人工知能単語

ジンコウチノウ

2.4千文字の記事
掲示板をみる(989)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

人工知能Artificial Intelligence、AIとは、コンピュータ人間いは生物)と同様の知をもたせようとする計画、いはそのための基礎技術である。

概要

現在では記号処理を用いて知(のようなもの)を記述することを体とする情報処理や研究方法も人工知能に含まれている。

また、いわゆるマイコン電の制御や、ビデオゲームにおけるコンピュータの思考ルーチンも人工知能に含まれることがある。

まあ要するに「コンピュータに知っぽいものを持たせればなんでも人工知能」みたいな状態である。

歴史[1]

「人工知能」という言葉が誕生したのは、1956年といわれている。当時ダートマス大学にいたジョン・マッカーシーが開催したある研究発表会の提案書において「人工知能」という言葉が初めて使われた。その10年前には世界で初めての電子式コンピュータ「エニアック」が完成しており、研究者の間には、「コンピュータ人間の知を表現できるに違いない」という過大な評価があった。しかし当時のコンピュータはあまりにも不足で、盛り上がった人工知能研究1970年代に入って停滞する。

1980年代の「第2次人工知能ブーム」では、日本が「第五世代コンピューター計画」という国家プロジェクトを進めてブーム導した。当時作ろうとしたのは「ルール人工知能」、あるいはエキスパートシステムと呼ばれるものだが、結果は期待はずれに終わり、海外でも同様の試みがあったが、すべて失敗してしまった。

21世紀に入って、ニューラルネットワークベースにした「ディープラーニング」という手法が開発され、「第3次人工知能ブーム」が始まっている。

創作物における人工知能

SF作品などにいては人工知能はロボット宇宙超能力などと並ぶ形の一つである。
巨大な宇宙メインコンピュータに搭載されたり、ロボットや歩行戦車に搭載されて自行動したり、いは主人公サポートしたりと様々なところで活躍する。

作品次第では、たまに暴走して人類に牙をむいたり、いは敵の大ボスになったりするのもお手の物。
キャラボスキャラ)として登場した際はあらゆる面で効率化された思考や行動によって人間が追いつけない領域に達していたりする反面で、人間主人公が非合理的な人間性(自身を犠牲にする、等)を見せると『理解不能と言い出し混乱し始める(そして、それが元で突破口を開かれる)のも定番のパターンだろう。

またいは、人間らしい思考を持ったロボットアンドロイド)が人間の『感情』に覚めていく、というのもフィクションSFでよく見られる題材となっている。「人間と人工知能との間には成立するのか?」「ロボット人間の『笑い』を理解できるのか?」など、人間に近づきたいと願う人工知能たちが人間の感情を人間と共に理解していく、という作品も見られ、視聴者読者)に対して未知の可性を想像させてくれる。
もちろん、人間に限りなく近い事が「璧な人工知能」かというとそうでもなく・・・

 

アトム全ではないぜ。なぜなら、悪い心を持たないからな。

手塚治虫 「鉄腕アトム」より

人工知能(及び人工知能が搭載されたデバイス)が登場する作品

この他にもあれば随時追加をお願い致します。

関連動画



創作物に登場する人工知能達。



ラブプラス」は人工知能と対話することを楽しむゲームと見ることもできる。

関連商品

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *「人類をえるAI日本から生まれる」 松田卓也 済堂 2016 pp.36-41
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/26(水) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/26(水) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP