伊坂幸太郎単語

イサカコウタロウ

掲示板をみる(110)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

伊坂幸太郎(いさか こうたろう)とは、日本小説家

概要

1971年千葉県松戸市生まれ。東北大学法学部卒。1996年『悪党たちがにしみる』(後の『陽気なギャングが地球を回す』の原)でサントリーミステリー大賞佳作となるが、このときは出版してもらえずデビューできなかった[1]

2000年に『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。第4作の『重力ピエロ』でブレイクし、人気作家に。以降、2004年アヒルコインロッカー』で吉川英治文学新人賞、同年『死神の精度』で日本推理作家協会賞2008年ゴールデンスランバー』で山本周五郎賞本屋大賞を受賞。本屋大賞では、第1回から第6回まで毎回トップ10にノミネートされるなど、ぶっちぎりで最多のノミネート回数を誇る。2020年『逆ソクラテス』で柴田錬三郎賞を受賞。

直木賞ではこれまで5回に渡って落とされ続けており(『重力ピエロ』『チルドレン』『死神の精度』『グラスホッパー』『砂漠』)、6度の正直なるかと思われた『ゴールデンスランバー』は多忙を避けて補入りを辞退した。それ以降は補入りしていない。

若者女性からの人気が非常に高いベストセラ作家。作は洋画のような登場人物達の軽妙なり口が特徴で、周到にり巡らされた伏線を終盤で一気に回収していく構成の作品が多い。本人によると、あまり先を考えずに戻りながら書いているとのこと。

フィッシュストーリー』までと『オー!ファーザー』が第一期、『ゴールデンスランバー』から『クーパー』までが第二期と区別される[2]。第二期では実験的な作品をいろいろ出していたが、不評だったためかその後は元の方向性に戻り気味。

東北大学出身で仙台在住ということもあって、作品の多くが仙台舞台としている。また、作品にシリーズものはほとんどいが、ある作品のキャラが他の作品にちらっと登場するような微妙な作品間のリンクが多く、それを見つけるのもファンの楽しみのひとつ。

作品の多くが映画化されており、特に『アヒルコインロッカー』の映画版は評価が高い。『マリアビートル』は現在ハリウッドにて、ブラッド・ピット演、『Bullet Train』のタイトル映画化が進行中。

からブレイクした頃には村上春樹チルドレンという扱いをされることが多かったが、本人は島田荘司連城三紀彦の熱ファンで、特に村上春樹から強く影を受けたわけではないそうである。

作品リスト

マークは記事のある作品。

小説

  1. オーデュボンの祈り 2000年新潮社2003年新潮文庫
  2. ラッシュライフ2002年新潮社2005年新潮文庫
  3. 陽気なギャングが地球を回す2003年祥伝社ノン・ノベル2006年祥伝社文庫
  4. 重力ピエロ2003年新潮社2006年新潮文庫
  5. アヒルコインロッカ2003年東京創元社2006年、創元推理文庫
  6. チルドレン2004年講談社2007年講談社文庫
  7. グラスホッパー2004年角川書店2007年角川文庫
  8. 死神の精度2005年文藝春秋2008年、文文庫
  9. 魔王2005年講談社2008年講談社文庫
  10. 砂漠2005年実業之日本社2008年ジェイノベル2010年新潮文庫2017年実業之日本社文庫
  11. 終末のフール2006年集英社2009年集英社文庫
  12. 陽気なギャングの日常と襲撃2006年祥伝社ノン・ノベル2009年祥伝社文庫
  13. フィッシュストーリー2007年新潮社2009年新潮文庫
  14. ゴールデンスランバー2007年新潮社2010年新潮文庫
  15. モダンタイム2008年講談社2011年講談社文庫[上下巻])
  16. あるキング2009年徳間書店2012年、徳間文庫2015年新潮文庫[完全版])
  17. SOS2009年中央公論新社2012年、中公文庫)
  18. オー!ファーザー2010年新潮社2013年新潮文庫
  19. バイバイブラックバード2010年双葉社2013年双葉文庫
  20. マリアビートル2010年角川書店2013年角川文庫
  21. PK2012年講談社2014年講談社文庫
  22. クーパ2012年東京創元社2015年、創元推理文庫
  23. 残り全部バケーション2012年集英社2015年集英社文庫
  24. ガソリン生活 2013年朝日新聞出版2016年朝日文庫
  25. 死神の浮2013年文藝春秋2016年、文文庫
  26. 首折り男のための協奏曲2014年新潮社2016年新潮文庫
  27. アイネクライネハトジーク2014年幻冬舎2017年幻冬舎文庫
  28. キャプテンサンダーボルト2014年文藝春秋2017年、文文庫[上下巻]→2020年新潮文庫nex) ※阿部和重との合作
  29. 火星に住むつもりかい?2015年光文社2018年光文社文庫
  30. ジャイロスコープ2015年新潮文庫
  31. 陽気なギャングは三つ数えろ2015年祥伝社ノン・ノベル2018年祥伝社文庫
  32. サブマリン2016年講談社2019年講談社文庫
  33. AX2017年KADOKAWA2020年角川文庫
  34. ホワイトラビット2017年新潮社2020年新潮文庫
  35. クリスマス探偵2017年河出書房新社) ※絵本
  36. フーガはユーガ2018年実業之日本社
  37. シーソーモンスター2019年中央公論新社
  38. クジラタマ王様2019年NHK出版)
  39. ソクラテス2020年集英社

エッセイ

  1. 3652 伊坂幸太郎エッセイ集2010年新潮社2015年新潮文庫
  2. 仙台ぐらし2012年、荒夷→2015年集英社文庫

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *サントリーミステリー大賞の「佳作」は実質的に「最終選考落選」の意味で、同様にサンミスからデビューできなかった作家横山秀夫がいる。ちなみにそのときの大賞受賞者は僅か3作で消え、読者賞受賞者ももう10年以上新刊が出ていない。伊坂は翌年『アヒルコインロッカー』というタイトルの原稿を再びサントリーミステリー大賞に投稿しているが、これは最終選考にも残れなかった。後に刊行された同題の作品の原らしい。
  2. *筆順での区別なので、刊行の遅れた『オー!ファーザー』だけ第二期の途中で刊行されることになった。なお、『残り全部バケーション』以降が第三期なのかどうかは不明。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/28(水) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/28(水) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP