今注目のニュース
某航空会社の機内食が酷すぎてTwitterで大炎上
“幸せな芸人つまらない説”提唱のロッチ中岡、南キャン山里は「離婚しても面白い」
先生教えて! ネコちゃんの耳掃除に綿棒は使ってもいいの?

京都フローラ単語

キョウトフローラ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
日本女子プロ野球リーグ
京都フローラ
基本情報
創設 2010年
本拠地 京都府京都市
優勝回数
リーグ優勝 1回
経歴
プロ野球球団テンプレート

京都フローラとは、日本女子プロ野球チームである。

日本女子プロ野球リーグ発足時には京都アストドリームスの名称で活動した。

概要

京都フローラは、京都アストドリームスを前身とする女子プロ野球チームである。

京都アストドリームス時代

2010年、京都アストドリームスとしてスタート。当初は古都を表現したチームカラーだった。

初年度は兵庫スイングスマイリーズとの2球団体制でリーグ戦を実施。当初の構想ではシーズン通年で優勝を争う予定であったが、前半でスマイリーズに6勝14敗と大きく負け越したことで、方針転換し急遽前後期を敷くことになる。それでも差は相変わらずで、後期も6勝11敗と負け越した。

朗報としては、東京ヤクルトスワローズ川端慎吾として注された川端友紀が期待に応え首位打者を獲得。また、後年、川端首位打者を二分する三浦伊織打率2位につけた。

2011年、戦均衡化の観点から、スマイリーズの二枚看の一人として活躍した小久保志乃投手を獲得。前期は9勝11敗、後期は8勝10敗2分と互の戦いを繰り広げたが、スマイリーズの連覇を許す。タイトルでは荒井が最優秀防御率塩谷千晶が最多セーブ川端が二年連続で首位打者を獲得し、また獲得した小久保チームの勝ち頭になる活躍をする等、翌年に期待を持てる形でシーズンを終えた。

2012年女子プロ野球リーグの3球団として大阪レイビーハニーズが加入。三浦がこの年からタイトルとなった最多安打を含め、首位打者最多盗塁3冠を達成。大倉三佳が最多打点河本が最多セーブくなどタイトル獲得者を多く輩出した勢いで、チーム創立以来初の前期優勝を果たした。

後期はハニーズが優勝し、11月5日に行なわれた優勝決定戦では、1点を争う締まった展開となる。最終回に3点を奪って均衡を破り、このまま優勝と思われたが、裏に4四死球が絡む劇的な再逆転でサヨナラ負けを喫した。

ウエスト・フローラ~京都フローラ時代

2013年女子プロ野球の東日本進出という方針により、4チームリーグを構成し東地区・西地区へ分かれることとなった。これに伴い、ドリームスウエストフローラへ引き継がれる。チームカラーから、「々と咲き誇る西日本の美しさをイメージ」た赤色へと転換した。
※かぎ括弧つきの斜線太字部分は、京都フローラ公式サイトより引用exit

この年はトーナメント戦であるティアカップ体となり、最終順位2位シーズンを終える。三浦が2年連続で最多安打最多盗塁タイトルを獲得。かつての同僚であるイースト・アストライア川端に遅れをとったものの、シーズン中に通算200安打達成。

また、8勝9敗と負け越しタイトルは獲得できなかったが、防御率1.62と奮闘した矢野みなみが最優秀新人賞を受賞した。ハニーズからエース小西美加が移籍してきたものの、リーグが設定したセカンドキャリア支援専門学校卒業できず出場制限のペナルティを喰らい、投打ともに精を欠いてプロ入り以来初めて冠でシーズンを終えた。

2014年ティアカップで前期2位、後期優勝。また、リーグ戦のヴィクトリアシリーズで西地区のサウス・ディオーネを前後期ともに圧倒して西地区優勝を果たす。女王決定戦では2連勝でイースト・アストライアを下し女王の座に付いた。継承元となった球団を含めれば、フローラの優勝によりリーグ所属チーム一通り優勝したことになる。

三浦打率.500と打ちまくり、2年ぶりに首位打者タイトルを獲得。もはや定番となった最多安打最多盗塁に最高出塁率も加え4冠を達成。通算250安打も達成し、通算安打数において同シーズン不調に終わった川端を抜いた(川端250安打に1本足りない249安打シーズン終了)。中村香澄と池山あゆ美が同数で本塁打賞、中村が最多打点と、要な打者タイトルフローラ打撃が占めた。

また、投手部門でも、前年最優秀新人賞の矢野が14勝で最多勝、防御率1.10(勝率0.875)と大活躍。小西美加が復調し最多セーブを記録した。

2015年からは地域密着をテーマとするため、京都府京都市へ本拠地を設定し、球団名を京都フローラと称。新原千恵がコーチから監督へ昇任した。前期は序盤5試合で1勝3敗1分と出足が悪かったが、その後怒涛の7連勝を挙げて勢いに乗り前期優勝を勝ち取った。後期も優勝し、年間1位2位チームの対戦となった女王決定戦で埼玉アストライアを下し2連覇達成。

催試合での使用球場は、スポンサーである株式会社わかさ生活が命名権を得ているわかさスタジアム京都メイン。このほか、伏見運動公園野球場、皇子山野球場も使用する。関連施設として、阪急京都線河原町駅から徒歩1分という立地に「京都フローラのお店」を構え、グッズ販売を行なっている。店には選手も交代で顔を出している。

チームマスコットフローラちゃん。ディオーネちゃんのという設定である。

記事のある選手・スタッフ

記事のあるOB

関連動画・チャンネル

関連項目

日本女子プロ野球リーグJWBL

兵庫ディオーネ | 京都フローラ | 埼玉アストライア
  育成チーム  
東北レイア

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/20(日) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/20(日) 22:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP