブラッディ・コア』を露出。全身のフォトンストリーム銀色の『シルバーストリーム』に変化し、アルティメットファインダーくなる。

この状態でファイズアクセルスイッチを押すことで『START UP』の音とともに10間、全ての行動が通常の1000倍にスピードアップする。10経過すると自動的にフルメタルラングが閉じて、『REFORMATION』の音と共に通常形態に戻る。加速せずにフォーム維持するだけなら34間可
このフォームでも上記の必殺技は全て使用可であり、その速度ゆえに通常形態では対単体だった技をどれも多数相手に同時に叩き込める非常に強フォーム。劇中でもほとんどの敵は対抗策を持っていなかった。

ただし、制限時間を越えて使用すると負荷でスーツが破損、劣化フォトンブラッドを周囲3キロに渡って撒き散らしてしまう危険があるため、安全のために制限時間に達するとファイズアクセルが強制的に元の姿に戻す。
ちなみにフォトンストリーム銀色になるのは高出化によるフォトンブラッドの耐久限界の危険信号の印でもある。

入手経路は明らかにされてないが、一時「ラッキークローバー」の磨に奪われたファイズドライバーを奪い返した加が、磨が所有していたファイズアクセルも奪ったものと思われる。

必殺技

なお、同じく高速戦闘を可にする仮面ライダーカブトの『クロックアップ』とは、どちらが速いかが度々論争になる。
2009年の『仮面ライダーディケイド』ではディケイドファイズアクセルフォームと仮面ライダーザビーライダーフォームが対決、高速戦闘状態下で互戦闘を繰り広げたことから、少なくともディケイド世界観下では同程度の速さのようである。
ちなみにこの時はディケイド変身している都合上、変身フォームライド ファイズアクセル」のカードで行われたため、アクセルメモリーファイズアクセル本体に装着されたままになっていた。

ブラスターフォーム

トランクボックスツールファイズブラスター』のコンソール変身コード555」を入(『STANDING BY』の音が鳴る)し、ファイズフォンをセットすることで『AWAKENING』の音とともに宇宙にあるスマートブレイン人工衛星イーグルサット』からを浴び、スーツ再起動して変身する強化フォーム。

全身にフォトンブラッドが充満することで、ボディがく発する『クリムゾンクロス』状態となる。
余りに大量のフォトンブラッドを充填しているため、並みのオルフェノクでは触れただけで化してしまう(内部の冷却装置が強なため、装着者にダメージはない)。ちなみにフォトンストリームは『ブラックアウトストリーム』となり、全身のフォトンブラッドの逆流やそれによる自壊を防ぐ為の安全機構となる。

フルメタルラングはさらに強固な『アブリュートラング』に変化し、アルティメットファインダーはVer.2に進化。身体も飛躍的に上昇し、パンチは4t、キックは8tとなる。
背中の『フォトンフィールドフローター』(PFF)で飛行も可になっている。また、背中から肩に展開する『ブラッディ・キャノン』という武器を持つ。
変身に使用したファイズブラスターは、拡散フォトンブラッドフォトンバスター』、大フォトンブラッドフォトンレイカー』として使用できる、遠近両用の強な武装となっている。

ノーマル時の必殺技は、スパークルカット以外使用可
特にクリムゾンスマッシュは威30tに達し、劇場版オーガと戦った際にスタジアムを吹き飛ばしかねない量のフォトンブラッドが飛び散るなど、較にならないパワーアップを果たした『強化クリムゾンスマッシュ』となった。

……のだが、中盤に登場してから終盤まで使われ続け印的な活躍を見せたアクセルフォームに対し、ブラスターフォームはわずかな回数しか使用されなかった。前者に人気が食われがちなため、やや不遇なフォームとしても微妙に有名な方だったりする。

入手経路はこれまたで、巧がいない間に小包で送られてきており(啓太く「変な男の人からもらった」)、形が戦いを盛り上げるために送った、オルフェノクの戦いを知る者で人間として生きるオルフェノクもしくはスマートブレインの者が送った、など諸説ある。

ウルフオルフェノク※ネタバレ注意

彼が劇中で変身するオルフェノク
スピードは全オルフェノクの中でもトップクラス。特に武装は持たないが、メリケンサック状になった拳等、全身を器とした肉弾戦が得意。なお、劇場版では下半身がよりらしい造リファインされている。

実は幼少期に一度死亡しており、物語が開始される前からオルフェノクとして覚醒していた。
この伏線は最序盤からられており、例えば巧は第一話で現れたオルフェノクに対し特別驚いた様子を見せていない(=オルフェノクについて既によく知っている)。

劇中でも巧は自身の正体をろうとはせず、ライダーギアを奪われて変身できない場合などの苦の手段として変身した。

最終回では木場によってスマートブレインの施設に送られ、オルフェノクの滅びを避けるための実験体として細胞の崩壊過程をめる措置を施されてしまう。劇中ではこれ以前にもオルフェノクとしての「死」の前兆(体が少しずつになる)が表れていたため、最終話以後のそう遠くない未来に死を迎える可性が暗示されている。

いわゆる、「主人公怪人」である仮面ライダーの基本ギミックを最も強く取り入れた要素である。

オートバジン

ファイズ専用のバイク。形式番号はSB-555V。ベースは「ホンダXR250」。
詳しくは個別記事があるので、そちらを参照のこと。

『仮面ライダーディケイド』での仮面ライダーファイズ

演:制野峻右 / 赤羽根健治MOVIE大戦2010

ファイズ世界」などで登場。
この世界ではスマートブレインハイスクールの生徒、尾上タクミ変身オルフェノクの脅威から皆を守るため密かに戦っていた。
タイガーオルフェノクラッキークローバーとの戦いでは、仮面ライダーディケイドファイナルフォームライドファイズブラスター」により変形。ファイナルアタックライド「ディケイドフォトン」で彼らを葬った。
なお、原典同様タクミの正体はウルフオルフェノクであった
また、オートバジンは第1話にてディケイドファイズアタックライドのカードで、マシンディケイダーが変身することで登場した。

『仮面ライダー大戦』での乾巧 / 仮面ライダーファイズ

映画平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』に登場した際には本編から10年後という設定になっており、28歳。
本編のある設定と食い違うのだがツッコんではいけない。

門矢士 / 仮面ライダーディケイドによって再び戦うように誘いを受けるが、過去の戦いがトラウマになっているため拒否。
この世界歴史では、草加雅人が巧のの前でホースオルフェノク殺され化したことになっており、そのことが未だに巧の頭の中から離れないでいた。

だが、神敬介 / 仮面ライダーXと関わった際に彼から「戦うを持つ大人の役割」を教えられ、再びファイズとして戦うことを決意する。

ちなみに原典同様に半田健人氏が演じている。実時間でも『555』放送から10年経過しており、演者の半田氏が・容姿共に円熟していたため、視聴者からは「たっさん」と呼ばれたりしている。

『スーパーヒーロー大戦GP』での乾巧 / 仮面ライダーファイズ

映画スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』では、裏切り者を狙うショッカーの刺客として登場。
また、その続編『dビデオスペシャル 仮面ライダー4号』でも登場する。
前年から引き続き、原典同様に半田健人氏が演じている。

『仮面ライダージオウ』での乾巧

仮面ライダージオウ』第5話にて西暦2018年草加雅人と共に登場。『555本編の時代(2003年)から15年後という設定。演じるのは引き続き原典同様の半田健人

その後、常磐ソウゴの前に現れアナザーライダーの事件解決に協。(この時、クリーニング店「西洋洗濯舗」の名刺を見せ自らを夢をっていた)

草加雅人とは互いに反するも、彼の危機に助けるなど仲間としては大切にしている模様。

乾巧を演じた人物

客演作品やゲーム作品ではオリジナル半田氏ではなく、代役として声優が起用されることがある。

俺には見たい動画は無い。でもな…動画を守ることならできる。

俺にも…ようやく夢が見つかった…。皆が関連商品を買えます様に…。

きっついな…。関連項目を付けるのは…

掲示板

  • 268ななしのよっしん

    2018/10/27(土) 19:54:08 ID: 1ca5pNKuv2

    >>262 パラロスの時のエキストラが1万人以上というのはホント
    ギネスになったけど

  • 269ななしのよっしん

    2019/04/23(火) 12:13:34 ID: GnWQsF/5Sh

    >>268
    ちなみにそのエキストラの中には声優真田アサミの姿が

  • 270ななしのよっしん

    2019/04/23(火) 12:16:19 ID: u6QNqZOofE

    丸顔つながりか!

急上昇ワード

最終更新:2019/08/20(火) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/20(火) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP