今注目のニュース
地元人も「さっぱり意味がわからない」 東北地方に伝わる謎の踊り「ナニャドヤラ」とは
地下室にある12の物のうち、最初に注目した物であなたに潜んでいる悩みや思いをあぶりだす心理テスト
我が子がADHDと診断され、自分もADHDであることがわかった母親(オーストラリア)

五十嵐充単語

イガラシミツル

掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

五十嵐充とは、日本音楽プロデューサーである。

概要

1969年5月17日生まれ、神奈川県横浜市出身

横浜高校卒業後、明治学院大学を除籍となる。それと前後して、松浦勝人が経営していた貸レコード店でアルバイト勤務を始め、後に店長を任される。
これが縁となり、24歳頃から、avex系列会社が運営するスタジオ電話番を務めながら、本格的に作曲を開始。
1995年持田香織を紹介されてデモデータを作成。その後、持田デビューが決まると、松浦から「ユニットとして、持田といっしょに表に出てみないか」と勧められてEvery Little Thingを結成、1996年デビューする。

2000年3月作家業に専念したいとELTを脱退。dream観月ありさなどへ曲を提供する。
2002年8月からは、day after tomorrowサウンドプロデュースを担当。シングル「君とえた奇蹟」の作詞アルバムで数曲を作曲した以外は、ほとんどが編曲者としての関与にとどまった。

2005年day after tomorrowが休止を表明後、自身のキャリアでは初となる男性ボーカルバンド編成に着手。2008年RUSHMOREとして形ができあがり、2009年正式にデビューRUSHMOREでは、自身もkeyboardsで名を連ねている。

作品の特徴

Time goes by」の大ヒットにより、ELTといえばバラードというイメージが定着したが、氏の本領は、ユーロビートの要素を取り入れたミクスチャーロックで発揮されるといっても過言ではないだろう。
これは、幼少期にエレクトーンを習い始めたが、中学期に左足を折してギターへ転向、高校期にディスコで聞いたユーロビートに衝撃を受け、また、周りに自分よりもはるかギターがうまい者が多かったため、鍵盤楽器へ再転向という遍歴によるものである。

関連動画

 

関連商品

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2011/11/27(日) 17:26:36 ID: bBqkr4D4UO

    ELTの初期のユーロビートは今でも聴いてる

  • 2ななしのよっしん

    2014/07/07(月) 17:29:03 ID: 8MOGQaDxNd

    結局ELTの曲で今も人気のやつは五十嵐さんの曲ばっかなんだよな

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP