今注目のニュース
10代のトランスジェンダー、“女性になった”当日に3人の男から性的暴行…犯人へ怒りの声相次ぐ
「思った以上に衝撃的」 海外のマクドナルドの看板がどう見ても偽物
毎朝“推し”からモーニングコール……! びっくりして飛び起きるアラームに「真似するしかない」の声上がる

似鳥鶏単語

ニタドリケイ

掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

似鳥鶏(にたどり けい)とは、日本ミステリー作家

概要

1981年生まれ、千葉県出身。2007年、『理由あってに出る』で第16回鮎川哲也賞佳作を受賞しデビュー

『理由あってに出る』はその後シリーズ化し(公式シリーズ名が確定しておらず、「にわか高校生探偵団の事件簿シリーズ」とか「高校シリーズ」とかコロコロ呼び名が変わる。ファンの間では「葉山くんシリーズ」と呼ばれることが多い)、日常の謎系の青春ミステリ作家として人気を博す。

2014年には初の警察小説である『戦外捜官』が日本テレビ系ドラマ化。2018年、『彼女の色に届くまで』で第18回本格ミステリ大賞補。

に文庫書き下ろしでライトミステリーを書いている。ジャンルとしては日常の謎が中心ではあるが、他の日常の謎ミステリーべると事件の背景ヘビであることが多い。学校の幽霊騒ぎや、動物園からの動物消失のような一見して事件性の薄そうなの背後に、殺人事件や組織的な犯罪行為などが隠されているというパターンが多く、ライトコミカル読み口なのに話自体は妙に重たいというギャップがひとつの個性になっている。

また、本文に註釈[1]が入るのも大きな特徴。註釈は巻末ではなく本文中に割り込んできて、特に本筋には関係い単に対して作者によるとぼけた解説が差し挟まれる。独特のテンションなあとがきにも註釈が入ることも。

作品リスト

関連商品

葉山くんシリーズ

動物園シリーズ

戦力外捜査官

その他

関連項目

脚注

  1. *要するにこういうものである。古典ならともかく、現代小説で本文に註釈が入るのは稀。

掲示板

  • 3ななしのよっしん

    2017/11/19(日) 20:19:11 ID: rXp/bM8rYS

    最近の作とかTwitterの言動でちょっと嫌になった

  • 4ななしのよっしん

    2018/03/16(金) 20:45:07 ID: rXp/bM8rYS

    Twitterの発言内容的に、そのうち炎上するタイプだろうなと思っていたら、既にしてたわ

  • 5ななしのよっしん

    2018/04/27(金) 21:04:50 ID: 3tlR3RtIwN

    作中で個性的なキャラクターを数多く出しているけど
    ヤンデレメンヘラ係のキャラの扱いを見る限り
    そういうのは好きではないんだろうな

急上昇ワード

最終更新:2019/07/20(土) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/20(土) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP