今注目のニュース
カミナリまなぶ、親から月36万円の小遣い 「総額2376万円」にドン引き
森会長の「マスクなしで頑張る」発言に“精神論”と厳しい声続出
クルマの自動ブレーキ装着義務化で、交通事故はどのぐらい減るのか?

井上夢人単語

イノウエユメヒト

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

井上夢人いのうえ ゆめひと)とは、日本小説家。推理作家ユニット岡嶋二人」の執筆担当だった方。

概要

1950年12月9日生まれ、福岡県出身。多摩芸術学園映画中退。本名・井上

徳山諄一とコンビを組み、「岡嶋二人」として1982年に『焦色のパステル』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。全作品の本文執筆を担当した。1989年に実質井上の単独作である『クラインの壷』を刊行したのち、ユニットを解消(その末は『おかしな二人』に詳しい)。

1992年、『ダレカガナカニイル…』で「井上夢人」名義で再デビュー。「岡嶋二人」時代は誘拐ものを中心にしたミステリー作家だったが、井上名義になってからはSFへの傾斜が強まり、SF的な特殊設定のミステリーホラーサスペンスが多い。また岡嶋時代から代表作の『99%の誘拐』のようにコンピュータハイテク機器を題材にとった作品があったが、井上名義でもまだインターネットがさほど普及していない時代に『パワーオフ』のようなコンピューターウィルスを題材にした小説を書いたり、web上で99人の登場人物間を自由にザッピングできるハイパーテキスト小説99人の最終電車exit』を発表するなどしていた。公式サイト夢人.comexit」では作品の冒頭の立ち読みなども可

軽妙な会話にも定評があり、地の文が一切存在しない会話のみの作品集『もつれっぱなし』のような作品もある。長編はわりと分厚い作品が多いが、非常に読みやすい文章を書く作家なので、厚さに込みせず読んでみるといいだろう。

井上名義での代表作は『ダレカガナカニイル…』、『プラスティック』、『オルファクトグラム』、『ラバーソウル』など。

岡嶋二人」時代は8年間で26冊+αコンスタントに作品を発表していたが、再デビュー後は非常にのんびりしたペース仕事をしており、再デビューから25年以上経つのに著作は14冊と、ようやく岡嶋時代の半分をえた程度。『あわせに飛び込んで』巻末の大沢在昌との対談によれば、100枚とか200枚とか書いた原稿を気に入らないからと全部消して頭から書き直したり、締め切り日に原稿を全部消したりとかいうことをよくやっているらしく、大沢から「それはアマチュアだよ」とか言われている。

「四十四年後の明」(『もつれっぱなし』収録)は「2040年メリークリスマス」のタイトルで『世にも奇妙な物語』でドラマ化されており、ドラマとしても評価が高い。他、「が吹いたら屋がもうかる」はテレビ朝日幻想ミッドナイト』内で、『オルファクトグラム』はWOWOWドラマ化されている。

作品リスト

  1. ダレカガナカニイル1992年新潮社1995年、新潮文庫→2004年講談社文庫)
  2. あくむ1993年集英社1996年集英社文庫)
  3. プラスティック1994年双葉社1998年双葉文庫→2001年講談社ノベルス2004年講談社文庫)
  4. パワーオフ1996年集英社1999年集英社文庫)
  5. もつれっぱなし1996年文藝春秋2000年、文文庫→2006年講談社文庫)
  6. メドゥサ、をごらん1997年双葉社2000年講談社ノベルス2002年講談社文庫)
  7. が吹いたら屋がもうかる1997年集英社2000年集英社文庫)
  8. オルファクトグラム2000年毎日新聞社→2001年講談社ノベルス2005年講談社文庫[上下巻])
  9. クリスマスの4人2001年光文社2004年光文社文庫)
  10. the TEAM2006年集英社2009年集英社文庫)
  11. あわせに飛び込んで2008年講談社文庫)
  12. 魔法使いの弟子たち2010年講談社2013年講談社文庫[上下巻])
  13. バーソウル2012年講談社2014年講談社文庫)
  14. the SIX ザ・シックス2015年集英社2018年集英社文庫)

関連動画

(「2040年メリークリスマス」の本編動画がありますが貼らないでおきます)

関連商品

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2014/04/01(火) 21:47:35 ID: qF512tu1r7

    ラスト次元軸をねじ曲げて本編をパラレルな世界にする手法を好む、
    あるいは一周と二周で感想が変わる作家
    今、『ダレカガナカニイル』…を二周しようか悩み中
    なんというか、夢オチで終わらない夢オチというか
    受け取り方は読者に任せてほっぽっとくのは当たり前というか

    そんなことはともかく『もつれっぱなし』は時代を先取りしてたな

急上昇ワード

最終更新:2020/02/23(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/23(日) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP