仮想通貨単語

カソウツウカ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(127)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

仮想通貨とは、データ通信によって決済を行う通貨である。いくつか種類があり、以下の3つに分けることができる。

  1. オンラインゲーム等の「ゲームマネー」
  2. オンラインショップで使う事のできる「電子マネー
  3. ビットコインに代表される「暗号資産

概要

これらはいずれも実体を持たない通貨であり、これらの通貨を発行するサービス機械全滅してしまうと価値がなくなるどころか通貨そのものが消えてしまうことになる。例えばオンラインゲームでは、需要がなくなり人が減れば閉鎖することもあるが、そうなってしまえば取り出すことも保管することも出来ない(ただし、「暗号通貨」は全世界コンピューターで分散して走っているため、「全滅する」という事態は非常に起こりにくいが)。

しかし電子的なデータ通信による通貨にはそれを上回るほどのメリットが有る。それは取引の即時性、内外問わず手数料が不要、発行の容易さ、サービスの提携強化など様々である。

暗号資産

上記の1~3はどれも「仮想」の通貨と呼べるが、2018年8月現在では注釈しに「仮想通貨」といえば3の「暗号資産」をす。

※当初は「仮想通貨」と呼ばれていたが、名称についてはG20などの会議でも一般化している「暗号資産」(Crypto-asset)に変更される。日本では2019年5月に成立した正資決済法によって名称変更が決まっており、法律2020年4月に施行される。[1]

暗号資産の種類は日々増え続けている。暗号資産Bitcoin、Ethereum (ether)、Ripple (XRP)[2]Litecoin、Dogecoin、MonacoinBitZenyなどがある。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *「仮想通貨」→「暗号資産」に名称変更 改正資金決済法が成立exit 2019.5.31
  2. *正確には「Ethereum」はプラットフォーム名であり通貨名は「ether」、「Ripple」は社名/システム名であり通貨名は「XRP」である
この記事を編集する

掲示板

  • 125ななしのよっしん

    2020/11/24(火) 18:02:52 ID: D5fqQlyWnf

    2018年以前から存在していて、2018年頃の最高値に届きつつある通貨ビットコイン以外にあるかな?

  • 126ななしのよっしん

    2020/11/24(火) 22:54:18 ID: 3jsIPzEPU9

    消費にぴったり発電量を合わせないと停電するから消費に関係かつしく発電量が変化する発電装置は駄かつ邪魔
    ダム以外の自然エネルギー事業自体がそういう電会社にムダを押し付ける構造にならざるを得ない
    まあ仮想通貨自体には関係の話だが

  • 127ななしのよっしん

    2021/01/05(火) 10:47:52 ID: b9BMP8M4Xs

    仮想通貨はある程度わかってくると、ある程度リテラシーがある人も全然意味不明なこと言ってるケースが多くて笑ってしまう

    まぁしょうがないんだけどね ワイも最初わけわからんかった

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/21(木) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/21(木) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP