今川了俊単語

イマガワリョウシュン

掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

今川了俊 / 今川貞世1326~?)とは、南北朝時代から室町時代にかけて活躍した武将である。

概要

足利一門吉良氏の庶流である今川範国の次男。所頭人や引付頭人などの要職を歴任し、足利尊氏足利義詮に重用された。そして足利義満の代に彼があげた最大の功績が、九州を北方に奪還したことである。

九州1355年、初代探題の一色駆逐されてから南方の懐良親王の勢が盛んで、後任の斯波氏経、渋川義行もこれに敗れていた。そこで1370年に九州探題に任じられたのが今川了俊であった。彼は今川と子の今川義範を先行させ、仲松浦党と、義範は大友氏時と合流した。そして了俊自体は翌年安芸の守護となり、安芸の人層をまとめながら軍を進め、大内弘世や豊前の門と連絡を取って渡に万全の準備を固めたのである。

まず今川義範を豊後で挙兵させ菊池武光をおびき出し、そのすきに上陸。大宰府に進軍した。肥前の軍を率いた今川と合流すると1372年有智山を落させ、懐良親王と武を大宰府から追い落とし、12年ぶりに大宰府を奪還したのである。

そして以降は肥後を拠点にした南軍への対策を迫られた。しかし1375年に痛恨のミスをしてしまう。西三人衆に召集をかけ、島津氏久大友親世が来たのに対し少弐資が来なかったことから、疑惑を抱く。そこで氏久に頼み込んで何とか資を連れてきたところを宴席で仲と協して誅殺してしまったのである。これに面をつぶされたのは島津氏久である。彼は薩摩に帰ると以降探題に協することはなくなり、大友親世も距離を置くようになった。

その結果菊池軍討伐にさらに2年の歳をかけることになったものの、1377年に蜷打の戦いで勝利1381年には本拠地であるを落させた。さらに1391年の南北朝合一がなっても抵抗を続ける、島津氏久1395年にこうとしたところに、突然九州探題を解任されたのである。これは細川頼之の死去によって管領になった斯波義将閥が中枢に入ったことや、了俊の肥大化を抑える足利義満の狙いがあったこと、などが言われている。

こうしてに戻った今川了俊であったが、与えられたのは駿河と遠江半であった。了俊は駿河を宗の甥・今川泰範、遠江を今川と共同で統治することになったようだ。、そして1399年の応永の乱で大内義弘が挙兵すると、了俊は関与を疑われ討伐軍を差し向けられるのである。この件に関しては関東管領の上杉実と今川泰範のとりなしで赦免されたが、以後了俊は『難太平記』など著作活動に没頭し、正確な没年はわかっていない。

今川了俊の子孫はその後遠江の守護が斯波氏に移ったため守護職にはつかなかったものの、堀越氏など遠江今川氏として続いていくことになった。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2019/07/01(月) 23:51:14 ID: L5q9JkjGAe

    ちなみに家康の正室である築山殿はこの人が開いた遠江今川の出だったりする。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/08/01(日) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2021/08/01(日) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP