仏教単語

ブッキョウ

  • 15
  • 0
掲示板をみる(269)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(15)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

仏教とは釈迦を開祖とする宗教である。

開祖

世界三大宗教の一つであり、インド釈迦族の王族を出自とする釈迦ことゴータマ・シッダルタ(シッダールタ)が開祖とされる。
この事から、としての開祖を釈迦如来(釈迦釈尊)と呼び、日本では“お釈迦さま”と呼ばれる事が多い。
また、覚めた人をす「仏陀」と呼ばれる事もあるが、これは宗によって釈迦のみをさない場合がある。

教義

仏教は宗教であるが、仏教を信仰するという言い方は適切とは言い難い。
正しくは「三宝に帰依する」と、表現するのが適当かと思われる。

教義そのものを言葉で説明する事は非常に難しい。
故にのような言外の教えが伝わっている。

敢えて、客観的な定義を行うとするなら、以下のような教義を持つと言える。
三宝(仏法僧)───
即ち、と、そのの教えである法、そして、法を正しく理解する僧を、生きる際の寄る辺とせよと教えている。

よって、教義の大基となる「」の定義によって、法や僧が大きく(または小さく)様変わりする事になる。
この為、どの宗に属しているのかという事は“信仰”という意味においては重要な意味を持つ。

但し、これも人によっては詮き事とも言えるので、万事において客観視の難しい宗教である。

死生観

輪廻転生を謳うのが一般的であるが、転生先の定義については宗によって異なる。
基本的には、積んだ業の内容によって、より下層の世界か、より上層の世界に転生する。
業の定義は様々であるが、積んだ業をチャラにするような教義はく、カトリックにおける懺悔のような秘はない。

本邦における仏教にも、輪廻転生の死生観が適用されているので、幽霊など出るがないのだが、成仏という言葉が、死者の転生を意味するような解釈をされているのが一般的で、僧が幽霊成仏させる話は古くから存在している。
現代では特に、密教者や修験者が霊や魍魎の類を退治、調伏するような話が多い。

宗派

新興宗教や分を含めると、総括することは難しいが、大別すると以下の2つに分けられるとするのが一般的である。

上座部仏教

釈迦入滅以前からの、較的厳しいを守り続ける保守的、または、伝統的仏教の修行法を採った宗
仏教におけるは出者(丘、丘尼)と、そうでない在信者とで守るべきが異なる。
このに関して、釈迦は、重要でないものに関しては、僧(出者の集団をす)による修正を認めていたが、
その入滅後、どのを重要とするかで議論が生じ、修正に慎重で、元のを遵守する方向性を持つのが、
上座部仏教である。
現在は、タイスリランカ等に残る。

大きな分として、較的大乗仏教寄りな部仏教がある。

大乗仏教

元来の遵守の上座部仏教に対し、仏教の広がりに応じ、の修正を認める事で順応性を高めた宗
そもそもは、部仏教から分化した宗であるとされるが、部仏教や上座部仏教との最大の違いは、
修行の中に「他者を救うという概念」を含めるかどうかである。
土地や時代に合わせたの修正を認めていく事で、仏教の伝播に貢献したが、多数の分を生む事にもなった。
現在はユーラシア大陸中央から東にかける広範な地域で信仰されている。

多数の分を持つが、大きなものとして、密教宗、宗、浄土宗、法宗などが挙げられる。

日本の仏教

日本には朝鮮半島を経て飛鳥時代に伝来したと伝えられるが、諸説ある。
少なくとも、安期などに中国から、直接輸入されたものもある事を考慮しなければならない。
また、日本古来のとの習合も著しく、の姿を借りて現出したとされる「権現」という発想も生まれた。
他にも、インド土着の神様 (帝釈天弁財天&c.) や儒教明治以降の毀釈の影も考慮しなくては、日本の仏教をる事はできない。

現在、(あくまで)法律上は十三宗五十六派と見なすの流である。

奈良仏教系(南都六宗系)
華厳宗 法相宗 

安仏教系(安二宗)
真言宗 天台宗

鎌倉仏教
鎌倉仏教浄土系) 浄土宗 融通念仏宗 時宗
             浄土真宗西本願寺 東本願寺  高田  木辺

鎌倉仏教系 総称して宗とも言う) 曹洞宗(分があるが相当数なので割愛) 臨済宗 檗宗

鎌倉仏教法系) 日蓮宗

関連動画

関連生放送

関連立体

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 267ななしのよっしん

    2021/03/27(土) 14:24:30 ID: bo8/74hunv

    >>266
    アーラーラカーラーマは一応、原始典の仏陀悟りを得た直後について書かれた経典である『マハー・パリニッバーナ・スッタ』に出てくる
    釈尊は悟った後になら自分の話を聞いてくれるかを考えて、っ先にアーラーラカーラーマなら分かってくれるだろうと思ったけれど、その時にが現れて、彼は七日前に既に死んでいると告げる
    次に名前を挙げたのがウッダカ・ラーマプッタで、彼も昨日死んでしまったとに教えられている
    おそらく、このエピソードが二人が仏陀師匠という話の元で、彼らは優れた知恵をもっていると仏陀は知っていて、そのように知っているということは彼らと仏陀は悟る前に会っていて、どのような関わりかと類推して、一度師事を受けていたのではないか、という話になっているのだと思う
    この経典は『仏陀最後の』という名前で岩波文庫から翻訳が出ていて、較的廉価で入手できるし、この本なら較的何処の図書館に置いてあるだろうし、滅冒頭でこの話があるから、読んでみると良いかもしれない
    まぁ、他の成立の遅い経典に二人に仏陀が師事
    (省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

  • 268ななしのよっしん

    2021/03/28(日) 01:08:53 ID: bo8/74hunv

    >>266
    やっべぇ書いてあんの全然違う経典だった
    >>267の話は原始中部経典に収録されている経典で、これは廉価で入手したり、図書館に置いてあったりはあんまりしないから、全文の翻訳は確かめようがないかもしれない
    それと、色々確かめ直したのだけれど、カーラーマとウッダカに悟る前の釈尊が話を聞きに行ったというエピソードが原始典の中部経典に存在しているらしくて、それは『世界古典文学全集6 典Ⅰ』に部分訳が収録されていて、この本のp.12-14にカーラーマのエピソードが、p.14にウッダカのエピソードが書かれてる
    ちなみに、>>267の話は同じ本のp.26に翻訳されている
    ただ、これは翻訳者が話が通るように都合の良い文章を拾い上げて繋げているだけだから、文字通り受け取って良い内容でもない
    とはいえ、図書館で読んだり買ったりするとなると、この『世界古典文学全集6 典Ⅰ』以外だとあんまり現実的じゃないから、確かめるならこの本だと思う
    一応、こういう継ぎ接ぎではない原始典の翻訳もあ
    (省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

  • 269ななしのよっしん

    2021/03/28(日) 03:53:01 ID: apEteginf9

    >>268
    その本を持ってないので対応箇所かどうか分からないけど、中部の第26経(経;Ariyapariyesana-sutta)を見てみた

    カーラーマが自分と同じ地に至った「同じ行者」(sabrahmacārin)である釈迦を認め、共に教団導しようと言ったのに対し、釈迦は「私の師(ācariya)であるカーラーマは内子(antevāsin)である私を等しい位に置き…」(PTS版, I, p. 165, ll. 7-8)と形容している

    ところが面いことに、ラーマプッタは「同じ行者」としか言われていないのよね(p. 166, l. 27)
    ラーマプッタは釈迦に「ラーマが知っていた(aññāsi)ところのダルマをあなたは知っている(jānāsi)」と言っていて(p. 166, l. 23)、aññāsiはアオリスト過去を表すから、この文はラーマプッタ(=ラーマの息子)ではなくてたぶんその父親ラーマを引き合いに出しているものと読める(文中のrāmaはrāmaputtaの省略形でない)

    (省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/15(火) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/15(火) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP