今注目のニュース
りんごちゃんの人生に対する考え方 「めっちゃ響いた」と共感相次ぐ
よく見るとゾッとする、とんでもない物件がネットから削除され波紋を呼ぶ
塩谷歩波『銭湯図解』が「日本おふろ大賞」に! 「日本サウナ大賞」にはドラマ「サ道」など

伊東大貴単語

イトウダイキ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

伊東大貴とは、日本スキージャンプ選手である。所属は雪印メグミルクスキー部。

概要

1985年12月27日生まれ。北海道下川町出身。

小学生の頃から、親には内緒でスキージャンプを始めた(それ以前からアルペンスキーをやっていた)。

中学生になるとめきめきと頭を現し、14歳14日で大倉山ジャンプ競技場での公式戦に成人男子に交じって参戦をした。

下川商業高校に進学、その後社会人ジャンパーとして、当初は雪印乳業に内定していたが、同郷の幼なじみ千田侑也氏(現:土屋ホーム執行役員)が土屋ホームへの就職を決めたのに合わせ、土屋ホームへの就職に転じた。

2004/2005年シーズンより、FISワールドカップへ本格参戦。10代ながらビショフスホーヘン(オーストリア)で、当時のヒルレコード更新して3位表台を獲得、さらにフライングヒルのプラニツァ(スロベニア)で222.5mを記録し、日本人最長距離更新した。

2008年に、土屋ホームスキー部の縮小を行うのに伴い、移籍先を探すも決まらず、同シーズン中は12月まで暫定所属、1~3月まではサッポロキッド所属という立場で戦わざるを得なかった。
2009年4月には、当初の就職先であった雪印乳業(現:雪印メグミルク)への移籍を決めた。

2011/2012年シーズンでは、地元札幌大倉山での内大会で、146mを飛んでバッケンレコード更新、同地でのワールドカップ大会で初優勝、さらに翌日の大会で2連勝する快挙を成し遂げた。さらに海外でも2勝を挙げ、ランキング4位に躍り出た。

その後も表台に上がることもしばしばあったが、成績はその時代を維持することは出来なかった。

FIS世界選手権では団体競技でのメダル獲得はあった物の、五輪では獲得経験がなかった。
2014年ソチ五輪では、個人ラーヒルメダルを獲得した同郷の先輩葛西紀明のほか、竹内択、清水礼留飛ともに団体に参戦、同シーズンでは左膝を傷めるなど万全の状態ではなかったものの、2本とも130mをえるジャンプを記録して、銅メダル獲得を果たした。
同競技でのメダル獲得は、長野五輪金メダル)以来16年ぶりだった。

FIS世界選手権に新たに組み込まれた男女混合でのジャンプ団体競技においては、2013年金メダル2017年銅メダルを獲得している。

2016/2017年シーズンでは不調に陥り、一時帰して内で調整を図るなど苦労することとなったが、シーズン後半になると復調し、ビケルスンのフライングヒルでは、243mの日本人最長距離記録を更新している(ただし結果は12位)。

関連動画

伊東大貴に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

伊東大貴に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

伊東大貴に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/11/20(水) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/20(水) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP