佐藤哲三単語

サトウテツゾウ

2.6千文字の記事
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

佐藤哲三とは、JRA(日本中央競馬会)に所属していた元騎手である。
現在競馬評論家として、テレビラジオコラム等を通じて活動している。

概要

1970年生まれ、大阪泉佐野市で育ったが、騎手になる前はの近くに競艇場があった事からボートレーサーになる思いもあったようだが、カツラギエースが勝ったジャパンカップの中継を見て騎手興味が湧き、競馬学校入学し3年間過ごし晴れて合格騎手デビューを果たす。
同期には田中角田晃一らがいる。

東の吉岡八郎厩舎に所属し、初騎乗は1989年3月4日中京競馬場の4Rトーアチョモランマで9着で、初勝利4月30日キョウワトワダで所属していた吉岡八郎厩舎のであった。

初年度は8勝にとどまったが、こつこつ勝利数を増やし4年に所属厩舎のレッドイットビーに騎乗し、朝日チャレンジカップで初重賞勝利をした。この年は38勝で終えた。
しかし5年に落事故があり12勝にとどまり、6年もなかなか調子が上がらず23勝にとどまった事から師匠吉岡八郎から、「一度ウチから離れて活動するものいいのではないか?」と言われフリーになる。

フリーになった1995年の6年は67勝と飛躍し、7年はマイネルマックスで、朝日杯3歳ステークスを勝ちこれが佐藤哲三にとっての初G1勝利であった。
実はこの勝利の日の翌日結婚披露宴が控えていたため、G1ジョッキーとしての仲間入りをしたことは大きな勲章となった。

またフリーの後は佐々木晶三厩舎のに騎乗する機会が増えた、このことから後にタップダンスシチーアーネストリーとのコンビを組むことになる。

2000年デビューしたタップダンスシチーは当初は違う騎手とのコンビだったが、2002年朝日チャレンジカップから佐藤哲三が戦となり、2003年ジャパンカップ2004年宝塚記念勝利2003年2005年金鯱賞の3連覇をするなどの活躍をした。
後のインタビューで自身の「騎乗スタイルの原が出来たきっかけの」とっている。

その後2009年2012年にかけてはエスポワールシチーダートレースで活躍しG1(jpn1)を7勝あげた。佐藤哲三自身は「このでの活躍によってダートに強いと思われたかもしれないけど、自身はダートよりも芝の方が好きだった」と後にっている。

また2012年アーネストリー宝塚記念勝利しているが、エスポワールシチーの騎乗の経験を活かすことが出来たとっている。

しかし大レースで活躍していたのだが、2012年11月24日京都競馬場でのレースで落をし内埒(ラチ)に突し左手、左腕、左肩など全身7か所の折、右肘の脱臼、大腿部の裂傷などと重傷であった。特に左肩は深刻でが突き出るほどで、一時は毛細血管2本のみで繋がり、神経などもダメージを負うほどであった。

この当時は埒の柵の部分を支える支柱が製で、落が起きると危険だから善が出来ないか?と騎手クラブを通じて競馬関係者で議論がなされている最中であった。

これによりエスポワールシチー戦としていたは乗り替わりとなった。
また特に日本ダービーを狙える器と期待され新黄菊賞と連勝したキズナ武豊に載り替わりとなった。

佐藤哲三は入院したものの、退院自体は予定よりもくできた。
が、腕自体の状態は良くなく2年の間に合計6度もの手術を試みたものの、回復が良くなかったことや、その間にダービーになったキズナを放牧先で見た時のしぐさに「かわいい」と思ってしまった事などをから引退を決意し、2014年9月16日引退会見を開き10月12日引退した。

かわいい」という部分については、自身は騎手競走馬パートナーとして対等の立場、そういう感情が抱くと自分自身としてはレースに向かいにくいから、抱かないように心掛けていたが抱くようになったとの趣旨を会見でっている。

騎手としてのJRAでの成績は938勝、G1の5勝含む重賞は45勝だった。

引退後

引退後は直接内部に関わることからは離れ、外の部分から関わろうと思うと趣旨の発言を会見でっており、実際に調教師などには転身しなかった。
実は調教師については、ノースヒルズ前田オーナーから「自分のを預けるぞ、調教師にはならないのか?」と言われたそうだが、この段階においても佐藤哲三の腕はまだ回復しておらず、様々な面で関係者に迷惑をかけることになるからと断った。

ただし治療していたときに前田オーナーには献身的に応援を受けていた事もあり、大山ヒルズ等ノースヒルズの関連牧場で、騎乗技術に関するアドバイザーに関しては引き受けアドバイスをしている。

その傍ら競馬評論家として、テレビラジオコラム等で活躍している。
哲三の眼(netkeiba.com)exit

その他、育った地のそばに住之江競艇場があった事から競艇趣味言しており、舟券を購入し楽しんでいることもっている。

引退のきっかけになった事故の元になる埒(ラチ)の支柱は、事故発生当時は製だったがその後、議論を重ね研究、強度や耐久テストの後に現在FRP製に置き換えが進んでいる。

なお重度のダメージを負った左手や左肩等はリハビリである程度は動くようになったものの、2020年現在でも治には至っていないようで、時々TVなどで木を用いて騎乗フォームの解説をしていても、左手は手綱を持たないことが多い。

エピソード

概要にも書いたが初勝利デビューから約後2か後のキョウワトワダだったのだが、後のインタビューで肩が痛かったと話している。
その理由が、卒業試験の直前に落して肩を脱臼する負傷をしていたのだが、正直に話したら試験が受けられないと思い隠していたという。
そして試験は合格しデビューしたが回復しきれないまま日々が続き、キョウワトワダでようやく初勝利をしたのだが、気性がしくレース中に再び肩が外れて痛かったとの事。

このことは2020年10月8日の【競馬学校騎手課程第37期生】の模擬レースで、特別解説を佐藤哲三がしていた時にっていた。

その他

佐藤哲三はTwitterアカウントを所持しており日々の活動の他、の様子を開したりしている。
佐藤 哲三(Twitter)exit

関連動画



関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2021/08/30(月) 01:12:45 ID: qYnng/DVaC

    チー冠名といえばこの人のイメージがある

  • 2ななしのよっしん

    2022/05/09(月) 23:39:39 ID: 992TcYu9Sn

    もっと厳つい勝負師だと思ってた。見た可愛いおじさんだった。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/07/06(水) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2022/07/06(水) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP