今注目のニュース
地上発射型小直径爆弾 サーブとボーイングが試射に成功
軽視する人は絶対後悔する「いびきの本質」
田中みな実写真集“目標20万部”に爆問太田「ばーか!」

今日から俺はロリのヒモ!単語

キョウカラオレハロリノヒモ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
今日から俺はロリのヒモ!
小説
作者
イラスト へんりいだ
出版社 KADOKAWA
レーベル MF文庫J
刊行期間 2016年8月-
巻数 既刊6巻
漫画
原作
作画 へんりいだ
出版社 秋田書店
掲載誌 ヤングチャンピオン
掲載期間 2018年5月-
巻数 既刊2巻

『今日から俺はロリのヒモ!』とは、によるライトノベルである。略称は『ロリヒモ』。

概要

2016年より、MF文庫Jから刊行されている。既刊6巻。イラストはへんりいだ。また、第2巻のカバーリバーシブル仕様になっており、裏面の表はあかざわREDによるものとなっている。2017年にはホビレコードよりドラマCDが発売。また2018年からは、イラストを担当するへんりいだ自身によるコミカライズも『ヤングチャンピオン』上で連載中である。

あらすじ

漫画家志望の高校生ハルがある日出った女子小学生は、投資で稼ぐお金持ちだった。ハルの大ファンだというそのスーパーお嬢様二条は、ハルのパトロンになり、更にはに住まわせると言い出す。こんなチャンスを逃してなるものかと、ハル高校をサクッと中退し、ロリのヒモとなったのだった。

登場人物

CVドラマCDのもの。

ハル(てんどう・はる):CV. 小林裕介
主人公漫画家志望の17歳。絵の腕は確かだが、ストーリー展開がめちゃくちゃであるためデビューできずにいる。の申し出で邸(でかい)に居候することになり、ついでに高校も辞めた。漫画制作に必要なものはえてくれるため、必要な資料と称してロリ同人誌を買い、ガチャを回し、ロリたちに着せるコスプレ衣装を買い込むろくでもないヒモと化した。ロリのヒモとして暮らすうちヒモとしての誇りと持を持つようになり、養ってもらうかわりにロリたちを楽しませる“ヒモ”に精進するようになった。“クズ”は最褒め言葉。あと、ロリフェッショナルではあるが断じてロリコンではなく、おっぱいへの情熱も相当なもの。
二条(にじょう・とうか):CV. 優木かな
ロリその1。清純黒髪ロリ。投資でどっさり稼ぐスーパー小学5年生。ピクシブハル漫画を読んで、その超展開っぷりやおっぱいへのこだわりに衝撃と感銘を受ける。以来すっかり漫画家ハルの大ファンになり、モチベも上がって資産運用成績もよくなったらしい。ハルを「先生」と呼んで尊敬している。ハルへの信頼も厚く、ハルの行うクズな言動もほぼ全てを肯定的に解釈する。その素直さから何でも信じてしまうような危なっかしさもあり、出席したパーティで聞きかじった「SM」やら「ノーパンしゃぶしゃぶ」やらの単ハルきタジタジにさせたりすることも。ハルの行うロリたちとのレクリエーションにも積極的に参加する。
丹沢千鶴(たんざわ・ちづる):CV. 佐倉綾音
ロリその2。ツンデレツインテロリ友達で、投資でしこたま稼ぐスーパー小学5年生。最初はハルの登場によりと遊ぶ時間が減ったため、ハルから引き離すべく邸に乗り込んできたものの、の説得とハル取り繕いりによってのそばに居ることを認めた。その際にはハルを「人間としてはともかく、漫画家として素晴らしいことは認める」と評している。ハルを「ハル」と呼び捨て、ひどいときは「バカハル」呼ばわりするが、なんだかんだでハルに懐いている。ハルの考案するろくでもないイベントも、はじめは反発や拒絶こそすれ、持ち前の負けず嫌いを紗奈に刺されて結局参加するはめになる。
小森紗奈(こもり・さな):CV. 千本木彩花
ロリその3。ぼくっ猫耳ロリ友達で、投資でめちゃんこ稼ぐスーパー小学5年生。千鶴による討ち入りにくっついてきた際に発生したコスプレ事案で装着したネコミミカチューシャを気に入り、以来すっかりネコキャラになった。また、(小五であるが)中二病も患っており、オタクで波長が合うハルを「にいさま」と呼んで慕っている。ハルの影ラノベも読むようになり、「ロリキャバクラ」の際に披露した『漆黒ネコ』の設定に感心したハルの「ふくらませて、なにか作ってみたら」というアドバイスを受け、自分でもラノベを書き始めた。コミカライズでは小森邸でのエピソードも登場。紗奈専属の三つ子メイドが付いている。
園原麻耶(そのはら・まや):CV. 山本希望
おっぱい担当クールビューティーな18歳秘書を務めていたが、ハル希望を受けたの命により、ハル専属のメイドにさせられた。を溺愛しており、が望むならとハルとの同居をしぶしぶ了承したが、ハルの存在をあまり快く思ってはいないし、それを隠しもしない。年相応にうぶなところもあり、おっぱい星人ハルから事あるごとに受けるセクハラに顔をらめることもしばしば(行き過ぎた場合は容赦なく折檻もする)。ただ、ロリたちには甘なので、ロリたちにせがまれると恥ずかしくても断れない模様。彼女の監視があるからこそ、ロリたちの保護者からハルの存在がぎりぎり見逃されているという側面もあるようだ。
中野夕莉(なかの・ゆり):CV. 久川綾
下のメディカワに務めるハルの担当編集者。年の頃は20代半ばのメガネが似合う美人さんだが口調や性格は少々荒っぽく、ハルに対しては特にあたりが強い。ハルからは「夕莉ちゃん」と呼ばれるが、その度に「ちゃん言うな」という旨応酬している。ハル漫画ストーリー面でダメ出しをしつつも絵の巧さに関しては認めていて、「性格に難がなきゃ、原作をべつにつける」とも。ロリのヒモというハルの立場を当初は「社会のゴミ」とまで評していたが、邸で行われたバーベキューにお呼ばれしロリたちと親を深めてからは、全否定ではなくなったようだ。ロリたちともお互いにちゃん付けで呼び合う仲になった。

関連商品

原作

コミカライズ

CD

関連リンク

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/20(日) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/20(日) 18:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP