二式飛行艇単語

ニシキヒコウテイ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(70)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

二式飛行艇とは、大日本帝国海軍の大飛行艇である。通称二式大艇。
略符号はH8K(H=飛行艇、8=(飛行艇の)8番、K=製造:川西航空機)。

概要

飛行艇開発に熱心な帝国海軍は、1938年1月8日九七式飛行艇を制式採用した。当時欧が配備していた飛行艇よりも優れた傑作機であったが、開発開始から実に4年もの歳を費やしていた。後継機開発も同じように時間が掛かるだろうと判断した海軍は、々に次世代機の開発に取り掛かった。

帝国海軍の要川西航空機が設計・製作した四発大飛行艇で、第二次世界大戦当時の飛行艇の中では最高性を持った傑作機である。試作や生機を含めて複数のが存在するが、一二(H8K2)を例に取ると最高速454km/h、航続距離7153km、武装が20mm旋回5門、7.7mm旋回4挺、爆装として250kg爆弾8発、または航空魚雷2本などが搭載できる。
本機の操縦装置は油圧補助の人力によるもので、昇降の操作は一人でなく、正副操縦士の前に置かれたΠの操縦桿を、二人がかりで操作する。(九七式飛行艇から続いて採用された親子式二重フラップは油圧駆動)

本機には陸上に着陸、もしくは面から上陸するための脚が内蔵されておらず、着後に陸上に上がる際は850kg近い台車を洋上において人力で装着した。

中性、攻撃、防御に優れていた事で恐るべき機体として連合から認知され、戦中は各地で索敵・偵察・爆撃・輸送など多岐に活躍した。しかし戦中後期になると制権を失った中で敵戦闘機の前に次々と落とされてしまい、戦後まで残存した機体はほとんどい。

現存する二式飛行艇は特攻基地で有名だった海上自衛隊鹿航空基地資料館に野外展示してある。
なお、終戦後、川西航空機は社名を変更して新明和興行を経て新明和工業となり、一時はGHQによって中止されていた航空機の製造も再開し、その中でUS-1(US-1A)、US-2などの飛行艇の製造も続けている。

種類(量産されたものは太字。その他は試作機のみ)

関連動画

動画検索リンク「二式飛行艇 or 二式大艇」exit_nicovideo

実際の記録映像など

ゲーム動画、MMDユーザモデル・同作品など

現在の新明和工業の機体など

関連静画

静画検索リンク「二式飛行艇 or 二式大艇」

関連商品

外部リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 68ななしのよっしん

    2019/12/31(火) 08:42:07 ID: K3pb6BTFrS

    >>60
    船団を見つけたら複数の潜水艦が寄ってくるから護衛がいても厳しい。
    少数に護衛を二隻付けるのが最適なのだがそんなに駆逐艦いないよね?ってなる

  • 69ななしのよっしん

    2020/05/09(土) 13:06:07 ID: p34F7LX4iF

    長大な丈夫な滑走路が少なく、大重量の機体を支える脚を作る技術がなかった
    日本が4発機を作るにはぶっちゃけ飛行艇しか選択肢がなかった

  • 70ななしのよっしん

    2020/06/28(日) 07:12:44 ID: cLRzHbB0DD

    >>67
    それなら九七式自動を対用に改造した対物ライフルに撃墜されてるアメリカ機もクソ雑魚だなw

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/28(土) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/28(土) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP